東京オリンピックで金メダルはダウンロードできない-02

2020年も金メダルはダウンロードできない

投稿日: コメントするカテゴリー: オリジナルコイン・記念メダル, 東京オリンピック

2020年も金メダルはダウンロードできない

先日、広告代理店のお客さんのところへいくつかサンプルのメダルをもっていき、細かいデザインやメッキ色・明暗について打ち合わせしていました。

打ち合わせのあと、サカモト彫刻の工房が神楽坂にあるという話の流れで、新宿区で盛んだった印刷業の話になりました。

新宿区には大手印刷会社の本社があり、むかしから関連や下請けの印刷屋さんが神楽坂・飯田橋を中心に新宿区にたくさんあります。サカモト彫刻もそのような印刷会社が集まっている地域に工房があります。

しかしご存知かもしれませんが紙の印刷業界は元気がありません。

デジタル・IT化によって、紙に印刷という需要は減少しました。

情報は新聞や雑誌やチラシからではなく、スマホの液晶をとおして手に入れる時代になりました。

ニュースはヤフーニュースを見て、会社案内やチラシ・ビラはホームページを見て、POPはネットショップへ、名刺も電子署名など簡単にダウンロード・シェアできます。

つまりスマホで完結してしまいます。

便利ですが地元の印刷屋さんには大打撃です。

 

モノをもたない現代人の喉の渇き

お客さんにも聞かれたのですが、紙・印刷とくらべてメダルや社章などの貴金属・宝飾品は大丈夫なのでしょうか?

もちろんIT 化や時代のトレンドの影響は少なからず受けています。お手軽で効率のよいデジタルコンテンツのマーケットが大きくなるのは当然です。

印刷は媒体が紙そのものからデジタル機器にうつっているので、それに比べれば深刻ではありません。

現代の人々は、スマホ1つもつだけでなんでもできるのであまり本物を見なくなりました。

クレオパトラが身につけていたような黄金の装飾品は美術館でのみ見ることができます。

その美術館にいくのも面倒で、ネットで情報を入手しようとするかもしれません。

だからこそ形のあるモノがめずらしくなって輝きを増しているきがします。

モノをあまりもたなくなった現代人は、喉がカラカラに乾いています。(スマホ疲れ・SNS疲れもあります)

 

2020年は東京でオリンピックが開催されます。

1998年の長野オリンピックから22年ぶりの日本での開催で、東京での開催は56年ぶりです。

世界各国のトップアスリートは3年後、東京に集まってメダルをかけて戦います。

金メダルの授与式で、金属のメダルではなく、QRコードが印刷されたシールが渡されて、

 

金メダルおめでとう!

このシールに記載されているコードをスマホからアクセスして
最高の金メダルをダウンロードしてください!

東京オリンピックで金メダルはダウンロードできない-02

 

となったらどうしましょう。

選手もがっくしきてしまいます。

地球上、最高の結果をだして勝利したものに与えられるメダルは大きくてずっしりと重い、永遠に輝く金メダルです。

【体操男子】内村「めちゃめちゃ重い金メダル」

 


オリジナル金貨・純金コイン・金メダルの製作

記念メダル・オリジナルコインの製作

 

↓ よろしければクリックお願いします!


製造業 ブログランキングへ

 

関連記事

デザインにメダルとコインの違いはあるのか?

一等賞の功績に金メダルを!

 

デザインにメダルとコインの違いはあるのか?

投稿日: 3件のコメントカテゴリー: オリジナルコイン・記念メダル, デザイン・ファッション

メダルとコインの違い

お客様からときどき「メダルとコインの違いはなんですか?」と質問されます。

みなさんはご存知でしょうか?

オリンピックの表彰台で日本選手が首にかけるのは、もちろん金メダル。金コインではありません。

北海道新幹線が開通しました。記念の… これはメダルもコインもありそうです。

 

もともとコインはお金

コインは英語ですが、翻訳すれば(紙幣に対して)硬貨ですからお金として使われるものがコイン。

お金として使われないものがメダルと考えるのが一般的でしょう。

そうか、コインはお金なんだ。

きになってお金の定義を調べてみました。

経済学では「価値の尺度」「価値の保存」「交換の手段」の3つがお金の定義とされているようです。(お金(貨幣・通貨)の定義

難しそうな言葉ですが、モノの価値をはかれて、硬貨としてもっておけば魚や野菜とちがって価値がくさらない、モノと交換できるもの、ということでしょうか。

そうかんがえると国や中央管理が発行していない仮想通貨・ビットコインもしっかりとお金なんですね。

バッティングセンター、ゲームセンター、カジノ、イベントなどで現金ではなくて専用コインを利用する場合があります。

現金を一度、仮想的なコインに交換してから、その世界でモノをかったりサービスを利用できるようになっています。でも後で現金に戻せなかったりします。コインには集客する力がありイベントとの相性も良いです。

