展示会レポート(1) ゴールドフェスタ2017

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: イベント・展示会・EXPO, オリジナルコイン・記念メダル, ニュース

展示会レポート(1)

先週の土曜、6/24、大手町ホールでおこなわれたゴールドフェスタに出展しました。

準備がどたばたで、なんとか無事に1日を終えることができました ^_^
パックンマックンにも会えました!

ゴールドフェスタ2017 開催レポート
 http://goldfes.jp/report.htm

 

前回の記事 2017: GOLD BITCOIN / 純金ビットコインを発表

 

サカモト彫刻のブースでは、オリジナルの純金コイン2種類と純銀コイン1種類を発表しました。(詳しくは次回のブログで)

またメダル・コインの製造方法、製造風景を動画にまとめて公開しました。

YouTubeにもあげていますので見てみてください!https://youtu.be/W4UwMffKAPM

 

 

過去に製造にたずさわった記念メダルやオリジナルコインを多数、展示しました。

今回製作した3種類のコインは、「真鍮」でもたくさん作りイベントの参加者でクイズに正解したかたにプレゼントしました。

 

 

サカモト彫刻のブースにパックンマックンがきました!

 

パックンマックン、コインの材質を当てるクイズにも挑戦! (二人ともちょっぴりはずれでしたが)

発表したオリジナルコインをわしづかみ!

 

イベントの参加者に、コインやメダルの美しさや製造方法が伝えられたかな?

一日のイベントでしたが、展示会にでることはあまりないので、おわったらぐったり。。

日曜はゆっくり休めたので元気になりました。今週もよろしくお願いします!

またイベントの詳細を報告します ^_^

___

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

2017: GOLD BITCOIN / 純金ビットコインを発表

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: イベント・展示会・EXPO, オリジナルコイン・記念メダル, ニュース

2017: 純金ビットコインを発表

サカモト彫刻は6月24日に大手町の読売新聞東京本社内で開催される金の展示会「 ゴールドフェスタに出展します。

サカモト彫刻は東京のコイン・メダルのメーカー・金型製作所として、製作したメダルやコインの展示や、コインの製造方法(金型から仕上げまで)などを紹介する予定です。

また展示会ではサカモト彫刻オリジナルの純金コイン(純銀コイン)を発表します。

→「ゴールドフェスタ2017でオリジナル金貨を発表?

 

今回、新たにつくるオリジナルコインは3種類です。

そのうち1種類は「純金のビットコイン」です。

ビットコインは仮想通貨です。仮想なので手にさわれる実物はありません。

これは世界で初めて手に取れる純金のゴールドビットコインになります。

ビットコインが発表された初期のオリジナルデザインにこだわり、8方向から中央に集まるビットコインのカット面を東京マイスターに認定された職人が丁寧に彫刻しています。東京職人でつくる東京ビットコインです。

サカモト彫刻が2011年 金型彫刻技術で東京マイスターに認定

 

6/24のゴールドフェスタで3つのゴールド・シルバーコインを発表。

 

ゴールドビットコインの金型

 

残りの2種類は、一つは純金のコイン、もうひとつは純銀のコインになります。

日本発のオリジナル金貨・銀貨としてどちらも日本をテーマとしたデザインになります。

6/24のゴールドフェスタで初のお披露目です!

NEW   展示会レポート(1) ゴールドフェスタ2017

 

 

<お問い合わせ>

___

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

ゴールドフェスタ2017でオリジナル金貨を発表?

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: イベント・展示会・EXPO, オリジナルコイン・記念メダル

ゴールドフェスタ2017に出展

5月はけっこう暑い日がつづきました。

体力が少しずつ削られていってます。。週末はどこかお風呂はいりにいこうかな。

 

 

コインやメダルの製造と並行して6月はあたらしい試みがあります。

来月、6月24日に ゴールドフェスタというイベントに参加します。

金貨や地金、金のアートなど金にまつわる展示会です。

サカモト彫刻は、コインやメダルなどの金属製品を受注製造しておりますので、

ゴールドフェスタでは金製や銀製のコインやメダルの展示や、コインの製作風景や職人技術などを紹介したいと考えています。

また展示会のなかでサカモト彫刻がプロデュースするオリジナル金貨と銀貨を発表する予定です!

気になるデザインは2種類(もしくは3種類)になる予定で、日本・東京の歴史や文化をモチーフにしたものになりそうです。

6月24日の展示会で初のお披露目します。

そのあとにサカモト彫刻のホームページでも公開・購入できるよう準備しています。

展示会まであと1ヶ月なのでその準備でどたばたしてます。。

 

NEW   展示会レポート(1) ゴールドフェスタ2017

キャラクターグッズ製作の3変化?

投稿日: コメントするカテゴリー: イベント・展示会・EXPO, キーホルダー・アクセサリー, 新商品・製品, 社章・ピンバッジ

キャラクターグッズ製作の3変化

週末、神楽坂をぶらぶら歩いていたらいつもより人が少ないことに気づきました。

カフェにはいってもいつも席がないのにその日はガラガラです。

そうか世間ではもうゴールデンウィークが始まっているのかな?

5月1〜2日を休みにすれば4月29日から5月7日までなんと「9連休」!

1、2、3、4、5、6、7、8、…!

いいなー。いいなー。そう思いながらすこし憂鬱な5月1、2日を過ごしています。

さあ、GW前に仕事を終わらせましょう!

