オリンピックの金メダルは金100%ではない?

投稿日: カテゴリー: オリジナルコイン・記念メダル, 東京オリンピック

オリンピックの金メダルは純金ではない?

リオオリンピック金銀銅メダル

 

日本のメダルラッシュが続いています!

リオオリンピックが14日目を迎えました。

水泳、柔道、卓球、体操、シンクロ、レスリングでメダル!ここまで金メダル10個、銀メダル5個、銅メダル18個と大健闘を続けている日本チーム。

そういえば先日、サカモト彫刻へテレビ関係者から1本の電話がありました。

その内容は、「オリンピックの金メダルは純金ではないのですか?

サカモト彫刻では記念メダル・コインを製造しているのでそのような質問を受けたようです。

意外にもオリンピック大会の金メダルの材質はあまり知られていません。じつはオリンピックの金メダルの素材は純金100%ではないのです。

今回はその部分について触れたいとおもいます。

 

オリンピックの金メダルの材質

オリンピックの金メダルが純金ではないといえる一つ目の理由として重さがあります。

リオオリンピックの金メダルは直径85mm、重さが500gとのことです。(参考【メダルの素材】リオ五輪・金メダルの重さ・大きさ・価値は?

メダルの厚さの情報は入手できませんでしたが、おそらく8mm以上だと思います。このサイズだとメダルの体積は底面積 x 高さで約45㎤となり、純金(K24)の比重は19.3のため、重さは869gとなり実際の金メダルと重さが合いません。(前回の記事「純金、K18、K24って?」)

二つ目の理由は純金の価格です。純金は本日の相場(田中貴金属)で4743円です。このサイズの金メダルの地金代は約412万円!金メダルを1000個は製造するとおもいますのでさすがに、、高すぎるとおもいます。ちなみに銀は現在約70円です。500gのメダルであれば銀の地金代は35000円です。

最後にオチとなりますが、オリンピック憲章で「純度92.5%以上の銀製メダルの表面に6g以上の金でコーティングしたもの」と定められているんですね。

 

2 メダル及び賞状
2.2 メダルは、少なくとも直径 60 ミリ、厚さ 3 ミリでなければならない。1 位及び 2 位のメダルは銀製で、少なくとも純度 1000 分の 925 であるものでなければな らない。また、1 位のメダルは少なくとも 6 グラムの純金で金張り(またはメッキ) が施されていなければならない。(OLYMPIC CHARTER オリンピック憲章

 

6gの金が約30000円とすると、オリンピックの金メダルは地金65000円プラス工賃でしょうか。確認したところ6gの純金をコーティングするためにはもっとたくさんの金が必要であり、そんな単純ではないようです。まあ最低10万円はするのかな。

そのため実際には金メダルの材質(主成分)は銀です。銀は比重が10.5ですので上記の計算で実際の重さの500gに近づきます。

 

 

リオオリンピックのメダル製造(YouTube)

 

 

次に金メッキについて少し触れてみましょう。

6g以上の金メッキというのは通常よりも厚く、我々は「金の厚付け」と呼びます。通常の金メッキ(電解メッキ)ですと約0.1-1μmの厚さこれは0.0001-0.001mmです。そう、意外と薄いんです。

オリンピックの金メダルは、純金メダルではないですが銀に金を厚付けしたメダルなんですね。

東京オリンピックの金メダルもオリンピック憲章にしたがい上記のような材質のメダルになると思います。大きさや厚み、形状を含めデザインがどうなるのか楽しみです。

オリンピック意外の国際大会はオリンピック憲章に従うわけではありませんので、また違う材質が利用されていたり、もしかしたら本当に純金メダルかもしれません ( ^ ^ )

しかし選手の方々の死闘の戦いに純金に見えるメダルでした。毎日の暑さにグッタリの日々、元気と勇気をありがとうございます!

 

(2016/11 追記)

金・銀の重さを計算

お客様からのオリジナル製作のお問い合わせで、金・銀のサイズと重量を質問されることが増えています。そのため金(K24・K18など)や銀(純銀、SILVER925など)の金属のサイズ、直径、厚みから比重計算して地金の重量を計算するツール「地金くん」をリリースしました。無料でつかえるオンラインツールですので是非ご利用ください!

例えば、「純金で500円玉サイズのコインを製作したいのですが金の地金代はいくらですか?」とご質問を受けます。

500円玉は直径が26.5mmで厚みが約1.8mmです。本ツールでは①直径と②厚さをミリ単位で入力して③金属の種類を選べばその金属の重さが表示されます。金・銀は1gあたりの価格が相場で公開されていますので、重さがわかればおおよその地金代は計算ができます。実際に、その地金を手にいれるためにはその地金を丸板や角板に加工する工賃がかかるのでツールはあくまでも参考情報としてご利用ください。

 

 

地金重さ計算ツール「地金くん」はこちら

地金重さツール使い方

 

 

オリジナルコイン・メダルの製造はこちら

オリジナルコイン・記念メダル・レプリカの製作を承ります。

東京オリンピック1964メダルレプリカ表 / 真鍮・金メッキ・ホーニング仕上げ
東京オリンピック 金メダル レプリカ

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

 

関連記事

マリオは賛否両論?TOKYO2020へ引き継ぎ

えっ?十円玉は10円でつくれない?

 

オリンピックの金メダルは金100%ではない?」への8件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です