オリジナル家紋メダル・コインの製作はこちら

家紋をデザインするなら知るべき3つの家紋

投稿日: 5件のコメントカテゴリー: 歴史・文化・職人, 社章・ピンバッジ

日本代表の3つの家紋

サンプルとして残っている家紋がはいった社章メダルなんかを見ていると、「家紋」がデザインの一部に使われていることに気づきます。

なぜこの学校はこの家紋を使うのだろう? その理由や歴史的背景がわかってくるとなかなか興味深いです。

現在も家紋のデザイン・作成で五三の桐紋や八重桜、16枚ではない菊紋を描くことがありますのでこれらの家紋の種類について少し調べてみました。

今回は日本を代表する家紋として特に有名な桐紋葵紋菊紋の3種類についてご紹介します。

 

 

桐紋 – 豊臣秀吉と天皇家 –

まずは桐紋です。意識していないとあまり気づきませんが、おそらく誰もが一度は見ているはずです。

桐紋は天下統一を果たした豊臣秀吉家紋にしていたことで有名です。桐紋はのちほどご紹介する菊紋とともに天皇家の家紋ですが、桐紋は後陽成天皇から豊臣秀吉に与えられています。

「桐」というのは、中国の神話に出てくる鳥・鳳凰が止まる木とされていました。そのため昔から神聖なものとして扱われていたそうです。こうした風習が日本にも伝わり、皇室のみが利用できる格式ある紋章として使われていたそうです。

桐紋にもいろいろな種類がありますが、有名なものは図の五三の桐(ごさんのきり)と五七の桐(ごしちのきり)です。

五三と五七。この数字の意味は家紋のなかにある花の数を示しています。

五三桐は花の数が 3、5、3と並んでいます。また五七桐は花の数が5、7、5と並んでいます。

日本政府の家紋もこの桐紋で、政府の紋章は五七の桐、法務省や皇宮警察の紋章は「五三の桐」です。

五百円玉をみてください。そうです、ここにも桐が入っています。しかしリアルすぎて五七なのか五三なのか分からない。。

桐紋が天皇家の副紋であること、豊臣秀吉が朝廷から桐紋をさずかったように政権の家紋という意味合いもあります。

五三桐紋(豊臣家内閣府)
五三桐(ごさんのきり)
五七桐(ごしちのきり)

 

葵紋 – この紋所が目に入らぬか –

水戸黄門の格さんと助さんが登場、悪者をたおして大喝!

この紋所が目に入らぬか

小さい頃よく水戸黄門をみていたせいか、この家紋をみるとちょっとびくっとします。ドラマの設定が正しければ江戸時代、悪者たちはこの家紋を見ただけで怖気づいてしまったでしょう。

こちらの家紋は三つ葉葵(みつばあおい)と言い、葵の葉を3つ描いた徳川家の家紋でした。

葉っぱの家紋なのですが、この葉はフタバアオイといって通常の葉の数は2枚で3枚葉のものは存在しないそうです。つまり三つ葉葵は三つの葉をもつ架空のフタバアオイです。

天皇は豊臣のあと政権をにぎった徳川にも桐紋を与えようとしました。しかし徳川はこれを固辞したため葵紋の格が上がったとのことです。

徳川の葵の紋

徳川の葵の紋(三ッ葉葵)

 

菊紋 – 花びらを数える癖

さいごは菊花紋章(菊紋)です。警視庁の徽章や国会議員の議員バッジ、また競馬レース菊花賞にもこの菊紋が使用されています。菊の花言葉は「高貴」と「高潔」と「高尚」です。

花弁が陽光に似ていることもあり、古くから天皇家のシンボルとなっています。ちなみに菊は英語でchrysanthemum (クリサンセマム)といい、黄金の花という意味を持っているそうです。

じつはこの菊紋は花びらの数とデザインがとても繊細かつ重要で気をつけないといけません。

菊紋のうち、八重菊を図案化した菊紋である十六八重表菊は日本の天皇および皇室をあらわす紋章です。もともとは天皇家の紋章は日月紋(じつげつもん、横長に丸が2つ描いた紋)であり、法令化された菊紋との関係は調査中です。

