居酒屋 オリジナルメダルを製作

中野坂上にある居酒屋 平田屋さんのオリジナルメダルを製作させていただきました!

 

 

真鍮製のコインでメッキはつけていないので、材質本来の雰囲気がでてかっこいいです。

だんだん味わいもでてくるとおもいます。

居酒屋さんや飲食店、カフェやバーなど、クーポンや会員専用などにオリジナルのメダルをつかうのはCOOLですね😎

オリジナルコインの製造を希望のかたはお気軽にお問い合わせください!

 


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」

ドアオープナー FURENAI の製造工程を初公開

純銅のドアオープナー  FURENAI の製造工程をご紹介する動画を作成しました。

YouTubeにUPしましたのでご覧ください!

(プレス機のスコーン!という音がでるのでオフィスにいるかたは音量を小さくして聞いてください..w)

よろしければYouTubeチャンネル登録お願いします (^^)

 

簡単に補足しますと、FURENAI の製造工程は 金型製造 →プレス製造→研磨 と移っていきます。

ドアオープナーのデザインは、金型に彫り込まれています。金型に銅をセットして150tのプレス機でプレスします。(裏型があれば裏型もセットするよ)

この状態では、ドアオープナーの模様が銅に移っていますが、形状は四角のままです。

これを抜き型という型をセットしてスコーンと抜きます。この状態で形状がドアオープナー になります。

次に研磨の工程に移ります。

ドアオープナー は持ち手の部分は痛くならないように、弊社ではリューターで丸く磨いています。(これが一手間なんだ(汗)

表面はボンドという硬い円盤でピカピカに磨いていきます。このボンドはなかなか使いこなせる職人が少なく、バフは研磨はよくやるのですが、ボンドで仕上げられる職人は少ないです。

最後に、ヘアラインの模様が入るようにサテーナ加工を加えて完成です。

 

純銅製 ドアオープナー FURENAI  の詳細についてはこちらをご確認ください。

→ 純銅製ドアオープナー 「FURENAI (フレナイ)」完成・販売開始

 


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」

 

純銅製ドアオープナー FURENAIシリーズ のご紹介

SAKAMOTOで製造しているドアオープナー はAmazonストアやロフトで販売中です!

 

純銅製 ドアオープナー  BUSINESS 5個入り-01-01

FURENAI 5個セット(割引)

 

純銅製ドアオープナー

FURENAI 1個入り

 

純銀製ドアオープナー  FURENAI PREMIUM

 

関連記事

純銅製 ドアオープナーのノベルティ作成

弊社で開発した純銅製のドアオープナー  FURENAI (フレナイ)をベースに企業ロゴやブランドネームをいれたオリジナルグッズ・ノベルティを作成しませんか?

FURENAIはウイルスに対する抗菌作用が注目されている「銅」を99.9%利用してつくられたドアオープナーです。エレベータのボタンにタッチしたりつり革につかまるときに非接触でつかえるツールとなります。詳しくはこちら→ 純銅製ドアオープナー 「FURENAI (フレナイ)」完成・販売開始

 

ノベルティ用FURENAIでできること

1. 企業ロゴやブランドロゴをレーザー彫刻や型押しで入れる。

企業やクリニック名などをレーザー彫刻でドアオープナーにいれることができます。共通している文字を入れるなら、専用の金型をつくって型押ししたほうがコストをおさえられる場合もあります。

 

2. 1000〜20000個など量産化して低コストでノベルティ化。

弊社のドアオープナー は、十円玉と同じように銅をプレス機で製造(打ち抜き)しています。プレス製造の利点は短期間で大量に製造することが可能であり、納期とコストの面でノベルティに適しています。

 

3.ドアオープナー の材質を変える。

プレス製造のもう一つの利点は、材質を変えられることです。銅以外には真鍮やアルミ、貴金属の銀、金、プラチナなどに変更することができます。

 

その他. パッケージの変更、厚みの変更、裏にデザイン追加などなど

ノベルティ用にパッケージを変更したり、製品の厚みの変更、裏型をつくって裏にロゴを入れたり、、など追加の仕様に柔軟に対応いたしますので是非ご相談ください。

 

ご質問やお見積もりはこちらへどうぞ (^^)/

メールはこちら sakamoto@an.wakwak.com
電話: 03-3235-0226

 

FURENAI の製造工程をご紹介!YouTube

 

純銅製ドアオープナー FURENAIシリーズ のご紹介

純銅製 ドアオープナー  BUSINESS 5個入り-01-01

FURENAI 5個セット(割引)

 

純銅製ドアオープナー

FURENAI 1個入り

 

