オリジナル社章・認定バッジの製作

オリジナル社章・認定バッジの製作

サカモト彫刻」は、東京神楽坂で社章・ピンバッジ・認定バッジを製造している製作所です。

企業の社章、認定資格の認定バッジ、ノベルティ関係のピンバッジなどの金属製バッジを製造しております。

製作個数は、小ロット(要相談)から量産・5000個以上の製造にも対応いたします。

金型の彫刻技術が評価され2011年に東京都 技の名匠 (東京マイスター)に認定されました。

シルバー x ゴールドの2色メッキの社章
新宿区技の名匠の認定品バッジ
新宿区技の名匠の認定品バッジ

社章製作のコンセプトは

胸につけて誇りをもって街を歩けるバッジ」です。

社章は日本独自の文化?

関連記事

社章は死んだのか?社章は日本独自の文化

社章は今も会社のブランド力をあげる

 

社章・ピンバッジ製作の歴史

私たちは30年以上、宝飾・徽章(きしょう)業界を中心に、メダル・コイン、社章などの宝飾品・金属小物を中心に製品の金型製作・彫刻に携わっています。(その他、高級タイピン・カフス・キーホルダー・アクセサリー等)

また鍛造(プレス)・磨き・メッキ等の金属加工の職人とともに製品の製造・OEM生産を行っています。私たち職人のルーツは江戸時代・下町で仕事をしていた錺職人(かざり職人)までさかのぼります。

徽章業は、東京千代田区が発祥とされ、江戸・明治時代から継承される東京の職人文化です。

(参考:加納夏雄を通して幕末・明治期の金工界を知る

バッジの紛失についてのご相談も承ります。

 


 

社章・ピンバッジの製作方法

オリジナルの社章・ピンバッジの製作方法についてご説明いたします。

社章・バッジ製作が初めてのかたは、お電話またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

社章・バッジを製作・お見積もりする上で、つぎの4を決めないといけません。

 

  1. バッジの材質
  2. バッジのデザインと彫り方
  3. バッジの仕上げ(磨き・メッキ・色入れ)
  4. バッジの製作個数

それでは一つずつ確認していきましょう。

 

1. 社章・バッジの材質

バッジ製品の地金(素材)として対応している材質です。

 金  銀  真鍮   銅   洋白・よう銀  金張り 等

 

最も高級な材質。K24(純金), K18(約75%が金), K10(約42%が金)。
用途、色味、予算等におうじて使い分けられます。
金・銀など貴金属は重さ指定があればこちらで直径、厚みを計算します。金地金。金貨。
高級な材質。純銀は柔らかく傷つきやすいためスターリング シルバー(Silver925、銀の含有率92.5%)をつかう場合もあります。銀地金。銀貨。
真鍮・銅 安価で丈夫な材質。金属プレスなど鍛造で社章を製造するときに利用される。
通常は金メッキ・銀メッキ等でコーティングします。古美・いぶし仕上げのアンティーク加工も可能。
スズ合金 比較的安価な材質。ラバーキャスト(鋳造)で製造するときに利用される。
製造方法についてもご相談ください。
洋白・洋銀 五百円玉と同じ材質。真鍮よりさらに硬い。
金張り ゴールドフィルド。銀や銅の表面に厚く金が張られている地金。
通常の金メッキの約100倍の金がコーティングされる。

 

2. 社章・バッジのデザインと彫刻

デザインと彫刻の2つは社章・ピンバッジの顔になる部分です。

お客様のこだわりをカタチにするために丁寧にお付きあいしたいと考えています。

私たちの強みは、お客様とコミュニケーションをとりながら、デザインを調整して完成できること。

そして完成したデザインを金型で美しく表現できることです。

お客様のデザイン・原案をもとに社章・バッジ・校章の仕上がりイメージを無料で作成します。

 

社章を自由にデザイン、そして高級な仕上げへ
社章を自由にデザイン、そして高級な仕上げへ

 