 

「なんと、驚愕の9連休、9連休、9連休!!!」

 

4月5月は新しいお客様からいくつかご連絡をいただいて打ち合わせしています。

最近多いのは人気アニメやゲーム・映画などのキャラクターグッズのお話です。

キャラクターグッズというと海外で量産して安く安くつくるというイメージもありますが、小ロットでも何千個以上の製作でも国内製造にこだわって丁寧につくるキャラクター製品・グッズも増えています。

ノベルティ・イベントグッズの製作はこちら

企画の段階でのお話もありどういうものが作れるかなどを打ち合わせしていました。

キャラクターグッズでよく話をいただくのは例えばピンバッジやキーホルダー・ストラップがあります。

キャラクターが彫刻されたアンティーク風のコインメダルもあります。

その他にもネックレスやタイピンやカフスなどの装飾品系もあります。

 

キャラクターグッズの製作は金型やのせこを活用
「キャラクターグッズの製作は金型やのせこを活用」

 

3、4種類のグッズを製作するときにご提案するのでは、共通するキャラクター部分を金型でつくって、それをいくつかのグッズで併用することです。

アニメや映画・ゲームのキャラクターグッズ製作で、キャラクター部分を「のせこ」でつくってしまえば、キャラクターのタイピンやカフスやバッジなどいろいろな製品に流用できます。

たとえば2 cm x 2 cmサイズのニンジャくんを金型でつくり、その金型でつくったニンジャくんをピンバッジにしたり、タイピンのバーにのせたり、カフスにのせたり、キーホルダーにしたり、別の種類のグッズにそのまま使えます。(製作ギャラリーはこちら

これぞ「キャラクターグッズの3変化」です。(名前はさっき思いつきました)

この手法は昔からよくつかわれています。

ニンジャくんの部分を「ノセコ」といって、タイピンをノセコ式でつくる、などと言ったりします。(「コイン製作用語集」)

小ロットの場合はどうしても金型は割高になります。このようにつくった金型を活用して複数のグッズを開発するというのはいかがでしょうか?

さて午後からは「もうゴールデンウィークですよ感」を全面にだして仕事しよう。

 

___

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

 

「その世界にはコインが必要だ」

エラーコインが280万円?偶然の産物にイノベーションの香り

投稿日: コメントするカテゴリー: オリジナルコイン・記念メダル, 仕事・モチベーション・表彰

エラーコインは偶然の産物?

オリジナルコインのエラーコインには価値がある?

最近、エラーコインが280万円で落札された記事を読みました。

【高額珍品】ヤフオクで1円玉のエラーコインが280万円に高騰!意外な高値が付いたエラー硬貨とは?

エラーコインとは硬貨を製造するさいに刻印がずれてしまった、いわゆる失敗したのに世の中にでてしまったコインです。

 

引用 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/硬貨

また、製造時に刻印がずれている「エラー硬貨」(ミントメイドエラーとも。en)の蒐集家もいる。エラー硬貨とは刻印の2度打ち、陰打ち、傾斜、また穴あき硬貨の場合は穴無しや、穴ずれなどいわば不良品の硬貨で、これらは検査の途中で取り除かれるのが普通だが、日本の場合、5円と50円は中央に穿孔する工程で穴の位置がずれた硬貨が時々流通に回り発見されることがある。引用 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/硬貨

 

人気のエラーコインは穴がふさがってしまった「穴なしコイン」だそうです。穴がふさがると重さが増すため、チェックにひっかかるため世の中にでることがよりレアだそうです。

日本国の硬貨は造幣局でつくりますが、何千万単位の製造をつづけていると、様々なチェックをとおりぬけて、ごくごく稀にこんなことがおこるんですねぇ。

それにしても一円玉のエラーコインが280万円、価値が280万倍になってますよ。。!

わたしたちはスポーツイベント表彰などでつかわれる記念メダルやオリジナルコインを製作しています。

小ロットからオリジナルコイン・メダルの製作 | サカモト彫刻

刻印の部分はプレスの機械にデザインが彫られている金型と生地を設置して作業します。無人ではなく1枚1枚が職人の手による作業ですのでこのようなエラーコインがでることはまずありません。さらにその後の磨きや仕上げ、検査、梱包の工程ではじかれます。

オリジナルでエラーコインやメダルをデザイン化してアクセサリーやネックレスにすると面白いかもしれません。

 

偶然の産物にイノベーションの香り

しかしエラーコインは「偶然の産物」。

希少なものに価値がある」という意味ではアンティークコイン金銀などの貴金属も近いものがあります。

人材にも同じように、だれでもできる仕事は価値がひくく、誰にもできない仕事は高給取りになる可能性が高いです。

でも「偶然に生まれたもの」っておもしろいなと思い調べてみました。

 

引用 https://matome.naver.jp/m/odai/2134607935690460801

電子レンジ

発明者はアメリカ合衆国のレイセオン社で働いていたレーダー設置担当の技師パーシー・スペンサーで、偶然ポケットの中の食べかけのピーナッツ・クラスター・バーが溶けていたことから、この現象を調理に使う着想につながった。

引用 http://blog.btrax.com/jp/2014/06/16/innovation/

コカコーラ
 元々コカコーラは薬用目的とした飲料で、1885年米国ジョージア州アトランタで禁酒法が施行されるまではワインとコカ(一種の嗜好品)を使用し、うつ病や神経衰弱症に効果のある調合薬として宣伝されていた。禁酒法後は炭酸水とコカを調合しソーダとして販売されコカコーラが誕生した。

 

 

  • 失敗から生まれたもの
  • 仮定や思い込みから生まれたもの
  • 違うことをしていたら偶然見つけたもの

 

発明やイノベーションやヒット作にはこのように生まれるものが多いですね。新しいものを生み出したいときは「失敗」や「思い込み」も味方につけたほうがよいですね!

私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、

うまく行かない方法を

見つけただけだ。

 - トーマス・エジソン -

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

 

オリジナルコイン・記念メダルの製造はこちら

記念メダル・オリジナルコイン一覧