コイン製作で知るべき7つの用語

投稿日: カテゴリー: オリジナルコイン・記念メダル

コイン製作で知るべき7つの用語

オリジナルコインガイド GUIDE TO COIN MAKING

昨年からサカモト彫刻にはオリジナルコインや記念コインの製作の依頼が増えています。

お客様とオリジナルコインのデザインの話をしていて用語があまり伝わらないことがあります。

例えば「コバは磨きますか?

お客様にいっても伝わりません。逆に「コバ磨いてください」と言われたら同業者の可能性があります。ちなみに小林さんのことではありません。

今回はコインやメダルやキーホルダーなどの金属製作に関係する専門用語を少し紹介したいと思います。(覚える必要はありません。テストにもでません。)

 

オリジナルコインに関する専門用語

オリジナルコインやメダルを製作するうえで知っておいたら便利な7つの用語を紹介します。

 

オリジナルコインの用語。記念メダル用語集
コイン製作の用語を知ろう!

 

コバ

コインの側面部分のこと。側面がピカッと光るようにしたい場合はコバを磨きます。ぎゃくにコバをそんなに磨かないで自然な仕上げにするのもありです。

 

地面

コインの文字やモチーフが入ってない平らな地面の部分。コインの凸部分は磨いて光沢をだし、地面の部分は光沢をおさえる仕上げにすることが多い。コインの地面の光沢をおさえることで凸部分のデザインがより際立つ。

 

ヘリ

コインの周辺の地面から一段高くなっている部分。コインのヘリの幅をどうするかもコインデザインの一部。

 

文字凸、文字凹

コインの地面から一段高くなっている文字を文字凸(モジとつ)、一段低くなっている文字を文字凹(もじへこ)と呼ぶ。図のコインではヘリと文字凸の部分が一番高く、次に地面、そして文字凹の部分が一番低くなる。

 

平彫り

平彫り(ひらぼり)。金型の彫刻手法で地面に平行に平らに彫刻すること。コインの上に下敷きをおいてガタガタしなければヒラ彫り。サカモト彫刻は金型屋ですので、どんなフォントやロゴ、梵字などの変わった文字も対応できます。詳細は金型製作のページへ。

 

肉彫り

肉彫り(にくぼり)。金型の彫刻手法で立体的に彫刻すること。

シンプルに山なりにする場合や人物像など肉感を正確に再現する場合など様々な表現方法がある。詳細は金型製作のページへ。

 

バフ磨き・バフ仕上げ

金属表面をきれいに磨く加工法。皮や布などの柔らかい材質のもの(バフ)に砥粒を付け、このバフを道具で回転させながら金属表面に当てて磨いていく。

例えば 板バフとよばれる磨き加工は、地面に平行に当てるため、製品の一番高い部分を磨くこととなる。図ではヘリと文字凸の部分。

 

(10/12 更新)
コイン製作用語集のページをつくりました。
分からない用語があればこちらでご確認ください!

 

いかがでしたか? これだけ知っていれば製作所さんと話がしやすいかもしれません。

また次回、コインの磨きやメッキの種類、手法についても触れていきたいと思います。

 

オリジナルコイン・記念メダルの製作はこちら

オリジナルコイン一覧 ・記念メダル一覧 金貨 銀貨 通貨発行所

 

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

 

コイン製作のご相談、お気軽にお問い合わせください。

オリジナルコイン・記念メダルの製造
オリジナルコイン・記念メダルの製造

 

 

関連記事

オリンピックの金メダルは純金以外でできている?

10円玉は10円でつくれない?

 

コイン製作で知るべき7つの用語」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です