「金」と「メダル」がトレンド?オリジナル金メダルで表彰式をしよう!

トレンドは「金」と「メダル」?

東京オリンピック2020まであと658日。あと一年半もすれば東京でオリンピックが開催されます!

国立競技場の建築状況はどうかな?

昨年は仮想通貨ブーム(?)の影響もあってかコインの製作がおおかったですが、今年に入ってからだんだん企業表彰や大学の記念メダルなどメダルの製作のほうが増えてきています。

コインとメダルの違いはなにか?は前のブログで記述しましたが、機能としては前者が通過としての機能があります。

「メダルとコインの違いはなに?」

製造する側としてあまり大きな違いはありませんが、個人的には直径40mmをこえてくるとメダル、それ以下だとコインのように見えます。またコインはその用途として重ねても傾かない。メダルは40-70mmの範囲が多いです。

メダルは真ん中がボリュームあるもながおおく、ひとつひとつケースにおさまるため、メダルを重ねると傾いてしまいます。コインは15-35mmの範囲が多いです。

企業表彰のメダル製作(依頼)が増えてきました。とくに金メダルがおおいです。

企業の表彰記念品はいろいろあります。メダルのほかにもトロフィーや楯・額やアクリルの品物もあります。

2020年の東京オリンピックが近づいてきているせいか、社員のモチベーションアップで表彰するのに「金メダル」にしたいという傾向があるかなとおもいます。

「金」と「メダル」はトレンドなので、コインサイズですが純金でつくりたい!という方もいます。

企業や大学のロゴや建物・人物像がはいった金メダルはその企業の完全オリジナルですし、もらったほうもテンションあがるとおもいます!

「はい、金メダル、おめでとう!」

金メダルで表彰式をしよう!

企業や大学のメダル製作でお客様のほうでデザインが決まってない、デザイナーがいないケースもあります。

そのためにメダルに入れたい文章や名前、装飾の情報をお聞きして、こちらでデザイン・ご提案することもおおいです。

メダルに特徴的な月桂樹や星のつかいかたがありますので上手くバランスが良くなるようデザインしていきます。

金メダルをうけとったかたがハッピーな気分になり、次の日からまた高いモチベーションで仕事や勉学に取り組めるように、ふさわしいメダルを提案、製作していければと考えてます(・∀・)

 

 


製造業 ブログランキングへ

 

9月中旬「純銀NEMコイン七宝入り」限定受注開始

9月16日13:00受注開始

純銀NEMコイン七宝入り・初回限定20個

 

上記の日程で「純銀ネムコイン・七宝入り」を販売開始いたします。

サカモト彫刻のネットストア上で注文を受けてから仕上げ・納品いたします。

初回製作分は、ご注文をいただいてから納品まで約2週間かかります。

2回目の製作も予定しておりますが製造開始から完了まで約4週間を予定しています。

ビットコインやモナコインなど仮想通貨決済をご希望のかたは個別にサカモト彫刻へメールお願いします。(NEM決済も検討中です)

 

純銀NEMコインのPVを制作していただきました!


→ → 純銀NEMコインの製作開始から進捗状況についてはこちら

 

純銀NEMコイン七宝入りについて

純銀(SILVER1000)の材質でNEMのロゴを日本の伝統工芸でもある透けの「七宝焼き」で表現したコインです。

明治金貨のようにコインのまわりに「ミール」という小さなドーム型の地模様を二重に鏨(たがね)でいれております。

純銀ネムコインは「透け」とよばれる透明がかかった七宝を入れたときになかに浅く彫り込まれれた3種類の日本の和柄を浮かび上がらせるために」、七宝を入れるための彫りの深さと地模様の浅さを注意深く計算しながら金型を完成させます。七宝は何種類もの貴重な七宝の釉薬で試して七宝焼きを試しました。

仕上げは勲章のように手間をかけて、墨研ぎし、七宝2盛り・3盛りまでしてから研ぎ、研磨、仕上げを行います。

 

仕様

純銀NEMコイン仕様
Silver NEM Coin with Cloisonne

2018/9/5 更新

材質 純銀(SILVER1000)
直径 30mm
厚み 1.8−2mm
仕上げ 両面ホーニング・両面凸磨き・表3色七宝焼き
価格 ¥19,300(税込)
ネットストア(URL) https://store.medals.tokyo/items/13454662
納期 注文後、約2週間
備考 こちらのコインは造幣局の刻印は入りません。
ケース 紺色ビロードケース

 

 

よろしければクリックお願いします!👇👇👇


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」

関連記事
「純銀NEMコイン・七宝入り」製作開始・進捗状況
・世界初プルーフ純金モナコイン完成 
・世界初?純金モナコイン製造開始 
・6/30 (土)ゴールドフェスタに出展します ・純金ビットコイン2.0について / Gold Bitcoin ver2.0 

 

[仕事]待ち合わせ時間の何分前にいくべき?