 

「十六八重表菊」が公式に皇室の紋とされたのは、1869年(明治2年)8月25日の太政官布告第802号による。親王家の菊花紋として十六葉の使用を禁止し、十四葉・十五葉以下あるいは裏菊などに替えることとした。また、1871年(明治4年)6月17日の太政官布告第285号で、皇族以外の菊花紋の使用が禁止され、同第286号で、皇族家紋の雛形として十四一重裏菊が定められた。その後、1926年(大正15年)に制定された皇室儀制令(大正15年皇室令第7号)第12条[4]、第13条[5] によって正式に定められている。(Wikipedia

 

十六八重表菊は天皇家のみがお使いになられる家紋です。ですのでこれらをあるブランドのロゴや商品の一部に使用することはできません。ちなみに日本国のパスポートは簡略化された十六弁一重表菊紋となっています。

このほかにも花びらが10枚の十菊紋十六裏菊紋菊を半分水に流した菊水紋などがあります。(家紋一覧表

サカモトもお客様からデザインを送っていただいたさいに16菊紋が入っている場合は、お客様にその理由をお聞きして、場合によっては一部デザインを変更していただくか、製作をお断りさせていただいております。

そのため私たちは菊紋をみたときに花びらの数を数える癖があります。

 

十六弁八重表菊紋

十六八重表菊紋

十六菊紋

十六弁一重表菊紋

硬貨にも菊紋

明治硬貨にも十六菊

 

今回は桐紋、葵紋、菊紋の3種類をご紹介しましたがいかがでしたか?

この他にも日本には広くつかわれている5つの家紋、五大紋があります。

五大紋(ごだいもん)は、日本の家紋のうち、一般的に特に多く分布する藤、桐、鷹の羽、木瓜、片喰の5つの紋のことを指す。
またこれらに、蔦、茗荷、沢瀉、橘、柏の5つを加えて「十大紋」と呼ぶ。
(https://ja.wikipedia.org/wiki/五大紋

また自分の家紋の調べ方もあるらしいので調べてみては? (苗字から家紋を調べる方法!検索に便利サイトで家の由来・ルーツを探る

五百円玉やパスポートや議員バッジなど現代に残る家紋、次回はこの五大紋や戦国武将の家紋海外の紋章にもふれていければと思います。

 

関連記事

社章は死んだのか?社章は日本独自の文化

真田家の家紋・六文銭の謎に迫る

 

オリジナル家紋メダル・コインの製作はこちら
 家紋入りデザインのメダル・コインやアクセサリーを製作?

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

家紋メダル(八重桜)
八重桜の家紋メダル(真鍮製、肉彫り、全面磨き)

 

コイン製造に金型が必要な3つの理由

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: オリジナルコイン・記念メダル, 歴史・文化・職人

なぜ金型が必要なのか?

というのはモノをつくる上で必ずついてまわるものです。

型があれば同じものを正確に高速で量産が可能となります。たこ焼きでもそうです。生地を型(たこ焼き機)に流し込んでまとめて10個、20個つくります。もし型がなければ一個一個おにぎりのように手で作らないといけません。手間(コスト)がかかります。

そもそもたこ焼きは熱すぎておにぎりのように手でこねこねできないので、さて、どうやって作ろうか。。

オリジナルのTシャツを作るのにも版代がかかってきます。コイン、社章、キーホルダーの金属製品の場合は、はじめに金型・原型をつくります。

これらの金属製品を製造するために鍛造・金属プレス、鋳造タイプのラバーキャスト、ダイカスト、ロストワックスなど様々な製法がありますがどれも原型がなければつくれません。オリジナル製品をつくるのには型の製造が必要です。

金型を製造する理由には次の3つが挙げられます。

 

1. 製造のスピードを上げる(短納期)
2. 製造のコストを下げる(低コスト)
3. 製品の品質を安定させる(高品質)

