ある日、アルゼンチンからコイン製作の問い合わせあり

ある日、英語でコイン製作の問い合わせあり

先月のはなしになりますが朝、仕事場に一本の電話がありました。

社長がひとりのときに電話にでたのですが、英語らしくなにいってるかチンプンカンプン。

必死になにをいってるか聞こうとしたら、どうやら「コイン、コイン…xyz…」といってるようで。

社長、英語できるひといないかなーと周りをうろちょろ。

二階にサプリのカツサプというサプリの会社があるのですが、そこの英語ぺらぺらの女性に子機をもっていきました。

彼女、日本語、中国語、英語をはなすトリリンガルな才女です!英語でお客さんと
話して、やっぱりコイン製作で急ぎのようです。

わたしも英語はそれなりいけますので、彼女から引き継ぎ、その外国人のお客さんに電話してはなししました。なんかラテン系?ぽい訛りあるなとおもいながら話して。

1000枚以上のコインを1.5週間でつくってほしいとのこと。
えー、そんな短い時間だと、、真鍮で、メッキはつかないですよ、とつたえました。

OKだそうです。
「ミツオ、パーフェクト!」といわれました。あざーっす。。

送られてきたデザインでカラー図つくってOKもらって見積もりもすぐOKもらって時間ないのですぐ製作開始しました。

納期の日に工場にくるというので、そこになんとか、ふー、間に合わせて納品できました。

アルゼンチンからお客さんコインとりにきました

アルゼンチンからお客さんコインとりにきました!

アルゼンチンから急ぎでコインつくれるところをネットで調べて
→ うちの英語版のページをみつけて
→ アルゼンチン夜に電話かけたら、日本 朝 英語ちんぷんかんぷんの社長がでて
→ トリリンガル才女につなげ (ここ感謝)
→ 仕事になったと 笑

 

真鍮・メッキなしのコインもきれい

格安コイン(真鍮コインメッキなし)

真鍮コインは、文字通り材質に「真鍮」をつかいますが磨き・メッキをしなければ単価もおさえられます。(500−1000個以上と数がまとまっているほうがよいです。)また加工の工程が少ないため短納期に対応することができます

コイン製作に関するページはこちら

 

またきょうも夕方、社長がだれもいないときに外国人から電話きてうろちょろしてるうちに切られてしまいました。とほほ。。

よし、明日からサカモト版「英語で電話対応表」つくるぞ (・Д・)

#電話対応 #外国人 #コイン #みんな英語はなせる工房へ

 


製造業 ブログランキングへ

 

前回の記事

「オリンピックの金メダルの素材は…」

「メダルとコインの違いはどこなのか?」

[お知らせ] 金銀銅ビットコイン追加 (数量限定)

こんにちは、サカモト彫刻です。

新作の金銀銅ビットコインを5セット追加しました。

「金銀銅ビットコイン」http://tagane.theshop.jp/items/10811509

初期のビットコインのデザインの特徴である「8面のカット面」(8方向から中央に向かって上がるカット面)を美しく表現したコイン記念品。国内の一流の職人たちで仕上げる一品です。

真鍮材、24金・ロジウム・銅メッキ仕上げ。直径30ミリ、黒箱入り。

 

なくなり次第、追加で製作していきますので宜しくお願いいたします。

イーサリアムコインのほうもサンプルができました。こちらもビットコインと同様にカット面を職人で丁寧にみがきをかけて素晴らしい仕上がりになっております。商品化を検討してますのであらためてご報告します。

 

また純金ビットコインのほうは小ロットですが追加で製作中ですので完成したらあらためてご報告いたします。

 

オリジナルコイン一覧 ・記念メダル一覧 金貨 銀貨 通貨発行所

美の追求は「黄金比」をさがす旅?

美の追求は「黄金比」をさがす旅?

1: 1.618

この数字をみてビビッときましたか?いや、きてなさそうですね。(数字マニアかジョジョオタくらい)

ジョジョにおける『回転』という概念

そう、1: 1.618は「黄金比」。「黄金長方形」(Golden Rectangle) の縦横比でもあります。

日本の名刺は「黄金長方形」になっているそうで、もっともバランスがとれて美しいとおもう四角は黄金比なのです。

黄金長方形のなかに最大の正方形をつくると残りの部分がまた黄金長方形になります。

その長方形に同じように正方形をつくると永遠に黄金長方形がつくられていきます。

またこれらの正方形の対角をカーブ線でつないでいくとオウムガイや巻貝の貝殻にみられる螺旋模様(対数螺旋)になります。

またフィボナッチ数列を正方形の一辺として重ねていくとほぼ黄金長方形になるそうです。

自然のなかにある美しさ、たとえば渦巻き模様、昆虫の触覚のカーブ、波の形、雲の形、人の顔など、「美しい」と人がおもうものには、数学的な美しさで表現されているものが多いです。

ミロのヴィーナスは足元からへそまでと、足元から頭頂部までの対比が 1: 1.618。

モナ・リザの顔の縦横比も黄金比。モナ・リザの作品のなかには多くの黄金比が見つかるそうです。レオナルド・ダ・ヴィンチは人体の比率なども研究してましたから、意識的に黄金比をつかってた可能性が高いのでは。

