エラーコインが280万円?偶然の産物にイノベーションの香り

投稿日: コメントするカテゴリー: オリジナルコイン・記念メダル, 仕事・モチベーション・表彰

エラーコインは偶然の産物?

オリジナルコインのエラーコインには価値がある?

最近、エラーコインが280万円で落札された記事を読みました。

【高額珍品】ヤフオクで1円玉のエラーコインが280万円に高騰!意外な高値が付いたエラー硬貨とは?

エラーコインとは硬貨を製造するさいに刻印がずれてしまった、いわゆる失敗したのに世の中にでてしまったコインです。

 

引用 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/硬貨

また、製造時に刻印がずれている「エラー硬貨」(ミントメイドエラーとも。en)の蒐集家もいる。エラー硬貨とは刻印の2度打ち、陰打ち、傾斜、また穴あき硬貨の場合は穴無しや、穴ずれなどいわば不良品の硬貨で、これらは検査の途中で取り除かれるのが普通だが、日本の場合、5円と50円は中央に穿孔する工程で穴の位置がずれた硬貨が時々流通に回り発見されることがある。引用 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/硬貨

 

人気のエラーコインは穴がふさがってしまった「穴なしコイン」だそうです。穴がふさがると重さが増すため、チェックにひっかかるため世の中にでることがよりレアだそうです。

日本国の硬貨は造幣局でつくりますが、何千万単位の製造をつづけていると、様々なチェックをとおりぬけて、ごくごく稀にこんなことがおこるんですねぇ。

それにしても一円玉のエラーコインが280万円、価値が280万倍になってますよ。。!

わたしたちはスポーツイベント表彰などでつかわれる記念メダルやオリジナルコインを製作しています。

小ロットからオリジナルコイン・メダルの製作 | サカモト彫刻

刻印の部分はプレスの機械にデザインが彫られている金型と生地を設置して作業します。無人ではなく1枚1枚が職人の手による作業ですのでこのようなエラーコインがでることはまずありません。さらにその後の磨きや仕上げ、検査、梱包の工程ではじかれます。

オリジナルでエラーコインやメダルをデザイン化してアクセサリーやネックレスにすると面白いかもしれません。

 

偶然の産物にイノベーションの香り

しかしエラーコインは「偶然の産物」。

希少なものに価値がある」という意味ではアンティークコイン金銀などの貴金属も近いものがあります。

人材にも同じように、だれでもできる仕事は価値がひくく、誰にもできない仕事は高給取りになる可能性が高いです。

でも「偶然に生まれたもの」っておもしろいなと思い調べてみました。

 

引用 https://matome.naver.jp/m/odai/2134607935690460801

電子レンジ

発明者はアメリカ合衆国のレイセオン社で働いていたレーダー設置担当の技師パーシー・スペンサーで、偶然ポケットの中の食べかけのピーナッツ・クラスター・バーが溶けていたことから、この現象を調理に使う着想につながった。

引用 http://blog.btrax.com/jp/2014/06/16/innovation/

コカコーラ
 元々コカコーラは薬用目的とした飲料で、1885年米国ジョージア州アトランタで禁酒法が施行されるまではワインとコカ(一種の嗜好品)を使用し、うつ病や神経衰弱症に効果のある調合薬として宣伝されていた。禁酒法後は炭酸水とコカを調合しソーダとして販売されコカコーラが誕生した。

 

 

  • 失敗から生まれたもの
  • 仮定や思い込みから生まれたもの
  • 違うことをしていたら偶然見つけたもの

 

発明やイノベーションやヒット作にはこのように生まれるものが多いですね。新しいものを生み出したいときは「失敗」や「思い込み」も味方につけたほうがよいですね!

私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、

うまく行かない方法を

見つけただけだ。

 - トーマス・エジソン -

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

 

オリジナルコイン・記念メダルの製造はこちら

記念メダル・オリジナルコイン一覧

新社会人に求められるスキルとは?「男は黙ってサッポロビール」

投稿日: コメントするカテゴリー: 仕事・モチベーション・表彰

桜の季節、東京はお祝いムード一色

2、3月は年度末ということもあり、企業表彰のメダル・コイン・記念品の注文が多く製造・納品となかなかに忙しい時期でした。あたたかい日と寒い日がかわりばんこに続いて体調をくずしかけましたがなんとか大丈夫。

4月になって一気に東京は桜モードになってきました。

東京は桜一色 メダル 表彰 記念品

メダルのケースやタイピンの金具などを仕入れに神楽坂と上野・御徒町をいったりきたりも多いですが、いろんなところで桜が咲いています。おそらく今週末はお花見のベストシーズンになるのでは?