広い意味でとらえると「価値の尺度」「価値の保存」「交換の手段」のどれかひとつの機能をもっていてもコインといえそうです。

 

メダルは表彰や記念品、ゲームとしても

メダルといって思い浮かべるのはスポーツ大会の表彰台で首にかける金メダルです。

スポーツ大会の金メダルは優秀な成績を残した人に勲章のような役割で贈られます。

たしかにメダルはコイン・お金と違ってモノとは交換できません。

オークションでメダルを売ればお金になりますが、それはメダルをモノとしてお金に交換したということですね。

ゲームでレベルアップしたりある条件をクリアしたことでメダルを手にいれる、ゲームメダル。

イベントに参加した人に配布するメダル、会社創設30周年で配るメダルは記念品としての役割があります。

メダルには表彰記念品としての意味合いが強そうです。

(前回の記事「えっ、オリンピックの金メダルの素材は純金ではない?

 

製造するうえでメダルとコインの違い

最初のお客さんの質問に戻りますが、実は製造する上でメダルとコインの違いは少ないです。平均的にはコインよりもメダルのほうが大きいです。ちなみにメダルなどのサイズを示す40Φは直径40mmを意味します。

 

コインとメダルの違い(よくある一例)
コイン メダル
サイズ(直径) 20~40mm 40~80mm
厚み 1.5~3mm 3~6mm
モチーフの高さ フチと同じか低い フチと同じか高い
製造数・ロット 多め(100~5000枚) 少なめ(10~500枚)
デザイン 表面はモチーフの平or肉彫り
裏面は金額や年号の平彫り
表面はモチーフの平or肉彫り
裏面は文字・ロゴの平彫り
色・仕上げ 金、銀、銅、いぶし 金、銀、銅、いぶし
その他 金貨・記念硬貨はケース
穴をあけてキーホルダー
リボンを付ける
ケースにおさめる

 

ひとつ注意するのはメダル・コインのモチーフとフチの関係です。

コインはお金としての性質で複数のコインを積み重ねる用途があります。

そのためモチーフ部分が周りのフチより高いと積み重ねるとぐらついてしまいます。

そのためモチーフを肉彫りにする場合でもフチと同じ高さかフチよりも低くなるようにします。

肉彫りと平彫りについてはこちら

メダル・コインのモチーフとフチの関係
メダル・コインのモチーフとフチの関係

 

メダルはリボンをつけたり、ケースにおさめたり、ひとつで製品になります。

積み重ねることもないので、モチーフ部分をフチより高くして肉感を強調することもできます。

 

オリジナルコイン・記念メダルの製造はこちら

記念メダル・オリジナルコイン一覧

 


製造業 ブログランキングへ

 

前回の記事

えっ、オリンピックの金メダルは純金ではない?

コイン製作で知るべき7つの用語

一等賞の功績に金メダルを!

金メダルと3色リボンの間にあるもの?

投稿日: コメントするカテゴリー: オリジナルコイン・記念メダル, デザイン・ファッション

金メダルと三色リボンと共ツボ

先日、息子に誘われて映画「金メダル男」を見てきました。内村光良さんが原作・脚本・監督・主演を務めており、2011年に上演された内村さんの1人舞台『東京オリンピック生まれの男』を映画化したものです。

小さい頃からあらゆるジャンルで金メダルを目指す男、秋田泉一がいろんなことで一番を目指します、が途中いろいろ苦労します。まあ、大人になってなかなか金メダルや一等賞をとる経験ってなかなかありません。私は社会人時代にあるプレゼンテーションのコンテストで2位をとったことだけ覚えています。。秋田泉一さんはすごいです!

