真鍮製キーホルダー・金属アクセサリーの製作

オリジナルキーホルダー・アクセサリーの製作

サカモト彫刻」は、東京神楽坂でオリジナルキーホルダー・真鍮キーホルダー(メッキ仕上げ)・金属アクセサリーを製造している製作所です。

法人向けのノベルティ、集客力のあるイベントグッズ、アパレルブランドのアクセサリー、お土産 キーホルダー、コインキーホルダー、モーテルキーホルダーなどの金属製キーリング・ストラップを製造しております。

金型の彫刻技術が評価され2011年に東京都 技の名匠 (東京マイスター)に認定されました。

 

<span style="font-size: 10pt;">日本刀の根付ストラップ(三日月宗近・銀の厚付け、金差し)</span>
日本刀の根付ストラップ(三日月宗近・銀の厚付け、金差し)
小判キーホルダー お土産 おみやげ
小判キーホルダー お土産 おみやげ

 


金属キーホルダーの製作方法

真鍮キーホルダーは比較的に安価ですが、重さもあり仕上げで高級感もでます。

ヤマメの銀いぶしキーホルダー
ヤマメの銀いぶしキーホルダー

キーホルダー・ストラップのオリジナル製作の説明です。

製作が初めてのかたは、担当が製作方法をご説明いたします。

お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

キーホルダーを製作・お見積もりする上で、つぎの4つを決めないといけません。

 

  1. キーホルダーの材質
  2. キーホルダーデザインと彫り方
  3. キーホルダーの仕上げ(磨き・メッキ・色入れ)
  4. キーホルダーの製作個数

 

1. キーホルダーの材質

キーホルダー製作に対応している材質です。

 

 金    ◆ 真鍮 ・銅   等

最も高級な材質。純金(K24)は柔らかく傷つきやすいためタイピン・カフスはK18(18金)が使われる。表彰・記念品向けの金製タイピン・カフス。
高級な材質。純銀は柔らかく傷つきやすいためスターリング シルバー(Silver925、銀の含有率92.5%)が使われる。真鍮より高級な銀製のタイピン・カフス。
真鍮・銅 安価で丈夫な材質。鍛造・金属プレスでキーホルダー・アクセサリーを製作するときの材質です。真鍮キーホルダーでもメッキ・色入れでゴールド、シルバー、いぶし系、ブラック系にすることが可能。(真鍮製キーホルダーのサンプルはこちら
スズ合金 安価な材質。鋳造・ラバーキャストでキーホルダー・アクセサリーを製作するときの材質です。

このほか金製や銀製のキーホルダー・アクセサリー製作の相談も承ります。

 

2. キーホルダーのデザインと金型

キーホルダー・アクセサリーのデザインと彫刻は製品の顔となる部分です。

私たちの強みは、お客様とコミュニケーションをとりながら、デザインを調整して完成できること。

そして完成したデザインを金型で美しく表現できることです。

キーホルダーの縦・横のサイズ・直径を教えてください。

キーホルダーのデザイン・彫刻
「仕上げイメージはお客様とのコミュニケーションのために」

お客様のデザイン・原案をもとに製品の仕上がりイメージを作成します。

デザインが完成したら次は金型製作・彫刻に移ります。

金型は、製品を製造・量産するための型・原型です。完成したデザインは立体的に正確にこの金型に彫刻されます。金型が完成すれば製品を正確に量産することが可能となります。

詳細は金型のページにてご確認ください。

 

3. キーホルダーの磨き・メッキ

次のような仕上げ方法があります。お問い合わせのときにご指定ください。

  •  金メッキ
  •  金メッキ(つや消し加工)
  •  ニッケルメッキ
  •  ロジウムメッキ(高級な銀色)
  •  真鍮ブロンズ加工
  •  銅ブロンズ加工
  • 銀いぶし加工
  •  ブラック系

お客様のご要望をもとに製作所と相談して仕上げ方法を決めていきます。

 

4. キーホルダーの製作個数と製作代

製作するキーホルダーの製作個数を教えてください。

製作代はこのように決まります。

製作代 = 金型代 + (製作単価 × 個数)

サカモトは国内の職人の熟練の技で、オリジナル製品の金型、製造、仕上げをおこないます。

お客様のご予算や決まっている単価にあわせて、材質や製造方法や仕上げをご提案させていただきます。

製作の流れ(見積もり、製作、お支払等)の詳細

キーホルダー製作のスケジュール納期

キーホルダーのオリジナル製作のスケジュール・納期です。

キーホルダー製作は最短3週間(〜1000枚製作、平彫り・色入れなしの場合で対応可能です。

オリジナルコインの製作スケジュール・納期

 

お問い合わせはこちら!

 

オリジナル製作一覧

オリジナルコイン・メダル | キーホルダー | 社章・ピンバッジ | タイピン・カフス | ノベルティ・グッズ | その他アクセサリー

 


製作実績

その他の製作実績についてこちらからご確認ください。

 

東京職人ネットワーク

アクセサリー製作の流れ

お見積もり、製作、納品、お支払い等

 

キーホルダーの金具

二重リング、カニカン、バチカンなどキーホルダー金具には色々な種類があります。

製作する金属製品・プレートに合わせて相性のよいパーツ金具をご提案いたします。またご指定の金具をこちらで用意して取り付けて納品いたします。

全体の高級感をだすためにオリジナルのパーツ金具を製作するという選択肢もあります。

 

キーリング(二重リング)
二重リング

キーリング(ナスカン)
カニカン

キーリング(Gタイプ)
Gタイプ

 

オリジナルキーホルダー製作の流れ

オリジナルキーホルダー・コインなどの金属製品の製作工程をご紹介します。

主に次の流れで金属製品を製作していきます。

1.デザイン(イラストレーターで完成させます)
2. 金型(製品の原型)
3. プレス・鋳造
4. 磨き・メッキ・仕上げ

 

キーホルダーにもたくさんの種類があります。お土産・物産関係のキーホルダー、ブランドロゴが入ったもの、キャラクターものなど。サカモト彫刻は、主に金属製のキーホルダー製作が専門です。

 

こういうものが作りたいんだけど。。

アイデアがあればできるかぎりご対応したいと考えていますので一度ご相談ください。キーホルダーの形状から細かいデザイン・材質・色入れ、メッキまでお客様が求めるもの・こだわりをお聞きいたします。

 

アクセサリーの製作は一点物から5000個以上も承ります。法人向け / OEM製造にご対応いたします。

他の製作物をご覧になりたい方はこちらの製作ギャラリーへどうぞ。

 

その他の製作