「社章」は会社のブランド力を1.3倍あげる?

投稿日: コメントするカテゴリー: デザイン・ファッション, 社章・ピンバッジ

「社章」は今も会社のブランド力をあげる

最近、「社章」の製作依頼のお問い合わせが増えてきました。

とくに中小企業スタートアップのIT企業からご連絡をいただきます。

前回でもふれましたが、社章は買い物機能やセキュリティ機能などがついた社員証と比べるとアナログなものです。金属製の小さなバッジです。(「社章」は死んだのか?日本独自の文化 )

もしかしたら「有名企業の社章だとつけてるだけでモテる!」という機能はあるかもしれません。

なぜ企業は、今、社章を求めるのでしょうか?

「社章」を製作するタイミングはおもに3つあります。

  1. 会社・ビジネスを立ち上げる。
  2. 会社が東証一部に上場する・次のステージにあがる。
  3. 社員が増えて追加で社章を製作する。

 

社章は「ブランド」を演出する。

社章には、会社のロゴや社風を社会に浸透させたいという外に向けてのアピールの側面があります。

また働いている社員が胸につけて誇りをもてる、モチベーションアップにつながるという内に向けての側面もあります。

つまり会社の顔となるロゴ・社名を彫り込んだ金属のバッジを胸につけて営業・ビジネスするということは、「身につけるブランディング」としてもっとも適した形かもしれません。

ブランドのはじめかた(中川淳)」から引用すると、右肩上がりの成長が当たり前ではなくなったこの時代に必要な経営感覚は「いかにして売り上げを上げるか」ではなく「いかにしてブランド力をあげるか」とあります。

いま大中小それぞれの企業がブランド力の向上・ブランディングに力を注いでいます。

そしてブランドの顔である「社章」を身につけて営業するというシンプルなビジネススタイルは、

王道」ですが再び価値が見直されているのかもしれません。

あまり知られていませんが、社章は日本独自の文化です。

社章をみにつけてビジネスするという文化は海外では一般的ではありませんでした。

社章の歴史はけっこう古いのでデザインも古いものが多いです。(東京都千代田区は徽章業発祥の地)

また古いデザインでいまものこっているものは、いわゆるクラシックと呼ばれるものであり、時代の波で色あせないと思います。

もうひとつ、社章は安っぽくしないことが重要です。

もちろん経済活動ですので、できるだけ社章にお金をかけたくない、という考えになりがちです。

しかしできるだけ「安く安く」でつくったバッジはどうしても安っぽくなります。

会社の顔となる、ブランド力を上げたいとつくった社章が、安っぽかったら目的と矛盾しますよね?

(安っぽい会社とみられるかもしれない)

新しい時代、ブランディングを求める企業、デザイン、製造で生まれる素敵な社章は「ブランディングバッジ」。

ブランディングバッジが会社をキラキラ輝かせることを楽しみにしてます。

 

オリジナルの社章・認定バッジの製作はこちら

今をとりいれて自由にデザイン。高級に仕上げる

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

 

前回の記事

日本人なら知っておくべき3つの家紋とは?

社章は死んだのか?社章は日本独自の文化

 

デザインにメダルとコインの違いはあるのか?

投稿日: 3件のコメントカテゴリー: オリジナルコイン・記念メダル, デザイン・ファッション

メダルとコインの違い

お客様からときどき「メダルとコインの違いはなんですか?」と質問されます。

みなさんはご存知でしょうか?

オリンピックの表彰台で日本選手が首にかけるのは、もちろん金メダル。金コインではありません。

北海道新幹線が開通しました。記念の… これはメダルもコインもありそうです。

 

もともとコインはお金

コインは英語ですが、翻訳すれば(紙幣に対して)硬貨ですからお金として使われるものがコイン。

お金として使われないものがメダルと考えるのが一般的でしょう。

そうか、コインはお金なんだ。

きになってお金の定義を調べてみました。

経済学では「価値の尺度」「価値の保存」「交換の手段」の3つがお金の定義とされているようです。(お金(貨幣・通貨)の定義

難しそうな言葉ですが、モノの価値をはかれて、硬貨としてもっておけば魚や野菜とちがって価値がくさらない、モノと交換できるもの、ということでしょうか。

そうかんがえると国や中央管理が発行していない仮想通貨・ビットコインもしっかりとお金なんですね。

バッティングセンター、ゲームセンター、カジノ、イベントなどで現金ではなくて専用コインを利用する場合があります。

現金を一度、仮想的なコインに交換してから、その世界でモノをかったりサービスを利用できるようになっています。でも後で現金に戻せなかったりします。コインには集客する力がありイベントとの相性も良いです。

