鏨職人による鳳凰と龍の彫刻(週刊ダイヤモンド掲載のタイピン・カフス)

鏨職人による鳳凰と龍の彫刻

2011年、週刊ダイヤモンドに「日本が誇る、東京発の匠のワザ」という特集でサカモト彫刻を紹介していただきました。

12227720_1150151995076602_133467269851879551_n

 

サカモト彫刻はキーホルダーやストラップ、社章、メダル等の金属製品、アクセサリー全般を製作しております。機械彫りもが主流のなか、今では珍しく、日本の伝統である鏨(たがね)を数百種類用意して味わい深い原型彫刻を仕上げています。場合によっては、道具である鏨を製作することもあります。

 

9C12D0A2-5202-4809-A39D-4DB1FD8969C4

 

雑誌掲載の企画として、サカモト彫刻で干支の龍の彫刻をあしらったネクタイピン(製作ギャラリー「龍のタイピン」)、カフスを製作して商品を掲載していただきました。(画像をクリックしてディテイルをご確認ください)

弊社スタッフはいまでも、ときどきこのネクタイピンを着用して仕事しています。

 

→ オリジナルタイピン・カフスの製作はこちらへ

 

シルバータイピン・カフス