この映画ではありませんが、金メダルは社内表彰などの記念品に適しているのでは?とおもっています。2020年は東京開催のオリンピックイヤーですし。過去のオリンピック大会以上に金メダルに敏感です。(「あなたのグッジョブに金メダルを!」)

これまではブログなどでメダルの用語や仕上げ方法など、金メダルのメダル部分についてご紹介してきました。今回はメダルのメダル以外の部分についてもふれていきます。

 

金メダルとリボンの間にあるもの?

さて、金メダルにはメダル部分と表彰用のリボンをつなぐワッカの部分がありますがこれをなんというかご存知ですか?

この部分はツボと呼びます。ふざけているわけれはありません。私たちはそう呼びます。メダルの側面はコバで、つなぎの部分はツボです。(「コバは磨きますか?コイン用語集」)

ツボはメダルで鎖やリボンなどをつなぎとめる部分のことで、主にツボはメダルにロウ付けされることが多いです。またメダルを彫刻する際、金型を製作する際にツボも一緒に彫ってしまうことも可能です。その場合はツボ部分を共ツボ(ともつぼ)と呼びます。

 

 金メダルと三色リボン
金メダルと表彰リボンと共ツボ

 

ツボの部分も少し繊細で、単純に丸いワッカのものもあれば大きいメダルですと翼のようなものがついた共ツボもあります。サカモト彫刻は金型をつくりますのでご希望があれば特殊なツボにすることも可能です。

通常、リボンは横幅38ミリの大サイズと25ミリの小サイズのに種類をご用意しております。カラーはたくさんご用意がありますのでご希望のものをおっしゃっていただければお探しいたします。(フランス国旗のような三色リボン(トリコロール)、赤白の紅白リボン、赤一色リボンなど。)

やはり金メダルは、メダルと表彰リボンとしっかりとしたケースがセットになって素晴らしい記念品になります。首にかけたときに変な風にみえないか、光沢があるとかえって安っぽく見えないか心配だ、などお客様の疑問に対してお答えいたします。

素晴らしい賞・金メダルを勝ち取ったかたのために、細部にこだわって最高の金メダルをご提供できるように日々準備です!

 

メダルとリボン

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

オリジナルコイン製作の専門店「TOKYO COiN」をオープン

投稿日: コメントするカテゴリー: オリジナルコイン・記念メダル, ニュース

コイン製作の専門店「TOKYO COiN」をオープン

TOKYO COiN
東京オリジナルコイン製作所

TOKYO COiN - 東京コイン製作所

10月21日 サカモト彫刻はオリジナルコイン製作の専門サイト「TOKYO COiN」(東京コイン)をスタートしました。

量産向けのコインから記念品・表彰向けの小ロットの金貨・銀貨までオリジナルコイン・メダルを製作いたします。TOKYO COiN、職人が国産でつくる東京製コインです。

5000個以上の量産だけでなく小ロットでのコイン製作にもご対応します。

サカモト彫刻は東京神楽坂で30年以上、徽章・社章、記念メダルの金型・製品を製造してきた実績と東京職人の技術を活かして美しく品質の高いオリジナルコインをプロデュースします。

たくさんの方が「自分だけの、世界にひとつだけのオリジナルコインを手にいたい!」を実現させることを私たちがお手伝いできればと考えています。

金古美や銀いぶしなどのアンティーク仕上げ肉彫り彫刻によるデザイン性の高いコイン、江戸時代からやってきたような穴あきコイン・小判など東京の職人ならではのオリジナルでユニークなコイン製作に対応いたします。

 

オリジナルコインの種類

オリジナルコインとして製作にご対応するコインの種類です。これ以外の材質(地金)やメッキ、仕上げ方法にも柔軟にご対応します。

  • 真鍮製シルバーコイン
  • 真鍮製ゴールドコイン
  • 真鍮製アンティークコイン(銀燻し、金古美)
  • 金製・銀製コイン(K18, K24, SILVER925, 純銀、純金etc)
  • オリジナル小判・古銭・穴あきコイン
  • コイン型アクセサリー・キーホルダー

 

コインのデザインは表裏あるのか、もしくは表のみなのか、磨きをかけて光沢をだすのか、光沢をおさえるのか、などをお問い合わせフォームで選んでいただくだけで簡単にお見積りができます。

またウェブサイトのオープンを記念して、製作をご依頼されたお客様に無料で銀製コインをプレゼントする期間限定キャンペーンをスタートしました。TOKYO COiN – キャンペーンページ

 

 

サカモト彫刻

サカモト彫刻は創業32年、東京神楽坂で記念メダル・コイン・ピンバッジ・キーホルダーなどの金属製品の金型および製品を製造する工房・製作所です。金型の原型彫刻技術を強みとし、その高い技術が評価され、2011年に東京マイスターに認定されました。

小ロットから5000個以上と幅広い個数の製作が可能です。

製品のサンプルは作成中のためサカモト彫刻の製作ギャラリーを参考にしてください。

 

tokyo-edo-week-01-2-min

コインの製作ギャラリー

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

コイン製造に金型が必要な3つの理由

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: オリジナルコイン・記念メダル, 歴史・文化・職人

なぜ金型が必要なのか?