広い意味でとらえると「価値の尺度」「価値の保存」「交換の手段」のどれかひとつの機能をもっていてもコインといえそうです。

 

メダルは表彰や記念品、ゲームとしても

メダルといって思い浮かべるのはスポーツ大会の表彰台で首にかける金メダルです。

スポーツ大会の金メダルは優秀な成績を残した人に勲章のような役割で贈られます。

たしかにメダルはコイン・お金と違ってモノとは交換できません。

オークションでメダルを売ればお金になりますが、それはメダルをモノとしてお金に交換したということですね。

ゲームでレベルアップしたりある条件をクリアしたことでメダルを手にいれる、ゲームメダル。

イベントに参加した人に配布するメダル、会社創設30周年で配るメダルは記念品としての役割があります。

メダルには表彰記念品としての意味合いが強そうです。

(前回の記事「えっ、オリンピックの金メダルの素材は純金ではない?

 

製造するうえでメダルとコインの違い

最初のお客さんの質問に戻りますが、実は製造する上でメダルとコインの違いは少ないです。平均的にはコインよりもメダルのほうが大きいです。ちなみにメダルなどのサイズを示す40Φは直径40mmを意味します。

 

コインとメダルの違い(よくある一例)
コイン メダル
サイズ(直径) 20~40mm 40~80mm
厚み 1.5~3mm 3~6mm
モチーフの高さ フチと同じか低い フチと同じか高い
製造数・ロット 多め(100~5000枚) 少なめ(10~500枚)
デザイン 表面はモチーフの平or肉彫り
裏面は金額や年号の平彫り
表面はモチーフの平or肉彫り
裏面は文字・ロゴの平彫り
色・仕上げ 金、銀、銅、いぶし 金、銀、銅、いぶし
その他 金貨・記念硬貨はケース
穴をあけてキーホルダー
リボンを付ける
ケースにおさめる

 

ひとつ注意するのはメダル・コインのモチーフとフチの関係です。

コインはお金としての性質で複数のコインを積み重ねる用途があります。

そのためモチーフ部分が周りのフチより高いと積み重ねるとぐらついてしまいます。

そのためモチーフを肉彫りにする場合でもフチと同じ高さかフチよりも低くなるようにします。

肉彫りと平彫りについてはこちら

メダル・コインのモチーフとフチの関係
メダル・コインのモチーフとフチの関係

 

メダルはリボンをつけたり、ケースにおさめたり、ひとつで製品になります。

積み重ねることもないので、モチーフ部分をフチより高くして肉感を強調することもできます。

 

オリジナルコイン・記念メダルの製造はこちら

記念メダル・オリジナルコイン一覧

 


製造業 ブログランキングへ

 

前回の記事

えっ、オリンピックの金メダルは純金ではない?

コイン製作で知るべき7つの用語

一等賞の功績に金メダルを!

金メダルと3色リボンの間にあるもの?

投稿日: コメントするカテゴリー: オリジナルコイン・記念メダル, デザイン・ファッション

金メダルと三色リボンと共ツボ

先日、息子に誘われて映画「金メダル男」を見てきました。内村光良さんが原作・脚本・監督・主演を務めており、2011年に上演された内村さんの1人舞台『東京オリンピック生まれの男』を映画化したものです。

小さい頃からあらゆるジャンルで金メダルを目指す男、秋田泉一がいろんなことで一番を目指します、が途中いろいろ苦労します。まあ、大人になってなかなか金メダルや一等賞をとる経験ってなかなかありません。私は社会人時代にあるプレゼンテーションのコンテストで2位をとったことだけ覚えています。。秋田泉一さんはすごいです!

この映画ではありませんが、金メダルは社内表彰などの記念品に適しているのでは?とおもっています。2020年は東京開催のオリンピックイヤーですし。過去のオリンピック大会以上に金メダルに敏感です。(「あなたのグッジョブに金メダルを!」)

これまではブログなどでメダルの用語や仕上げ方法など、金メダルのメダル部分についてご紹介してきました。今回はメダルのメダル以外の部分についてもふれていきます。

 

金メダルとリボンの間にあるもの?

さて、金メダルにはメダル部分と表彰用のリボンをつなぐワッカの部分がありますがこれをなんというかご存知ですか?