デザインが完成したら次は金型製作・彫刻に移ります。

金型は、製品を製造・量産するための型・原型です。完成したデザインは立体的に正確にこの金型に彫刻されます。金型が完成すれば製品を正確に量産することが可能となります。

金型には大きく「平彫り」と「肉彫り」の2種類があります。

凹凸の段差で立体感を表現するものが平彫りです

また山なりのカーブをつけて立体感を表現するものが肉彫りです

コインに下敷きをあててピタッとくっつくのが平彫り、グラグラするのが肉彫りというと分かりやすいでしょうか?

「肉彫り」の製品は、職人の手による丁寧な仕上げのため、平彫りと比べて高くなりますが、製品の価値・高級感がとても高くなります。

 

3. 社章・バッジのメッキ・仕上げ

次のような仕上げ方法があります。お問い合わせのときにご指定ください。

 

  •  金色メッキ
  •  金色メッキ(つや消し加工)
  •  ニッケルメッキ
  •  ロジウムメッキ(高級な銀色)
  •  真鍮ブロンズ加工(アンティーク風 金色)
  •  銅ブロンズ加工(アンティーク風 銅色)
  •  ブラック系 等

 

社章・バッジのケースもこちらでご用意することが可能です。(プラケース / 桐箱 / ビロード等)

オリジナルコインのケース一覧(ビロードケース、プラスチックケース)

 

社章・ピンバッジの裏金具

社章・ピンバッジの裏金具にはどんな種類があるかご存知ですか?

一般的には「タイタックピン」というまっすぐ穴を開けるものが多いです。

その他にはネジ式、管付きピン、蝶タック、ブローチピンなどがあります。

最近では服に穴を開けたくなという要望があります。その場合はバータイプのものもおすすめしています。

  • タイタックピン(通常 / 薄型)
  • 蝶タックピン
  • ネジ式
  • 管付きピン
  • ブローチピン
  • ワニ口(バータイプ)

 

社章・ピンバッジの裏金具
「社章・ピンバッジの裏金具を決めましょう!」

 

 

4. 社章の製作個数と製作代

社章・ピンバッジの製作個数を教えてください。
( 数十〜100個 / 1000個 / 10000個〜 等)

製作代はこのように決まります。

製作代 = 金型代 + (製作単価 × 個数)

サカモトは国内の職人の熟練の技で、オリジナル製品の金型、製造、仕上げをおこないます。

お客様のご予算や決まっている単価にあわせて、材質や製造方法や仕上げをご提案させていただきます。

製作の流れ(見積もり、製作、お支払等)の詳細

社章・ピンバッジ製作のスケジュール

社章・ピンバッジのオリジナル製作のスケジュール・納期です。

社章製作は最短3週間(〜1000枚製作、平彫り・色入れなしの場合で対応可能です。

オリジナルコインの製作スケジュール・納期

 

 

オリジナル製作一覧

オリジナルコイン・メダル | キーホルダー | 社章・ピンバッジ | タイピン・カフス | ノベルティ・グッズ | その他アクセサリー

 


 

東京職人たちの匠の技

またパートナーであるプレス加工、キャスト・鋳造、磨き・仕上げ等の様々な職人と力を合わせて東京職人のネットワークを築いています。お客様と商品開発の企画の段階からお話させていただき受注から納品、そのあとのアフターケアまでご対応します。

製作は一点物から5000個以上も承ります。法人向け / OEM製造にご対応いたします。お見積もりは無料です。

東京職人ネットワーク

 

製作実績

その他の製作実績についてこちらをご確認ください。

 

デザインはあるけどより重厚感をだすためにはどうしたらいい?

デザインは同じでも材質の選び方、肉彫り・平彫り、色入れ、メッキをどのように選ぶかで仕上がりが変わってきます。サカモト彫刻はこのようなご相談にも適切にご提案させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

 

その他の製作