江戸川橋の江戸川公園にもこのようなきれいな桜が咲いています。九段のほうにいけば有名な千鳥ヶ淵が花見として有名なスポットです。市ヶ谷と飯田橋のあいだの外堀も夜は花見で会社員や学生でもりあがっています。

こどもの入学式や入社式がおこなわれ、町はフレッシュな人たちであふれているようです。よいことです。

桜の季節、4月は入社式や入学式で新しい世界に入ってくる人をお祝いする季節です。新人歓迎会もたくさん開かれます。

新人は新しい世界にたいする緊張、期待や不安などいろんな感情がまざってドキドキな心境ですよね。だから1日1日がけっこう疲れるとおもいます。

 

新社会人に求められるスキルとは?

先日、移動中にはいったカフェで休んでいたら、就職面接の練習をしている学生と指導員がいました。

指導員は学生にマニュアル通り正確にゆっくりはっきり話すように指導していました。けっこう厳しい。学生はカフェで志望動機をマニュアル通りにはなす練習をしていました。

なかなかにシュールな状況。。

面接官はその人がマニュアルな話をききたいわけではないと思うのでどうなのかなあ。業種にもよりますが、想定外の質問がきたときに柔軟に対応できるか、アドリブがきくか?なども見られるのでは。

それで、おもしろい面接の受け応えをしらべてみました。

思わず吹いた、面接でのおもしろエピソード・人物まとめ

ある男子学生が日産自動車の入社試験を受けた時、
面接で「GNP(国民総生産)とは何のことですか」と聞かれた。
男子学生は緊張のため思い出すことが出来ず、苦し紛れに

「頑張れ・日産・パルサーです」と答えた。

その男子学生は他の質問に対しても満足な回答を言えなかった為、
不合格だと思っていたら、後日内定通知が届いた。

これはじわじわきます。


「学生時代後悔してることは?」
「女性関係です」
「何があったんですか?」
「何もなかったんです」

先輩はこれで大ウケして受かった。
男は黙ってサッポロビール

三船敏郎が「男は黙ってサッポロビール」と言うCMが放映されていた頃、
ある男子学生がサッポロビールの入社試験を受けた。
しかしその男子学生は面接社員の質問に対し無言のまま何も答えない。
怒った面接社員が「どうしてずっと黙っているんだ?」と聞くと

男子学生は「男は黙ってサッポロビール」と発言。

この発言で、男子学生は内定をもらった。

男は黙ってサッポロビール

これは、、大物の予感。。

「男は黙って…」は聞いた事あったのですが、ほんとだとしたら言うほうも勇気あるし、それを採用する面接官も負けてない気がします笑。

カフェの人が受ける会社は、もしかしたらマニュアル通りに動ける人間をさがしているのかもしれないし。

もしかしたらこれはブラ○ク会社への登竜門なのか。。?

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

 

オリジナルコイン・メダルの製造はこちら

オリジナルコイン・記念メダル・レプリカの製作を承ります。

東京オリンピック1964メダルレプリカ表 / 真鍮・金メッキ・ホーニング仕上げ

 

関連記事

マリオは賛否両論?TOKYO2020へ引き継ぎ

えっ?十円玉は10円でつくれない?

どこでもできる仕事?ここでなければできない仕事?

投稿日: コメントするカテゴリー: 仕事・モチベーション・表彰

これからは世界のどこでも仕事ができる?

 

率直な意志の相違は

進歩を示す健全な兆候だ。

- ガンジー

 

最近はノマドフリーランサーの友達が多くてときどき仕事のはなしをすることがあります。

かれらの仕事にはライターやアフィリエイターやWEBデザイナーなどいろいろな仕事があります。

企業のなかで働く会社員とちがって決まったオフィスのなかで働く必要はありません。

おしゃれなカフェで仕事をするのもありですし、海外の太陽いっぱいのビーチでアロハシャツに短パンで仕事したっていいのです。(wifiはとおってたほうがいいです)

世界中にたくさん安くておしゃれなホステルが増えていますしね!

脱サラしてサラリーマン時代より稼いでるひともいますし、そうでない人も自由な今の働きかたがお気に入りのようです。

これからは世界のどこでも仕事ができる時代になるのでしょうか?

わたしたちはメダルやコインなどのモノを製造しているお仕事です。

機械や設備があるところで仕事をしないといけないのでどこでもいいというわけではありません。

またわたしたちのお客様は東京や大阪など都心に集中しています。お客様との打ち合わせも多いのでそれを考えるとお客様の近くにいたほうが安心です。

江戸時代もさまざまな職人や商人は江戸の城下町にあつまってきました。それが265年という長い江戸時代の町文化を支えたという考え方もあります。

 

メイド・イン・ジャパン!