 

金型があれば次の製造工程でたこ焼きのようにホイホイと量産することができます。また、それにより一個製作のコストが下がります。もうひとつは製品の品質です。コインの製作をもし一個ずつ製作したらどんなに凄腕の職人でも全く同じものを何百個も作れません。特にコインなどは直径や厚み、重さの指定があるものです。金型のみならず抜き型枠打ち型絞り型などを使うことによって製品の品質を安定して高めることができるのです。

つまり金型は製造において高品質(HIGH QUALITY)低コスト(LOW COST)短納期(SHORT DELIVERY)QCD戦略を進める上でかかせないアイテムとなります。

さらにサカモトは金型に高い芸術性(アート)をのせた 「QCDA戦略 」で戦っています

品質、コスト、納期 + 芸術性
サカモト彫刻は、品質、納期、コストに+アートのQCDA戦略

 

金型代と製造単価は別

基本的に金型代と製造単価は別です。

製造業者によっては金型代が記載されてないものがありますが、その場合は単価に上乗せしています。金型は鋼や鉄の土台に製品と同じ形のものが彫られています。最初の一個をつくるような作業であり、土台の材料代や金属彫刻のコストなどがかかります。

コインやメダルを製造する場合は、地金代(材料代)のほかに製造・磨き・メッキ・仕上げの工賃を合わせて、一個の製造単価となります。これらは一個あたりにかかってくる作業ですので単価計算します。

それに対して、金型は1個だけつくりますので単価とは別の費用です。金型代を個数でわって上乗せしたものを製造単価とするか、金型代と製造単価は別とするかは分け方の違いです。金型はつくってしまえば、こわれるまで使えるので2回目以降の製作では費用がかかりません。その意味では金型代と製造単価は分けておいたほうがよいでしょう。

 

 

金型代と製造単価の関係

 

単価をおさえるためには?

例えばある記念コインの製造について、金型代が2万円、製造単価が300円かかるとします。

小ロットで50枚のみ製造する場合は、金型代を枚数でわって400円が単価に乗って一枚あたり700円かかります。同じコインを1000枚製造する場合は、20円がのって一枚あたり320円かかります。さらに製造単価も製造枚数がふえればコストが下がるため300円よりもさがります。どうしでも小ロットの製作は単価があがりますので、下げるためにはある程度まとめて作ることなります。

サカモト彫刻はお客様の予算の範囲でできるデザイン仕様について仕上げイメージをつくってご提案いたします。

オリジナルメダル サンプル 用語集

 

コストをあまり下げていくと片面のみになったり、安価な仕上げになるなどいろいろ制約がでてきます。いいモノというのはそれだけお金がかかるってことですね。

 

→ オリジナルコインの製造

金型製造ページ

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

AIに負けない職種NO1は製造業?

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: キーホルダー・アクセサリー, 歴史・文化・職人

AI搭載のロボット登場でなくなる仕事は?

本日のヤフーニュースで気になる記事を読みました。

人工知能(AI)が進化すると、人間の仕事をロボットがおこなうようになり、営業職までやってしまうのかという記事でした。

なくなる? なくならない? 営業職はAIに代替されにくい仕事なのか?

ううむ。

まず人工知能をもたないロボットでもプログラムされた動きにはとても強いため特に大企業での製造業はロボットが活躍しています。しかし下町ロケットではありませんが、完全なロボット工場ではない大田区の町工場でしか再現できない技術・職人技というのもあります。

3Dプリンタが製造業を消滅させるのでは?と長年言われていますが、多くの製作所では精度や生産性の問題などまだまだフル活用されていない現実があります。

 

人工知能を搭載した真鍮製ロボット君
AIを搭載したロボットが降臨?

いま将棋の世界では人工知能の将棋ソフトが羽生善治名人と対戦する可能性があります。将棋でいうと棋譜がビッグデータで将棋のソフトウェアが人工知能になっています。ランダムに行う膨大な計算が人間の一瞬のひらめきを超えていく?

