第一回ノーベル賞は「メダルなし」だった?

投稿日: カテゴリー: オリジナルコイン・記念メダル, ニュース, 東京オリンピック

第一回ノーベル賞はメダルなしだった?

2017年のノーベル文学賞に、日系イギリス人作家のイシグロ・カズオ氏(62)が選ばれました。

長崎生まれのイギリス人、イシグロカズオ。海洋学者の父がイギリス政府に招かれて家族で渡英とのことです。

政府に招かれて移住ってそんなことあるんだな。(追い出されてとかじゃなく)

ノーベル賞が発表された時期なので、ノーベル賞のメダルのことを少し調べてみました。

ノーベル賞(ノーベルしょう)は、ダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルさんの遺言に従って1901年から始まった賞です。

遺言においてノーベルは、「私のすべての換金可能な財は、次の方法で処理されなくてはならない。私の遺言執行者が安全な有価証券に投資し継続される基金を設立し、その毎年の利子について、前年に人類のために最大たる貢献をした人々に分配されるものとする」と残しています。

1974年(昭和49年)、佐藤栄作に贈られたノーベル平和賞の金メダル(wiki

ノーベル賞に関するおもしろい話を2つ見つけました。

ノーベル賞の受賞者は金メダルが贈られますが、第一回の受賞のときにメダルが間に合わなかったため、第二回からメダルが授与されたそうです。とほほ。

もう一つは、ノーベル賞メダルの材質です。

1980年以前は、ノーベル賞メダルは純金製(K24)だったそうです。

しかしメダルを落としたりぶつけたりすると、すぐ曲がったり、傷がつきやすかったため、18金に24金メッキする仕上げに変更になったそうです。(重量は約200g、直径約6.6cm)

(前回記事)オリンピックの金メダルは金100%ではない?

ノーベル賞が設立された理由は、ノーベルが若い女に騙されたことがきっかけ

たしかに純金はとてもやわらかいです。

純金の板は手で簡単に曲がります。また傷もつきやすいです。そのため身につけたり実用性のあるアクセサリーやジュエリーは18金であることがおおいです。

第一回にノーベル賞を授与されたかたはメダルなしだったのでしょうか?おそらく後で渡されましたよね。。じゃなかったらほんととほほだ。

 

↓ 記念メダル・表彰コインの製作はこちらへ

オリジナルコイン一覧 ・記念メダル一覧 金貨 銀貨 通貨発行所

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です