東京オリンピックで金メダルはダウンロードできない-02

2020年も金メダルはダウンロードできない

投稿日: コメントするカテゴリー: オリジナルコイン・記念メダル, 東京オリンピック

2020年も金メダルはダウンロードできない

先日、広告代理店のお客さんのところへいくつかサンプルのメダルをもっていき、細かいデザインやメッキ色・明暗について打ち合わせしていました。

打ち合わせのあと、サカモト彫刻の工房が神楽坂にあるという話の流れで、新宿区で盛んだった印刷業の話になりました。

新宿区には大手印刷会社の本社があり、むかしから関連や下請けの印刷屋さんが神楽坂・飯田橋を中心に新宿区にたくさんあります。サカモト彫刻もそのような印刷会社が集まっている地域に工房があります。

しかしご存知かもしれませんが紙の印刷業界は元気がありません。

デジタル・IT化によって、紙に印刷という需要は減少しました。

情報は新聞や雑誌やチラシからではなく、スマホの液晶をとおして手に入れる時代になりました。

ニュースはヤフーニュースを見て、会社案内やチラシ・ビラはホームページを見て、POPはネットショップへ、名刺も電子署名など簡単にダウンロード・シェアできます。

つまりスマホで完結してしまいます。

便利ですが地元の印刷屋さんには大打撃です。

 

モノをもたない現代人の喉の渇き

お客さんにも聞かれたのですが、紙・印刷とくらべてメダルや社章などの貴金属・宝飾品は大丈夫なのでしょうか?

もちろんIT 化や時代のトレンドの影響は少なからず受けています。お手軽で効率のよいデジタルコンテンツのマーケットが大きくなるのは当然です。

印刷は媒体が紙そのものからデジタル機器にうつっているので、それに比べれば深刻ではありません。

現代の人々は、スマホ1つもつだけでなんでもできるのであまり本物を見なくなりました。

クレオパトラが身につけていたような黄金の装飾品は美術館でのみ見ることができます。

その美術館にいくのも面倒で、ネットで情報を入手しようとするかもしれません。

だからこそ形のあるモノがめずらしくなって輝きを増しているきがします。

モノをあまりもたなくなった現代人は、喉がカラカラに乾いています。(スマホ疲れ・SNS疲れもあります)

 

2020年は東京でオリンピックが開催されます。

1998年の長野オリンピックから22年ぶりの日本での開催で、東京での開催は56年ぶりです。

世界各国のトップアスリートは3年後、東京に集まってメダルをかけて戦います。

金メダルの授与式で、金属のメダルではなく、QRコードが印刷されたシールが渡されて、

 

金メダルおめでとう!

このシールに記載されているコードをスマホからアクセスして
最高の金メダルをダウンロードしてください!

東京オリンピックで金メダルはダウンロードできない-02

 

となったらどうしましょう。

選手もがっくしきてしまいます。

地球上、最高の結果をだして勝利したものに与えられるメダルは大きくてずっしりと重い、永遠に輝く金メダルです。

【体操男子】内村「めちゃめちゃ重い金メダル」

 


オリジナル金貨・純金コイン・金メダルの製作

記念メダル・オリジナルコインの製作

 

↓ よろしければクリックお願いします!


製造業 ブログランキングへ

 

関連記事

デザインにメダルとコインの違いはあるのか?

一等賞の功績に金メダルを!

 

東京2020ピンバッジが届きました

投稿日: コメントするカテゴリー: ニュース, 東京オリンピック, 社章・ピンバッジ

東京オリンピック2020のピンバッジ

先日、東京オリンピック2020のピンバッジが届きました。

新宿区ものづくりマイスターに送られたPRのバッジです。

2009年に代表の坂本国雄が金型の彫刻技術で新宿区ものづくりマイスター「技の名匠」に選ばれました。

 

東京オリンピック2020のピンバッジ

 