Googleが開発した「アルファ碁」が、韓国のトップ棋士であるイ・セドル名人を倒しました。

人工知能ponanzaの成長が止まっていません。AIの進化のスピードを考えると人類に勝つ日も時間の問題なのか?

 

もし羽生善治名人が人工知能に負けたら、将棋は終わりなのか?

今年2016年は電王戦あらため、第1期叡王戦が現在進行形で行われています。山崎隆之八段と「ponanza」が対局しています。第1局は「ponanza」の勝利でした。

 

Yahooの記事を読んでいて思ったのですが、どの業種もあるていど部分的に人工頭脳がカバーできるようになってくるでしょう。業界によったらもしかしたらほとんど全てをカバーできてしまうかもしれません。そうすればその業界はロボットが独占です。

0から1を生み出すことに近い能力、クリエイティブ能力、起業(経営)、アートなどがおそらく人間の強みであり、この部分を奪われるとたぶんやばいです。

 

最新の人工知能はどうなっているのでしょうか。
人工知能 (AI) はどこまで進歩しているのか – 4つの知能レベルと実商品例 –

 

レベル1・・・単純な制御プログラム

温度の変化に応じて機能するエアコンや冷蔵庫など。「人工知能搭載の◯◯」といった、マーケティング用語として用いられる場合もある

レベル2・・・対応のパターンが非常に多いもの

将棋のプログラムや掃除のロボット、質問に答える人工知能など、弱いAIがこれにあたる

レベル3・・・対応パターンを自動的に学習するもの

検索エンジンやビッグデータ分析で活用される。機械学習を取り入れたものが多く、特徴量は人間が設計する

レベル4・・・対応パターンの学習に使う特徴量も自力で獲得するもの

ディープラーニングを取り入れた人工知能が多く、高度な分析が可能

 

職種 危険度 内容
製造 ★★★ プログラムされた動きはロボットは得意なので危ない。ロボット君がAIを搭載したら、、
営業 ★★ WEB時代ではメルマガやWEB,  SEOによるネット集客が効果を発揮している。ソフトウェアで代替できる割合が増えてきた。ネットサーフィンしていると、ふと自分が興味のある商品が画面右下にあわられてビクッとする。
デザイン・設計 ★★ 様々なテンプレートや部品を組み合わせてデザインをおこない、ユーザーのニーズに合うものを絞り出すことが可能か?新しい家紋をデザインする場合、既存の家紋の膨大なデータから特徴やパターンを割り出したり部品化し、再構築した30個の新家紋の中にかなりいけてるものがいくつもあるかも。

 

AIを搭載したロボットが製造君、営業君、デザインさんが無双しはじめたらぼくたち人間の仕事の多くがなくなってしまいます。

「ちっ、今月の営業成績、ロボット君が2位か。7位のおれって。。」

今までと同じくらいの国のGDPをほとんどがロボットが稼いでくれたら人間が働かなくてもやっていけるのでしょうか。ロボットに給料を払う必要がない。メンテナンスとアップデート費用がかかりそうですがレベル4の人工知能はおのれでアップデートしていくのか。

このような、95%の人が働かない時代がくるのでしょうか?そうしたら失業率という言葉がナンセンスになります。むしろなんでおまえ働いてるの?となる。

社会のヒエラルキーの上層部にAIロボットをたくさん所有する富豪オーナーが位置し、次に一部のAIより優秀な人間、次に無双する優秀なAIロボット、その次に多くのロボットより生産性の低い大多数の人類となるのでしょうか。

あるとき、人類の労働を奪おうとする人工知能に国民が反発してAI規制法が誕生するのでしょうか?