 

世界はグローバルからローカルへ?

わたしの世代では「グローバル」という言葉がながいこと大きなトレンドとなっていました。

グローバルな世界では、世界との壁がなくなったぶん世界中のみんながライバルになります。

例えば、プログラマーの言語はプログラム言語になりますから世界共通です。だから世界中のプログラマーがライバルになりえます。

国内でつかわれるソフトウェアをつくる場合でも、より優秀でコストが低いエンジニアに仕事が流れていきます。

日本人のプログラマーがみんな世界でも優秀な部類にはいればよいですが、そうでもなければ日本人プログラマーの仕事は海外にとられてしまうという考えもできます。少なくともコストは高いでしょうから。

それで思うんです。

(世界で戦える超優秀なプログラマーは別として)ふつうにがんばっている日本人プログラマーにまともな仕事がなくなってないか?

二つ折り携帯や独自の絵文字など、日本独自のアイデアや技術がつまった「ガラケー」が、海外の大トレンドであるスマホという大波にのみこまれてほとんど消えてしまいました。それでもガラケーのほうが使いやすいからというユーザーもたくさんいます。

ガラケー世代で育ったので、あまりにも短いあいだにガラケーが消えてしまったのはショックでした。

ガラケーや浮世絵や漫画など、島国である日本はガラパゴス化したときに面白いことをやるのが好きなところです。

どこでもできる仕事もいいですが、ここでなければできない仕事も素敵です!

 

前回の記事 AIに負けない職種NO1は製造業?

 

オリジナルコイン・小判・金属製品の製造はこちら

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

サカモト彫刻のブランドストア「SAKAMOTO」をスタート

投稿日: コメントするカテゴリー: ニュース, 新商品・製品

ブランドストア「SAKAMOTO」

2017年2月、東京神楽坂でメダル・バッジ・タイピンなどの金属製品・宝飾品の金型・製品を製造する「サカモト彫刻」が、国内製造の職人技術を生かしてデザイン・製造するブランド「SAKAMOTO」をスタートしました。

2011年に東京マイスターに認定された金属彫刻の高い職人技術をはじめ、金属加工や磨き、メッキをすべて国内製造で仕上げ高級な製品をプロデュースしていきます。メイド・イン・ジャパン、メイド・イン・サカモトの品質の製品をプロデュースいたします。

過去に週刊ダイヤモンドにも掲載された、龍のシルバータイピンとカフスを限定復刻いたしました。少量生産となりますのでお早めに手に入れてください。(ご注文をいただいてから国内で仕上げをおこなうため約2週間ほどお時間をいただきます)

 

龍のタイピン&カフス

東京マイスターに認定された金属彫刻の職人技で製造した、高級仕上げの龍のシルバータイピン&カフスです。

金属彫刻は坂本国雄が肉彫りの職人技で彫っています。

岩石模様の地模様から浮き上がる龍。

ご注文をいただいてから仕上げるため約2週間お時間をいただきます。

ビロードケースにて納品させていただきます。

 

ITEMS

ブランドストア「SAKAMOTO」

現代の22種類の日本勲章

投稿日: コメントするカテゴリー: 歴史・文化・職人

現代の日本の勲章

職人技に支えられた日本の勲章は現在22種類あります。

デザインもさることながら、いくつもの工程を経てつくられる勲章は、最高級の工芸品として高い評価を得ています。

デザインと工程の細かい紹介、さらには勲章と褒章の違いまでをわかりやすく解説します。

 

日本の勲章の種類とデザイン

さて、早いもので「勲章」のコラムも最終回となりました。

レジオン・ドヌール勲章 。日本が初めに参考にした勲章」

勲章の起源に迫る2。薩摩と幕府の2者の対決。

今回は現在ある勲章の種類とその繊細な勲章のデザインにふれていきましょう。

日本の勲章は日本ならではの伝統的な技法でつくられています。おどろくほど正確で繊細な職人技術に支えられているのです。普段は知ることのできない勲章の製造工程を細部にわたってご紹介します。

 

勲章の最高位にあるのは「大勲位菊花章」

前回までのコラムでお話ししてきたように、基本的には国にどれほど尽くしたかにより与えられるのが勲章です。

その功労が大きければ大きいほどより上位の勲章がもらえるということになります。

勲章の最高位にあるのは大勲位菊花章。大勲位菊花章には大勲位菊花章頸飾大勲位菊花大綬章の2つの種類があります。

大勲位菊花章頸飾(wikipediaから)