2020年の東京オリンピックが少しずつ近づいてきますね。

ニュースでは東京オリンピックのメインスタジアム、開催費用、開催後の負のレガシー、ロゴからユニフォームまで様々な問題が取り上げられています。

大きな問題が山積みですが、東京オリンピックをすばらしいものにするために前向きな取り組みも同時に進められているかな。

せっかくの東京で開催される一番大きなお祭りです。

私たちにとっておそらく一生で一度のイベントになるでしょう。

インターネットのおかげでわれわれにとって情報がよりオープンになりました。

一次情報がコントロールされずに事実に目を向けやすくなったり、人々が意見を共有しやすくなった一方で、

(とはいってもネット上の情報はほとんどがコントロールされていますが)

良いことでもあるのですが、トップでがんばってるのにヘマすると足をひっぱてひきずりおろすような流れ・社会がいきすぎていないか心配です。


製造業 ブログランキングへ

 

TOKYO2020への引き継ぎ – マリオは賛否両論?

投稿日: 3件のコメントカテゴリー: 東京オリンピック

東京オリンピック引き継ぎ式

東京オリンピック引き継ぎ式

リオオリンピックの全日程が終了しました!

前回のブログでもふれましたが、日本選手が連日メダルを獲得して家庭でも職場でもオリンピックの話題でいっぱいでした。夜もなかなか眠れず、次の日の朝もドキドキの決勝が行われていたり、やっと落ちつくことができます。

最終的に日本は金メダル12個銀メダル8個銅メダル21個、合計41個のメダル(オリンピックランキング世界第6位)を獲得!おめでとうございます。

テレビをつけるとリオオリンピックの閉会式が放送されていました。

小池都知事が着物で登場したので「あれ?」とおもって見ていると東京オリンピックへの引き継ぎ式が始まりました。

その内容がとてもすばらしく感動しました。YouTubeにアップされていたので見てください (^ ^)

 

 

RIO to TOKYO! TOKYO 2020へ引き継ぎ

 

わたしは現実とCGを融合したような映像美に感動しました。

これもポケモンGOなどで話題の拡張現実(AR)なのでしょうか。閉会式場の建物そのものがスクリーンのようになっていて本当にどこまでが現実でどこからがCGなのか分からない。音楽もダンスも賛否ありのマリオの演出も最後のシーンも全部気に入りました。すごい!

このサプライズ的な引き継ぎ式のおかげで4年後の東京オリンピックが一気に楽しみになりました。

いまこのレベルのショーならば新しいスタジアムで行われる東京オリンピックの開会式はどうなってしまうんだろう。4年後のためにマリオをとっておかなくてよかったのだろうかと少し不安になっています。(余計なお世話ですが)

いま4年後の東京オリンピックのチケットをどうやったらとれるか議論しているところです。。

 

東京オリンピックポスター(オマージュ)

引き継ぎ式の映像にでてきたこのシーンは、第一回東京五輪で亀倉雄策氏が製作した
東京オリンピック1964のポスターへのオマージュになっています。

 

 東京オリンピック引き継ぎ式にマリオ

日本が生んだみんなが大好きなキャラクター(スーパーマリオとドラえもん)
本番はどんなキャラクターがでるのか?

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

 

関連記事

オリンピックの金メダルは純金ではない?

あなたのグッジョブに金メダルを

オリンピックの金メダルは金100%ではない?

投稿日: 8件のコメントカテゴリー: オリジナルコイン・記念メダル, 東京オリンピック

オリンピックの金メダルは純金ではない?

リオオリンピック金銀銅メダル

 

日本のメダルラッシュが続いています!

リオオリンピックが14日目を迎えました。

水泳、柔道、卓球、体操、シンクロ、レスリングでメダル!ここまで金メダル10個、銀メダル5個、銅メダル18個と大健闘を続けている日本チーム。

そういえば先日、サカモト彫刻へテレビ関係者から1本の電話がありました。

その内容は、「オリンピックの金メダルは純金ではないのですか?

サカモト彫刻では記念メダル・コインを製造しているのでそのような質問を受けたようです。

意外にもオリンピック大会の金メダルの材質はあまり知られていません。じつはオリンピックの金メダルの素材は純金100%ではないのです。

今回はその部分について触れたいとおもいます。

 

オリンピックの金メダルの材質

オリンピックの金メダルが純金ではないといえる一つ目の理由として重さがあります。

リオオリンピックの金メダルは直径85mm、重さが500gとのことです。(参考【メダルの素材】リオ五輪・金メダルの重さ・大きさ・価値は?