この部分はツボと呼びます。ふざけているわけれはありません。私たちはそう呼びます。メダルの側面はコバで、つなぎの部分はツボです。(「コバは磨きますか?コイン用語集」)

ツボはメダルで鎖やリボンなどをつなぎとめる部分のことで、主にツボはメダルにロウ付けされることが多いです。またメダルを彫刻する際、金型を製作する際にツボも一緒に彫ってしまうことも可能です。その場合はツボ部分を共ツボ(ともつぼ)と呼びます。

 

 金メダルと三色リボン
金メダルと表彰リボンと共ツボ

 

ツボの部分も少し繊細で、単純に丸いワッカのものもあれば大きいメダルですと翼のようなものがついた共ツボもあります。サカモト彫刻は金型をつくりますのでご希望があれば特殊なツボにすることも可能です。

通常、リボンは横幅38ミリの大サイズと25ミリの小サイズのに種類をご用意しております。カラーはたくさんご用意がありますのでご希望のものをおっしゃっていただければお探しいたします。(フランス国旗のような三色リボン(トリコロール)、赤白の紅白リボン、赤一色リボンなど。)

やはり金メダルは、メダルと表彰リボンとしっかりとしたケースがセットになって素晴らしい記念品になります。首にかけたときに変な風にみえないか、光沢があるとかえって安っぽく見えないか心配だ、などお客様の疑問に対してお答えいたします。

素晴らしい賞・金メダルを勝ち取ったかたのために、細部にこだわって最高の金メダルをご提供できるように日々準備です!

 

メダルとリボン

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

2016年トム・ブラウン流の粋なジャポニズム

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: デザイン・ファッション, ニュース

日本と世界のイイ関係

THOM BROUNE.NEW YORK2016年春夏メンズコレクションは日本を題材にしたものでしたね。

おしろいにサングラスのモデルたちが下駄に足袋、富士山や桜等日本の美しい風景の模様を施したスーツと言った出で立ちで畳の上をゆっくりと進む、なかなか斬新で興味深いステージだと思います。

トム・ブラウン流粋なジャポニズムといったところでしょうか。

スーツの模様はすべてインターシャ編だそうです。インターシャ編とは、編み機で象眼細工のようなはめ込み模様を作る柄編のことで、「象眼で飾る」という意味のイタリア語インターシアーレ(intersiare)に由来します。

インターシャ編の特徴のひとつに、薄く仕上げることがあげられ、アーガイル柄のニットなどに代表されます。上質なスーツの生地に薄く繊細に仕上げられた日本の模様は見た目だけでなく、着心地もおそらく最上級でしょう。

 

 

 

デザイナーのトム・ブラウンはインタビューで語っています。

「服作りの最高のクオリティーというものを考えたとき、思い浮かんだのは日本でした。」

日本の「ものづくり」、メイド・イン・ジャパンを高く評価する者は少なくないけれど、トム・ブラウンもそのうちの一人だと感じます。また、コレクションの服は手で裁ち、縫い合わせているそうで、彼は、「手作業により、時に生まれる不揃いさが独特の美や風合いを生み出します。」と話し、手作業の長所を的確に表現しています。

人々は、産業革命以降の利益や効率重視の視点から職人の手作業を機械化する傾向がありましたが、現代社会はそれがまた、クオリティー重視へと変換していると感じる時があります。トム・ブラウンが日本製品のクオリティーを評価していることはその一例でしょう。

日本のものづくりにはまさに、クオリティー重視である、「職人の手作業」から生まれる独特の美しさがあります。東京だけでなく、例えばニューヨークやパリのような世界都市で、デザイナーと日本の職人がタッグを組み、良質なものや芸術作品が数多く生みだされる未来もそう遠くはないのでは。

また、4年後の東京オリンピック開催を見据えても、「世界の中の日本」を意識せずにはいられません。世界が日本に注目する最大の機会に、日本はどれだけ独自の良さを見せられるでしょうか。

まずは、その良さを再認識することから始まると思います。そうするにあたり、日本で日々、素晴らしいものを生み出し続けている「ものづくり」に関わる人々にスポットライトを当てて見えてくるものがあると感じます。

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

 

無料でカンタンにオリジナルアクセサリーのお見積もりができます。

SELECT-ESTIMATION-02

 

関連記事

THOM BROWNEと東京の職人

デラックスウェア展示会 2015