大勲位菊花章頸飾は、文字通り首飾り形式になっています。

首飾りの形をとる勲章はこれのみです。繊細な中にも気品と高級感あふれるつくりは、勲章の最高位に君臨するだけの十分な存在感があります。

頸飾部分の飾りは“菊花”のにあらわされるよう、菊の花とその葉がデザインされています。

菊の花は、特に第二次世界大戦以前に日本を象徴する花として用いられることがあります。ルースベネディクトは『菊と刀』で、日本人の精神性を菊の花と重ね合わせて描いています。

菊が日本で栽培され始めたのは意外にも江戸時代になってからのこと。今のように大きくて立派な菊の花をつくり上げたのは江戸の庶民でした。

大勲位菊花章頸飾も大勲位菊花大綬章も勲章部分のデザインは同じです。

国旗の日の丸を真ん中に、そこから外側に向かって白い光線が配置。これは旭光といって勢いが盛んだという意味を持つ「旭日昇天」を示しています。

大勲位菊花大綬章にもやはり菊の花は外せません。

旭光の周囲にあしらわれているのは菊の花と菊の葉、リボン部分と勲章の間にあるのもまた菊の花です。

菊紋は武家や店舗の商標として使用されることも多く、デザインの種類も豊富。このうち勲章に使用される菊紋は八重桜をデザインした十六八重表菊で、天皇や皇族にのみ使うことが許される紋章なのです。

家紋をデザインするなら知るべき3つの家紋

 

大勲位菊花章の次の位といえば桐花大綬章です。

勲章の中央部分は菊花賞にならい旭光を配置。その周囲を囲うのは桐の花です。

リボンと勲章部分をつなぐところにあしらわれているのは桐の花の葉部分。これ以下の旭日章の勲章は桐の花と旭光の組み合わせが基本です。もちろん、それぞれの大きさや色などは異なりますが。

これ以外にも中央部分に鏡をデザインした瑞宝章や、女性だけに与えられる宝冠章などがあります。現在、勲章の種類は22種類。ここで全て紹介することは出来ませんが、興味がある方は以下でご覧ください。どれをとっても美しい色使いと高度なデザインに魅了されるばかり。

 

勲章と褒章の違いは?

功績のある人を表彰するものとして、勲章の他に褒章があります。

2つの違いは、勲章は一生涯を通じて国家に尽くした人物に与えられ、褒章は一時の業績に対して与えられること。

“一時の業績”なので、同じ褒章を何度も授与されることもあり得ます。

褒章の種類は全部で6つ。

紅綬褒章、緑綬褒章、黄綬褒章、紫綬褒章、藍綬褒章、紺綬褒章です。

紅綬褒章は人命救助に尽力した者

緑綬褒章は社会奉仕

黄綬褒章は民衆の模範となる者

紫綬褒章は学術・芸術分野で活躍する者

藍綬褒章は公共の事務に従事した者

紺綬褒章は私財を寄付した者へ与えられます。

 

とはいっても、これだけの基準ではかなりあいまいだという感が否めません。勲章や褒章といった類は“国が国民に与える”という性質上、与える側にかなり広い裁量が与えられているのでしょう。

近年では体操の内村選手に紫綬褒章が与えられたと話題になりましたね。年齢が若くても業績があれば選ばれる可能性があるというのは褒章ならではといったところ。

 

勲章の製造方法、10工程。独特の技法。

「独立行政法人造幣局」は、明治20年より日本の勲章づくりを一手に担い続けています。

関わる職人は現在、150人ほどだといいます。

製造工程は以下の10工程。

  1. デザインをもとに、原版をつくる。
  2. 原版を機械にかけ、鋼に彫った極印をつくる。
  3. 極印をプレス機で型抜きする。
  4. 数種類のヤスリをかけて、周辺を滑らかにする。
  5. 必要に応じて糸鋸で切り抜く作業を行う。
  6. 色付け作業に入る。七宝の盛り付け。
  7. 七宝の釉薬を塗って電気炉で焼き付ける作業を5回ほど繰り返す。
  8. 表面を磨く。
  9. 金メッキを施す。
  10. 組み立て作業を行い、できあがり。

 

いくつもの工程を経てつくられる日本の勲章は、海外からも高い評価を得ています。評価を支えているのは、やはり何と言っても日本の職人の腕の良さ。なかでも菊花賞頸飾の首飾り部分と文化勲章に施してある七宝は、熟練した職人しかなし得ない匠の技です。

製作期間は数か月といったケースもざらにあるようで、勲章の製作には並々ならぬ職人の腕と細心の注意を払って取り組む姿勢がうかがえます。

高い技術と精神性が生み出す勲章は、まさに日本独自の芸術品というほかありません。

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

よろしければ「ぽちっと」応援お願いいたします ^ ^


製造業 ブログランキングへ