メダルの厚さの情報は入手できませんでしたが、おそらく8mm以上だと思います。このサイズだとメダルの体積は底面積 x 高さで約45㎤となり、純金(K24)の比重は19.3のため、重さは869gとなり実際の金メダルと重さが合いません。(前回の記事「純金、K18、K24って?」)

二つ目の理由は純金の価格です。純金は本日の相場(田中貴金属)で4743円です。このサイズの金メダルの地金代は約412万円!金メダルを1000個は製造するとおもいますのでさすがに、、高すぎるとおもいます。ちなみに銀は現在約70円です。500gのメダルであれば銀の地金代は35000円です。

最後にオチとなりますが、オリンピック憲章で「純度92.5%以上の銀製メダルの表面に6g以上の金でコーティングしたもの」と定められているんですね。

 

2 メダル及び賞状
2.2 メダルは、少なくとも直径 60 ミリ、厚さ 3 ミリでなければならない。1 位及び 2 位のメダルは銀製で、少なくとも純度 1000 分の 925 であるものでなければな らない。また、1 位のメダルは少なくとも 6 グラムの純金で金張り(またはメッキ) が施されていなければならない。(OLYMPIC CHARTER オリンピック憲章

 

6gの金が約30000円とすると、オリンピックの金メダルは地金65000円プラス工賃でしょうか。確認したところ6gの純金をコーティングするためにはもっとたくさんの金が必要であり、そんな単純ではないようです。まあ最低10万円はするのかな。

そのため実際には金メダルの材質(主成分)は銀です。銀は比重が10.5ですので上記の計算で実際の重さの500gに近づきます。

 

 

リオオリンピックのメダル製造(YouTube)

 

 

次に金メッキについて少し触れてみましょう。

6g以上の金メッキというのは通常よりも厚く、我々は「金の厚付け」と呼びます。通常の金メッキ(電解メッキ)ですと約0.1-1μmの厚さこれは0.0001-0.001mmです。そう、意外と薄いんです。

オリンピックの金メダルは、純金メダルではないですが銀に金を厚付けしたメダルなんですね。

東京オリンピックの金メダルもオリンピック憲章にしたがい上記のような材質のメダルになると思います。大きさや厚み、形状を含めデザインがどうなるのか楽しみです。

オリンピック意外の国際大会はオリンピック憲章に従うわけではありませんので、また違う材質が利用されていたり、もしかしたら本当に純金メダルかもしれません ( ^ ^ )

しかし選手の方々の死闘の戦いに純金に見えるメダルでした。毎日の暑さにグッタリの日々、元気と勇気をありがとうございます!

 

(2016/11 追記)

金・銀の重さを計算

お客様からのオリジナル製作のお問い合わせで、金・銀のサイズと重量を質問されることが増えています。そのため金(K24・K18など)や銀(純銀、SILVER925など)の金属のサイズ、直径、厚みから比重計算して地金の重量を計算するツール「地金くん」をリリースしました。無料でつかえるオンラインツールですので是非ご利用ください!

例えば、「純金で500円玉サイズのコインを製作したいのですが金の地金代はいくらですか?」とご質問を受けます。

500円玉は直径が26.5mmで厚みが約1.8mmです。本ツールでは①直径と②厚さをミリ単位で入力して③金属の種類を選べばその金属の重さが表示されます。金・銀は1gあたりの価格が相場で公開されていますので、重さがわかればおおよその地金代は計算ができます。実際に、その地金を手にいれるためにはその地金を丸板や角板に加工する工賃がかかるのでツールはあくまでも参考情報としてご利用ください。

 

 

地金重さ計算ツール「地金くん」はこちら

地金重さツール使い方

 

 

オリジナルコイン・メダルの製造はこちら

オリジナルコイン・記念メダル・レプリカの製作を承ります。

東京オリンピック1964メダルレプリカ表 / 真鍮・金メッキ・ホーニング仕上げ
東京オリンピック 金メダル レプリカ

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

 

関連記事

マリオは賛否両論?TOKYO2020へ引き継ぎ

えっ?十円玉は10円でつくれない?