オリンピックイヤーにオリジナルメダルをつくろう!

2020年が始まりました。今年も1年どうぞよろしくお願いいたします。

今年は何と言っても「東京オリンピック」!

オリンピックといえば「金メダル」!

金メダルがほしい!

ということで弊社で製作している金メダルについてご紹介したいと思います。

 

金メダルはどうやって作られるの?

そもそも金メダルはどうやって作られるのでしょうか?

金メダルの完成品はみなさん見たことがあるでしょうがなかなかその工程は知らない人が多いですね。

1.デザイン

もちろん製作するまえにはデザインをつくる必要がありますが必ずしもデザイナーが必要というわけではありません。メダルに入れる企業ロゴや装飾(月桂樹等)のデータがあればそれらを組み合わせてデザインを完成させます。

2.金型作成

鏨や彫刻機をもちいて鋼材にデザインを彫刻します。彫り方の種類はおおきく平彫りと肉彫りに別れるます。表と裏の金型が完成したら実際にメダルを製造していきます。


3.製造(プレス加工・抜き加工)

プレス機で製作した金型に真鍮や銅などの材料をセットして上からプレスして模様をだします。なかには100tをこえる大きなプレス機で強力な力でプレスして作るメダルもあるんですよ。

プレスするのはメダルの模様をだすためで、そのあとに抜き型というものをセットしてまた上から強い力でプレスして周りを切り落とします。例えば四角いプレートだったら抜き型は四角い形になります。プレスで模様だし、抜きで形がきまる、と覚えてください。


4.研磨とメッキ加工(+色入れ等)

プレスしてできたメダルをバフで研磨していきます。良い品物とそうでない品物は磨きで決まるといっても過言ではありません。

メダルの研磨は表面、裏面、側面(コバ)の3箇所に分かれます。バフの番手を荒→中→細と使い分けてキズをとりながら光沢をだしながら仕上げていきます。研磨後に品物を洗い、最後にメッキ加工します。金メダルはもちろん金でメッキコーティングします。

オリジナル金メダルの完成!

既成品のメダルはカタログから選ぶことができますが選択肢がかぎられますので合うものが見つかるかわからない。

また他社さんとかぶってしまうかもしれない、オリジナル性に欠ける、

といった理由でオリジナルの金メダルをつくろうという企業やお客様も増えています。

オリンピックイヤーの2020年あたらしいオリジナル金メダルを作成しませんか?

関連記事

 

オリジナルメダル作成のお問い合わせはこちら

オリジナルメダル・コイン製作についてこちらにより詳しくまとめていますのでご確認ください。

オリジナルメダルの製作ページ

オリジナルコイン一覧 ・記念メダル一覧 金貨 銀貨 通貨発行所

 


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」

純銀モナコインGOLD注文受付開始

株式会社SAKAMOTOは『純銀モナコインGOLD』の受注製造を開始いたしました。

今までの純銀モナコインとの変更点は、レリーフのロゴ部分を磨き光沢をだしたことと、全体を24金鍍金でコーティングした点です。

こちらの製品はつぎのストアからご注文が可能です。

Monappy https://monappy.jp/checkout/sakametal-FFEURIk

Base https://store.medals.tokyo/items/25574986

こちらのコインは受注製造となりますのでご購入いただいてから製造を開始して完了次第発送となります。

 

商品説明

純金モナコインと同じレリーフ原型金型で製造する純銀モナコインです。熟練マイスターの金型職人と磨きの職人による手仕事で仕上げるプルーフ仕上げの純銀製コインです。24金鍍金仕上げ。

こちらは仮想通貨ではなく、ビットコインのデザインを利用して製造した記念品です。仮想通貨としての機能はありません。

純銀モナコインGOLD仕様

材質  純銀(SILVER1000)
直径  30mm
厚み  1.8mm
仕上げ 表面文字ヘリ磨き・裏面凸磨き
24金鍍金仕上げ
造幣局の純銀証明の刻印入り
納期  注文後、約3−4週間
(在庫があれば約1−2週間)
ケース 紺色ビロードケース

 

お客様に「勉強して」といわれたら

もう12月、いや〜今年はほんとに1年があっという間に過ぎていった気がします。

時が流れるのが早すぎて、日に日に寒くなっていくな、おかしいなとカレンダーをみたらもう十二月。そりゃ寒くなるわけだ。

年末向け納品の仕事でまたすこしドタバタしてきていますが、移動中やホットコーヒーを飲んで休んでるときに、自分なりに今年1年をぼーっと振り返ってみると、たくさん「勉強」することがありました。

このお仕事をしていると、ときおりお客さんに「もっと勉強して」と言われることがあります。ええ、特に関西のお客様です。

昔はこの「勉強して」という言葉に抵抗がありムッとしたりしたことがありました。関東の感覚なのかな、なんで勉強しないといけないのかな?と。今おもえば面白いなとおもいます。

違うんですよ。お客さんが正しいんです。

この世の中、お勉強することがたくさんあるんですよ。

勉強といっても机の前で教科書よんでやる勉強ではありません。いえば社会のお勉強です。

何回もお見積もりをだしてもなかなか決まらないとき、他はどのように仕事をとってるのかな?どれくらいの金額なのかな?どういうクオリティの品物なのかな?