純銀製ドアオープナー  FURENAI PREMIUM

 

SAKAMOTO 純銀製ドアオープナー FURENAI

東京神楽坂に製作所をもつ株式会社SAKAMOTOはコロナウイルス対策として開発した純銅製のドアオープナー  FURENAI (フレナイ)にひきつづき、ラグジュアリーバージョンである純銀製のドアオープナー 「FURENAI SILVER PREMIUM」を開発いたしました。

電車のつり革や手すり、エレベータのボタンなどに直接触れることなく通勤や通学など外出しなくてはいけない機会に役に立つウイルス対策のツールです。

 

職人技術をつめこんだ銀製ドアオープナー

純銀(Ag1000)を硬貨とおなじプレス工法で製造し、仕上げを鏡面まで磨き込むスターリングシルバーの仕上げとなっており、銀の高級感を楽しむことができます。また裏面には本物の銀であることを証明する造幣局の検定刻印が入ります。

 

触れずに清潔

本商品は、ドアノブやエレベーターのボタン、電車のつり革などに直接触れることなく操作したり、つかまったりできる便利なアイテムです。鍵のような形をした先端部を使用してボタンを押すことや、引っ掛けて扉の開け閉めを行えます。

 

 

高級感あるスターリングシルバー仕上げ

本商品は、銀をプレス製造で圧縮し、鏡面になるまで丁寧に磨きをかけたスターリングシルバー仕上げとなっております。

 

造幣局 検定 刻印入り

本商品は、裏面には造幣局(JAPAN MINT)の検定刻印入りです。
また、銀が映えるベルベットと黒の貼り箱に入れてお届けいたします。

 

FURENAI SILVER PREMIUM」仕様
サイズ 縦79.5mm、横42mm、厚み2.5mm
重量 約35g
材質 純銀(Ag1000)
仕上げ スターリングシルバー仕上げ(鏡面磨き)
販売開始 基本的に受注製造となります。在庫あればすぐ発送いたします。

メーカー価格 ¥19,999(税込)送料含む
その他 ・造幣局の検定刻印入り

・黒張り箱(内ベルベット生地)に入ります

 

備考

・純銀製のためだんだん暗くなってきますが材質の経年変化です。
・純銀は真鍮や鉄に比べて少しやわらかいので強い力を加えると曲がる可能性があります。
・こちらの商品はスマートフォンやタブレット端末の液晶画面には反応しません。

ご購入前に必ずお読みください

  • ご購入の後キャンセルは受け付けておりませんので、注意事項を必ずご確認のうえ、ご購入ください。
  • 純銀製のため、発色がだんだん暗くなってきますが材質の経年変化です。
  • 純銀は真ちゅうや鉄に比べて少しやわらかいので強い力を加えると曲がる可能性があります。
  • ウイルスに対する抗菌作用は確認しておりません。
  • 本商品はスマートフォンやタブレット端末の液晶画面には反応しません。
  • 本商品は新型コロナウイルスへの有効性を保証するものではありません。
  • 本商品の「スターリングシルバー仕上げ」は、高品位な鏡面仕上げのことを差します。スターリングシルバー(925)ではなく、純銀製(Ag1000)です。
  • 本商品のご使用にあたっては、商品付属の説明書やパッケージの説明にある注意事項を必ずお読みいただいたうえ正しくお使いください。

参考動画

関連記事

 

SAKAMOTO 純銅製ドアオープナー はこちら

企業コラボ? Wネーム? 「刻む」ドアオープナー「FURENAI x ??」

先月、弊社で製造している純銅製のドアオープナー 「FURENAI」を買ってくれたかたから依頼されて文字の刻印を入れました。

ドアオープナーに文字を刻印 企業コラボ?Wネーム?
ドアオープナーに文字を刻印

まだ磨く前だから表面は荒いけど、素敵ですよね?

とても喜んでくれたのでこのような形でオリジナルを作るのもよいとおもいます。

企業のブランドロゴ、会社名やクリニックの名前など、、

 

まずはあまびえちゃんとドアオープナーをWネーム(?)で1個つくりはじめています。完成したらお見せしますね!

 

FURENAI x AMABIE Wネーム ドアオープナー コラボレーション
FURENAI x AMABIE Wネーム ドアオープナー コラボレーション

 

刻印を入れてオリジナルのドアオープナーにしませんか?

三個から対応いたしますので、ご希望のかたはご連絡くださいませ😊

500-1000個など個数が増えても製造の対応は可能ですので、お問い合わせいただければおみつもりいたします。

お問い合わせはこちら

 

関連記事

 


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」