先週は徽章業界の重鎮(?)が集まる会の宴会に参加してきました。納涼会です。

サカモト彫刻は毎年かかさずに参加しています。ここ1年くらいは私が出席しています。

伝統的な会ですので、この時期は暑いのでYシャツやポロシャツで仕事していますが、きちっと正装で参加です!

大切なのは時間で、集まる時間ギリギリでいってはいけません。

宴会が、夕方6PMから始まる場合は、6時ぎりぎりに着いてはいけません。

5分前、いや10分前、いや20分前、いや30分前??

早ければ早いほど無難なようです。今回は定刻の5分前には最初の挨拶が始まっていました。

わたしもそのことを知っていますので、この日にかぎって仕事がめっちゃ忙しいんだ、なんとかすべて早めに切り上げて1時間前には出発しました。

30分も前についてしまって、

「こりゃ早く着きすぎたな。少しカフェで時間でもつぶそう、、、」

「あっ、あたらしいスマホのゲームでたんだ。インストールして、アッ、おもしろい!」

「そういえばあと何分くらいかな?」

おう!あと3分。。

ということがときどきあります。

ですので早く着きすぎたからといって安心してはいけません。ぎりぎりになると意外と待ち合わせ場所が何階かわからなかったり、N棟とS棟を逆にいってしまうこともあります。

だからといって早く行きすぎると、お客さんが前の打ち合わせ中だったり、お昼休み中だったりします。

でももし遅れていってしまうと大変失礼なことになります。

だから待ち合わせ時間は何分前にいけばむずかしいところです。

待ち合わせ場所に時間どおりにたどりつくために逆算してゆっくり歩いたり早く歩いたり、、

最近、打ち合わせばっかりだったのでこんなことばかり考えてました。。

 

よろしければクリックお願いします!👇👇👇


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」

 

 

 

 

 

Gold and Silver Medals of Crypto Coins by Sakamoto Metal (Made in Japan)

Last year we, Sakamoto Metal, made the word’s first pure gold medal of Bitcoin (99.99%,K24) in Tokyo, Japan. The coin has been released and sold on our online store.

We also made gold, platinum, silver crypto coins, pure platinum Ethereum, pure gold Monacoin and pure Silver Monacoin. They are all high quality gold and silver coins with craftsmanship of “Made in Japan“.

And then we have started making new crypto coin of NEM.

Brass bitcoin medals produced by Sakamoto Metal are seen at the company's workshop on January 25, 2018 in Tokyo, Japan. Sakamoto Metal, a custom medal, coin and pin badge maker in Tokyo, produces 24K gold and brass bitcoin medals that went on sale in January as investments in cryptocurrencies become popular in the country after Japan's government passed a law recognising bitcoin and other alternative coins as legal tender in 2017. (Photo by Tomohiro Ohsumi/Getty Images)

 

The new silver coin of NEM have three colors with Japanese Cloisonne called Shippo (七宝)!

Cloisonne is not used as coin making now but I want to introduce how Japanese cloisonne is really beautiful.

We finished making sample and we started making additional dozens of coins. After finishing we start releaseing NEM coins on our online store. About the detail of making NEM coins are here (Japanese site).

Shippoyaki (cloisonne) has been part of the world of Japanese art for hundreds of years. The earliest example is in the Asuka Period in the latter part of the 6th century.