というのはモノをつくる上で必ずついてまわるものです。

型があれば同じものを正確に高速で量産が可能となります。たこ焼きでもそうです。生地を型(たこ焼き機)に流し込んでまとめて10個、20個つくります。もし型がなければ一個一個おにぎりのように手で作らないといけません。手間(コスト)がかかります。

そもそもたこ焼きは熱すぎておにぎりのように手でこねこねできないので、さて、どうやって作ろうか。。

オリジナルのTシャツを作るのにも版代がかかってきます。コイン、社章、キーホルダーの金属製品の場合は、はじめに金型・原型をつくります。

これらの金属製品を製造するために鍛造・金属プレス、鋳造タイプのラバーキャスト、ダイカスト、ロストワックスなど様々な製法がありますがどれも原型がなければつくれません。オリジナル製品をつくるのには型の製造が必要です。

金型を製造する理由には次の3つが挙げられます。

 

1. 製造のスピードを上げる(短納期)
2. 製造のコストを下げる(低コスト)
3. 製品の品質を安定させる(高品質)

 

金型があれば次の製造工程でたこ焼きのようにホイホイと量産することができます。また、それにより一個製作のコストが下がります。もうひとつは製品の品質です。コインの製作をもし一個ずつ製作したらどんなに凄腕の職人でも全く同じものを何百個も作れません。特にコインなどは直径や厚み、重さの指定があるものです。金型のみならず抜き型枠打ち型絞り型などを使うことによって製品の品質を安定して高めることができるのです。

つまり金型は製造において高品質(HIGH QUALITY)低コスト(LOW COST)短納期(SHORT DELIVERY)QCD戦略を進める上でかかせないアイテムとなります。

さらにサカモトは金型に高い芸術性(アート)をのせた 「QCDA戦略 」で戦っています

品質、コスト、納期 + 芸術性
サカモト彫刻は、品質、納期、コストに+アートのQCDA戦略

 

金型代と製造単価は別

基本的に金型代と製造単価は別です。

製造業者によっては金型代が記載されてないものがありますが、その場合は単価に上乗せしています。金型は鋼や鉄の土台に製品と同じ形のものが彫られています。最初の一個をつくるような作業であり、土台の材料代や金属彫刻のコストなどがかかります。

コインやメダルを製造する場合は、地金代(材料代)のほかに製造・磨き・メッキ・仕上げの工賃を合わせて、一個の製造単価となります。これらは一個あたりにかかってくる作業ですので単価計算します。

それに対して、金型は1個だけつくりますので単価とは別の費用です。金型代を個数でわって上乗せしたものを製造単価とするか、金型代と製造単価は別とするかは分け方の違いです。金型はつくってしまえば、こわれるまで使えるので2回目以降の製作では費用がかかりません。その意味では金型代と製造単価は分けておいたほうがよいでしょう。

 

 

金型代と製造単価の関係

 

単価をおさえるためには?

例えばある記念コインの製造について、金型代が2万円、製造単価が300円かかるとします。

小ロットで50枚のみ製造する場合は、金型代を枚数でわって400円が単価に乗って一枚あたり700円かかります。同じコインを1000枚製造する場合は、20円がのって一枚あたり320円かかります。さらに製造単価も製造枚数がふえればコストが下がるため300円よりもさがります。どうしでも小ロットの製作は単価があがりますので、下げるためにはある程度まとめて作ることなります。

サカモト彫刻はお客様の予算の範囲でできるデザイン仕様について仕上げイメージをつくってご提案いたします。

オリジナルメダル サンプル 用語集

 

コストをあまり下げていくと片面のみになったり、安価な仕上げになるなどいろいろ制約がでてきます。いいモノというのはそれだけお金がかかるってことですね。

 

→ オリジナルコインの製造

金型製造ページ

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