仮に日本だけ人工知能に規制をかけても、諸外国が人工知能をフル活用して無双し始めると外国との国力の格差が広がります。めちゃくちゃ安価で高品質の製品が海外からやってくる。日本が経済後進国となりそうです。

すいません、最近ずっとロボコップとターミネーターの映画ばっかり見ていることもありこんなことばっかり考えていました。。

サカモト彫刻の新コンセプト「ものづくり3.2。みんなにオープンな製造業

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

 

関連記事

ビットコイン / そして世界は仮想化へ

マリオは賛否両論?TOKYO2020へ引き継ぎ

新コンセプトは「みんなにオープンなものづくり」

 

オリジナルコインキーホルダーの製造はこちら

真鍮製 早稲田ロボットキーホルダー

↓↓↓ アンケートをつくっみましたのでよかったら投票ください ^_^

 

 

江戸通貨 / 東京江戸ウィーク2016

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: イベント・展示会・EXPO, オリジナルコイン・記念メダル, 新商品・製品, 歴史・文化・職人
江戸通貨(東京江戸ウィーク2016)オリジナルコイン 古銭 六文銭 小判 大判 記念コイン メダル
江戸通貨(東京江戸ウィーク2016)

 

江戸通貨

今年のシルバーウィークは9月22日から25日まで上野で東京江戸ウィークというイベントが開催されます。

イベントでは江戸時代へタイムスリップしたかのような空間が演出され、和装、食、工芸、芸能の4つのカテゴリで多くの出店があり賑やかになりそうです。「秋ゆかた」が提案されているそうで私もなにか和装してみようかな。

また「江戸通貨」というイベント内だけで利用できる独自の通貨が発行されます。単位は「両」です。

五百両は、表は江戸で流行した碁石を散らしたような石目模様、裏には四つの家紋が入った穴開きコインで、まるで江戸時代に存在していたかのようなデザインです。

 

江戸時代の人々はこのような古銭に紐を通して江戸の町を闊歩し、ときには行きつけの蕎麦屋に立ち寄ったりしていたのでしょうか? 江戸にはこんなことわざもありました。

 

江戸っ子は宵越しの銭は持たぬ

「宵越しの銭」とは、一夜持ち越す金のことをいう。
江戸の職人は、その日に稼いだ金はその日のうちに使ってしまい、貯めることを潔しとしないのだと、江戸っ子の金離れのよさを誇っていう言葉。江戸っ子のやせ我慢で言っているいうとも受け取れる。

 

いまも東京の職人は江戸の城下・職人の町だった浅草・御徒町や神楽坂などに割りと多いです。このことわざのように生きている人が多い気がする。。(御徒町、貴金属店が多い理由?

こういう話をききました。

江戸時代、吉原で遊ぶお金持ちの商人は、あまり派手な格好をしていると夜道、お侍さんに目をつけられ場合によっては斬られてしまうこともあったそうです。そこで商人は外見はみすぼらしいかっこうをして金ぴかではなく地味なキセルをもってこっそり吉原にはいったそうな。

でも地味なキセルは「赤銅(しゃくどう)」といって黒の中にうっすら紫や赤が見えるなんともいえない美しさがあります。実は赤銅には銅に金がはいっているんです。赤銅のキセルを持っているということは間違いなくお金もってます。。!

着ている服はじつは裏地には派手な刺繍が入っています。赤銅のキセルを片手に遊んで、また帰るときは着物をひっくり返してこっそり帰ったのかも!表と裏、隠し、チラ見せのオシャレ。

30年前までは赤銅や象嵌(ぞうがん)で徽章・社章・記念品を製作することも多かったそうですが、いつのまにか赤銅を求めるお客さんも作る職人さんもほとんどいなくなってしましました。

先日新宿紀伊国屋で江戸火消しの地図を手に入れました。新宿区では矢来町、箪笥町、二十騎町など当時の町名が残っていて地図を読んで感動です。一度でいいから江戸時代にタイムスリップして一日ぐるっと散歩してみたいな。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

 