例えば、なにも知らないで他の3倍の値段でお見積もりをだしていたらそりゃ決まらないですよね。あえてそうしている場合は別として。

それは市場調査ということかもしれないですし、コストダウンの企業努力かもしれません。設備投資につながることかもしれません。業務改善していくこともあります。

どうしたらより綺麗に品物を磨けるのだろう?どうしたらもっと綺麗にろう付けできるのだろう?

お仕事だけではないですが、勉強に終わりはありません。一生つづけていくものと思います。

昨日お客さんに久しぶりに「もっと勉強して」と言われてはっとしましたw

一に勉強、二に勉強っと!

 

ブログランキング

 

SAKAMOTO x NEXCO中日本 純金小判<鳳凰>販売開始・令和元年記念ラスト

SAKAMOTO x NEXCO中日本 純金小判販売開始

 

株式会社SAKAMOTOは令和元年を記念した純金製鳳凰小判の受注販売を開始いたしました。

伝説の不死鳥<鳳凰>を金型・原型彫刻師・東京マイスターの彫刻技術でレリーフ・肉彫りして令和元年記念の純金製小判です。

磨き仕上げもバフ研磨のマイスターに認定されている職人の手によって仕上げております。

特製の令和元年の文字を箔押しした桐箱に入れて納品となります。また純金を証明する造幣局の検定印入り(ホールマーク)が入りまます。

商品はNEXCOオンラインモールにて販売しております。こちらへどうぞ。

 

※10枚以上などまとめてご注文されるかたはお手数ですがメールにてご連絡くださいませ。

※こちらの純金小判の販売をご検討の企業様もこちらへをお願いいたします。

 

仕様

令和記念純金小判<鳳凰>

Pure Gold Koban Houou (Phoenix)

2019/9/16更新

材質 純金製(K24)
サイズ 縦28ミリ・横20ミリ
厚み 1.0ミリ
重量 約7g
仕上げ 両面ブラスト・表磨き仕上げ
販売サイト(NEXCOオンラインモール) https://bit.ly/2BPvrq3
納期 受注製造として、ご注文いただいてから約1ヶ月での納品となります。
備考 裏面に造幣局の純金検定入り(999・ホールマーク)
ケース 特製・令和元年桐箱

1枚100円以下でオリジナルコインを作りたい?

先日の問い合わせでこんな質問を受けました。

オリジナルコインを1枚100円以下でつくれますか?

例えばレストランやカフェでショップのオリジナルコインで買い物ができるようにしたり、会員さまはスペシャルコインで待遇を受けられるようになるサービス向けコインです。

また商店街の地域通貨的な役割として使いたいなど、様々な用途でオリジナルコインが求められます。個人的にも紙のカードよりも金属製のコイン・メダルはかっこいいですしね!

イベントに参加したお客さまに配布するノベルティコインも同様です。

販売するコインではないので、コイン自体はできるだけ低コストでつくりたい、でもショップのブランディング面を考えても手にとってかっこいいコインにしたい、という悩み。

オリジナルコインを1枚100円以下でつくれますか?

えー、おほんっ、結論として、、できますがいくつか条件があります。

  • ロットが1000枚以上(500枚以下は要相談)
  • メッキを安価なものに or メッキなしにする
  • コインサイズを小さめに(たとえば五百円玉かそれ以下)

ロットが1000枚以上になってくればコインの製造単価は大きくさがっていきます。

またオリジナルコインは基本的に五円玉や十円玉のように真鍮や銅で製造しますが、通常はメッキ加工を施します。

例えば真鍮製にニッケルメッキをかけて銀色のコインに仕上げます。

コスト優先であればメッキをかけないで軽めに研磨だけして終わりにするコインです。「ナチュラルコイン」とでも呼びましょうか。

メッキ工程を省くのでそのぶん加工賃が下がります。ただしメッキをかけていないので時間が経つとだんだん暗めに変色していきます。

それもコインの味だととらえればナチュラルコインを上手に活用することもできるとおもいます。

上記はコインを製造するための金型代は含んでおりません。最低表面の型代はかかりますのでいくらくらいになるかはご相談ください。

侍コイン(メッキなし)・ミラノ・ドゥオモの前で…

お問い合わせはこちら!

製作のご相談・お見積もりはこちらからお気軽にお問合せくださいませ!

 

オリジナルコインの世界は奥が深いです。より詳しくしりたいかたはこちらもご確認ください。

オリジナルコイン・記念メダル製作のページ

オリジナルコイン一覧 ・記念メダル一覧 金貨 銀貨 通貨発行所

 


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」