おもしろいのは古来日本では「白銀比」がつかわれたそうです。比率は 1: 1.4 (正確には 1: ルート2 なので 1: 1.414…)。

日本の美術や建造物で用いられることが多く、大和比とも呼ばれる。長方形の長辺を中点で2分割してできた長方形が、元の長方形と相似であるようにした場合、その辺の比が白銀比である。

私たちも表彰メダルや社章バッジ・タイピンなど、製造前のデザイン部分からスタートする仕事もありますので、美しいデザインについて研究しないといけません。

桜を見ながら黄金長方形を探してます!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)

製造業 ブログランキングへ

1−3月は表彰記念品がいそがしい時期

1−3月は表彰記念品がいそがしい時期

こんにちは!

すいません、ブログの更新が空いてしまいました。

2月はあまり更新してないのにウェブサイトのアクセスが増え続けていました。

なんでだろう?とすこしだけキーワードを解析したら

平昌オリンピック開催中だったのでオリンピック関係のキーワードでこちらに流れていたみたい。

前回記事→ オリンピックの金メダルは金100%ではない?

2018年平昌オリンピック(wiki)

 

金メダルの材質メダルの重さメダルのデザインなどオリンピックシーズンは興味があるワードのようです。

平昌オリンピックがおわったら2020年の東京オリンピックに目が向いてきます。あと863日ですから!

このあいだサカモト彫刻の工房にきいていただいたお客さまに

サカモト彫刻さんのホームページってなんで東京オリンピックのカウントダウンしてるんですか?

と聞かれました。

シンプルに東京オリンピックもりあげたいなと思いまして。ええ。

 

東京オリンピック2020🇯🇵開会式まで

 

例年、1−3月は表彰記念品関係の製作で各製作所が混み合います。

サカモト彫刻は金型製作でこの時期いちばん混み合います。また表彰メダルやバッジやタイピンなどの企業表彰の記念品製作でもいそがしくなります。

新型のものは、金型から始まりますがそのあとプレス屋さんがこみあって、そのあとメッキ屋さんが混み合います。

3月後半もしくは4月にはいったら「お花見」飲み会でもしたいなと思ってますが計画たてられるかな。。?

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

 

新年のご挨拶。平成が終わり東京五輪へ。日本の未来は?

新年のご挨拶が遅くなり…

2018年が始まりました。

新年のご挨拶をしようと文章を考えてたらいつの間にか1月中旬になってました。

昨年はふりかえればいつも忙しかったんですが、新しいことにも挑戦しいろいろと勉強になる年でした。

金型製造以外にもメダル・コイン・社章・タイピン・表彰記念品など製品の製造も拡大をつづけました。東京マイスターに認定された金型・彫刻技術を生かし、製造・磨き・仕上げともに信頼できる職人・製作所とともに仕事ができました。

 

Twitter InstagramなどのSNSでも製作風景や製作しているものなどを共有しています。

メダルやコインをつくる職人の世界はあまり世間では知られていないこともありそうでそういった知りたい部分も紹介できればと考えています。この業界も作り手側からの情報発信は大事とおもいます。

またサカモト彫刻オリジナルの製品開発も継続して進めています。

週間ダイヤモンドに掲載された龍のタイピンとカフスはサカモト彫刻のネットストアから購入可能です。

2017年のゴールドフェスタという金の展示会に参加するにあたり、「ビットコインを純金でつくる」というアイデアで始まった「純金ビットコイン」も改良を重ねてもうすぐバージョン2.0をリリースする予定です。

こちらはあらためてブログで進捗をご報告いたします。

 

 

新しいものずきなサカモト彫刻では2016年9月にはこのようにビットコインの記事を書いていました。

→ ビットコインを2分で理解しよう

ちなみに当時はビットコイン(BTC)の価格は約7万円。昨年、2017年12月には一時的に210万円をこえていましたから、約30倍に上がったんですね!(現在はざっくり約170万円)

さて私は買っていたのでしょうか?

2013年くらいに試しに買ってみようかなーとおもって買ったんだかうる覚えですが、もしあのとき買ってたらとおもって古いPCをときどき調べてます。

2017年は仮想通貨元年とよばれたそうです。なるほど、ということは今年は仮想通貨2年なんですね。

平成2年みたいな。年表をつくっておこう。。!

2017年は仮想通貨元年、2018年は平昌オリンピック、2019年は平成がおわり、2020年は東京オリンピック、2021年はドローンタクシーが空を飛ぶ年?

未来のことは誰にもわからず3ヶ月先のことですら予測するのは難しいですが、、仮想通貨以外にもドローンやAIの発展などインターネット以降のあたらしい技術革新がどんどん起きそうです。日本の未来は明るい!

 

2017年 仮想通貨元年

2018年 平昌オリンピック(仮想通貨2年)

2019年 平成終わり(新しい年号は?)

2020年 東京オリンピック

2021年 東京バブル?

2022年 東京バブル崩壊?

2023年 自動車が完全に自動運転化。ドローンタクシー通勤開始。

 

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。


製造業 ブログランキングへ