関連記事

幕末・明治期の金工界を知る

真田家の家紋・六文銭の謎に迫る

現代によみがえる社章・ピンバッジ

「社章」は死んだのか?社章は日本独自のかっこいい文化

投稿日: 3件のコメントカテゴリー: 歴史・文化・職人, 社章・ピンバッジ

誇りをもって街を歩ける社章

最近では多くの企業の社員証が、バッジの社章から社員カードに切り替わりました。

社員カードはICチップが埋められているのでオフィスへの入館認証や売店で使えたりします。

社員カードは機能的です。ただし会社の個人情報を常に身につけているため紛失したり盗まれたりすると重要なセキュリティ問題となるので社員はヒヤヒヤものです。

しかし首からぶらさげるプラシチックのカードはあまりかっこよくないです。どの企業も同じように見えて個性もない。やはりビジネススーツにシルバーに輝く社章・ピンバッチはかっこよいです。

 

おい、サカモトさん、社章はもう終わったよ

 

ちょっと待ってください。サカモト彫刻は長く社章、認定バッジの製造に携わっていますが、近年、再び企業からの社章・ピンバッジの製作依頼が増えてきています。

さまざまな理由があると思いますが、街に社章をつけて無双するビジネスパーソンが増えるとおもうとワクワクします😎

 

社章は日本独自の文化?

社章は会社のロゴがはいったバッジです。父、祖父の昭和世代ではビジネススーツに社章をつけるスタイルは定着していました。このようなバッジは戦後に欧米からはいってきたものでしょうか?

われわれは30年以上、現在の千代田区周辺を発祥とする徽章(きしょう)業界の仕事をしておりますが、先輩方にうかがうと、スーツに社章(バッジ)をつけるビジネススタイルは欧米にはなかった(日本ほど流行していなかった)そうです。

 

日本マイクロソフトの社章は、米本社にも広がるか?

 

徽章・社章にみられるロゴを身につけるスタイル。徽章業が江戸の飾職人をひとつのルーツにもつことを考えると、家紋にいきあたります。

家紋は日本最古のロゴです。武家のみならず兜や刀の鍔など武士の時代から日本人はロゴを身につけるスタイルが定着していました。武家以外にも家庭ごとに家紋があったそうです。

そういうえば祖母の着物にも家紋が入ってました。

 

家紋に残されたメッセージ 桐紋と菊紋

 

NHKの大河ドラマ「真田丸」がまもなく戦国時代に突入しますが、徳川家、豊臣家、真田家、石田家が家のため未来のために家紋をまとった鎧や兜をつけて戦った熱い姿が、戦後、昭和のサラリーマンがスーツに社章をつけてビジネスの世界で戦った姿と重なります。

社章そのものが素敵なのですが、背景や歴史を知るとさらに好きになります。社章はかっこいい

 

電通の社章がオークションで高値で取引されてる?

NEC社章

Asahi社章

法務省バッジ

 

社章がもつ個性や高級感

シルバーに文字部分を金色にして輝かせる。黒を基調にするなら伝統的に愛されてきた「ダムシン仕上げ」とよばれる焼き漆によるマットな黒は高級感がでます。

社長・会長用には純銀製にしてグレードを上げる。裏にはSILVERの刻印。社章は2cmの小さな世界のなかで材質、デザイン、磨き、メッキ、仕上げで無限の組み合わせで個性を表現することができます。

「現代と伝統の融合」がひとつのトレンドになってきています。たとえば江戸で愛されていた碁石を散りばめたような「石目」や「あらし」模様を入れるのも素敵です。

鏨 (たがね)と呼ばれる彫刻道具で職人が手で入れていきます。

サカモト彫刻ではイラストレーターを中心にお客様のデザイン、アイデアをもとに仕上がりイメージをつくり、製作へと進めていきます。

企業ロゴ、テーマカラー、プライドをこの小さなバッジの中に反映させる。昔も今も、社章はひとつの企業ブランディング、差別化戦略の形ではないでしょうか。

 

サカモト彫刻は小ロットから5000個以上の製作にもご対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

→ オリジナルバッジ・社章のオリジナル製作ページ へ

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

 

関連記事

真田家の家紋・六文銭の謎に迫る

家紋に残されたメッセージ – 桐紋、葵紋、菊紋 –