七宝焼は、何百年にもわたって、日本の美術の一角を占めてきました。最初に作られた七宝焼きは、6世紀後半の飛鳥時代にさかのぼります。(引用元

Gold Bitcoin (99.99%,K24)

Size: Diameter 30mm, Thickness 2mm
Gold Fineness: 99.99%
Weight: 23gram
Made in Japan
Online Store https://store.medals.tokyo/items/7576817

Gold Monacoin

Size: Diameter 30mm, Thickness 2mm
Gold Fineness: 99.99% (Stamp by Japan government)
Weight: 22.5 gram
Made in Japan
Online Store: https://store.medals.tokyo/items/12095303

Gallery

Pure gold Monacoin (K24, 99.99% gold)
Pure gold Monacoin (K24, 99.99% gold)
Pure Silver NEM coin (99.99% silver)
Pure Silver NEM coin (99.99% silver)
Cloisonne on NEM silver coins

「純銀NEMコイン・七宝入り」製作開始・進捗状況

純銀・七宝ネムコイン製作開始

(更新)9月中旬「純銀NEMコイン七宝入り」限定受注開始

 

サカモト彫刻は純金ビットコイン純金モナコインにつづいて、「純銀製・七宝入りNEM」のリアルコインの製作を開始しました。

純銀(SILVER1000)の材質でネムのロゴを日本の伝統工芸でもある透けの七宝焼きで表現することをテーマとしています。

七宝焼き(しっぽうやき、英語: enamel)とは、金属工芸の一種で伝統工芸技法のひとつ。金属を素地にした焼物ともいえる。青銅などの金属素地に、釉薬(ゆうやく)を摂氏800度前後の高温で焼成することによって、融けた釉薬によるガラス様あるいはエナメル様の美しい彩色を施す。日本語の七宝焼の名称の由来には、宝石を材料にして作られるためという説と、桃山時代前後に法華経の七宝ほどに美しい焼き物であるとしてつけられたという説がある。(Wikipedia)
Shippoyaki (cloisonne) has been part of the world of Japanese art for hundreds of years. The earliest example is in the Asuka Period in the latter part of the 6th century.

七宝焼は、何百年にもわたって、日本の美術の一角を占めてきました。最初に作られた七宝焼きは、6世紀後半の飛鳥時代にさかのぼります。(引用元

サカモト彫刻は、30年以上の製作のなかで、国・造幣の素晴らしい七宝の勲章を近くで見たり記念品の製作にたずさわり、七宝焼きの美しさに心を惹かれています。

しかしだんだんと、「七宝」で社章やメダル・記念品の色を入れる需要がなくなり、かわりにラッカーやエポによる塗装、印刷にかわりました。そのため最近は町ではあまり七宝入りの品物を見なくなりましたし、若い人も知らないかたが多いです。

ネムの色をいれる上で、是非「七宝」の美しさで表現したいと、七宝の製作所にご協力をお願いして製作を開始いたしました。

 

ネムコインの金型から色入れ

日本は明治から欧州の影響を受けて大判・小判から正円の貨幣を製造し始めました。貨幣博物館にいくと日本の貨幣の歴史の変遷を知ることができてとても興味深いです。

明治金貨のようにコインのまわりに「ミール」という小さなドーム型の地模様を二重に鏨(たがね)でいれております。

金型を製作したあとは粘土や鉛の板にプレスして彫りの具合を確認します。

純銀ネムコインは「透け」とよばれる透明がかかった七宝を入れたときになかに浅く彫り込まれれた3種類の日本の和柄を浮かび上がらせるために」、七宝を入れるための彫りの深さと地模様の浅さを注意深く計算しながら金型を完成させます。

金型が完成したら「火」を入れて金型をかためます。それでもう元には戻れません。

 

サンプルをつくるために金型で純銀の板にプレスしてコインを造ります。このままでも十分に美しい純銀コインです!

 

 

七宝は何種類もの七宝の釉薬で試して七宝焼きを試しました。最後は持った七宝と銀を丁寧にマイスターの職人が磨き初回・第1号の純銀ネムコイン・七宝入りの完成です。

七宝の美しさは頭の中のイメージをこえるほど美しくできれば直接見てもらいたいなあ、というくらい!

 

 

このあとは裏型を造りあらためてサンプルを再作成します。純金モナコインと同様に造幣局で純銀証明の刻印を入れる予定です。製造番号をいれるかは未定です。製作完了後はサカモト彫刻のネットストアで個数限定で販売予定です。

またTwitterやウェブサイトで進捗をご報告いたします。

 

製作ギャラリー

純銀ネムコイン粘土打ち
純銀ネムコイン・プレス打ち
純銀ネムコイン・七宝入り完成

(更新)9月中旬「純銀NEMコイン七宝入り」限定受注開始

よろしければクリックお願いします!👇👇👇


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」