スターリングシルバーとは?

先日の記事「会社設立のご挨拶」で法人設立をご報告させていただきましたが

サカモト彫刻は、あたらしく株式会社SAKAMOTOに生まれ変わりました。

今後ともよろしくお願いいたします m(_  _)m

さて5月1日から元号が「令和」に切り替わりました。

ちょうどわたしたちの法人設立と工場・事務所のお引越しも重なり、気分一新です。特に毎日の仕事内容は変わりませんが。

令和と書かれただけのTシャツがけっこう売れてるらしいですから、ちょっとした「令和ブーム」ですよね!

現在製作中のものに令和記念の製品もありまして、想定よりも多く注文が入っているそうです。よかった よかった (^ ^)

https://sakamotometal.tk/?attachment_id=6281#main
オリジナルの令和小判つくりませんか?

 

話がかわりまして、現在、お客様の銀製の社章を製造しているのですが、どのくらいの割合で銀が入っているか聞かれました。

通常、社章など身につける装身具系の銀製品は純銀ではなくシルバー925をつかいます。

シルバー925の意味は、単純に銀が92.5%入っていますよ、ということを示しています。

純銀は銀100%でできていますが、純銀は925と比べるとバッジとしては柔らかく、落としてしまったりすると傷がつきやすいため、シルバー925のほうが多く利用されます。同様の理由で純金ではなくK18(金が75%)も利用されます。

このシルバー925にはもうひとつの呼び方がありまして、とくに欧米では「スターリングシルバー」とよびます。(正確にはシルバー925とスターリングシルバーは同義ではありませんが)

われわれ製作する側では925や950など割合でよぶことがおおいのですが、

さっきふと気になりました。

なんで「スターリング」シルバーなんだろう?

ちょっと調べたところによると12世紀ごろ、東ドイツの貨幣鋳造の職人Easterlingさんが、イギリスで銀貨(スターリング・ポンド)の鋳造技術を教えました。このときの銀の品位(92.5%)が英国の法定水準となり、1300年代から1920年までつづいたそうです。 → 英国通貨と銀(スターリング)

それで銀92.5%(残りの地金は銅のもの)をスターリングシルバーと呼ぶそうです。またsterlingには「本物」や「信頼できる」というような意味がありますが、どうやらイギリスの銀貨が法定の純度を保っている意義から転用されたものだそうです。勉強になりますね!

さて、そろそろお仕事にもどりますか。

会社設立のご挨拶

会社設立のご挨拶

謹啓 新緑の候ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。
さて来る平成31年4月12日より
下記の通り株式会社として営業することとなりました。

これもひとえに皆様方のご厚情とご支援によるものと衷心より感謝致しております。
このたびの会社設立を機に 従業員一同さらなる精励を期して社業発展と皆様方の
ご要望に誠心誠意お応えできるよう努力致してまいる所存でございます。

何卒従来に増してのご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。 敬具

令和元年5月吉日

株式会社SAKAMOTO 代表取締役 坂本 国雄

東名高速道路 全線開通50周年記念「純金製コイン」発売

サカモト彫刻で製造に携わらせていただきました東名高速道路全線開通50周年の純金製コインの予約が開始されました。

純金製コインは、静岡県静岡市の薩埵峠から望む富士山・駿河湾・東名を表面に模しており、直径 26.5mm(500 円硬貨サイズ)、厚さ約 2mm。50周年ロゴマークがある裏面には新元号、および造幣局の品位証明刻印が刻まれます。

薩埵峠から望む富士山を肉彫りのレリーフ彫刻で表現するために粘土から作り上げています。

また高級仕上げにつかわれる手法で、メダル全体が周りから中央に盛り上がっていくようにしゃくれをつけています。

 

東名高速道路 全線開通50周年記念「純金製コイン」発売
東名高速道路 全線開通50周年記念「純金製コイン」発売
純金コインの製作風景(レリーフ・肉彫りするために粘土から作り上げている)

 

【純金コイン販売について】
販売方法:NEXCO 中日本オンラインモール
販売時期:2019年5月1日~12月31日、4月1日より先行予約受付
販売価格:180,000 円(税・送料込み)

なお、4月30日までにお申し込みいただいた方には、1 万円相当の純銀製コイン1枚をプレゼント。

詳細については公式ウェブサイトをごらんください。

 

[製作実績] [名鉄] 7000系エッチングワイン・メダルキーホルダー

名鉄7000系メダルキーホルダー

名鉄産業様・7000系エッチングワインのメダルキーホルダーを製造させていただきました。

7000系のボディを東京マイスターの原型職人が丁寧にレリーフ彫りしています。

光沢をおさせたホーニングの金メッキ仕上げと彫刻が渋く浮き上がる金古美術の仕上げです。

名鉄産業様の公式HPはこちら

 

名鉄7000系メダルキーホルダー(金メッキ&金古美)

 

鉄道キーホルダー、電車キーホルダー、鉄道模型、鉄道オタク、撮り鉄、電車キーホルダー
7000系・金メッキメダルキーホルダー

 

鉄道キーホルダー、電車キーホルダー、鉄道模型、鉄道オタク、撮り鉄、電車キーホルダー
真鍮製・金古美メダルキーホルダー

 

<仕様>

サイズ 26 x 40 mm、厚み約2mm
彫刻 肉彫り(レリーフ仕上げ)
材質 真鍮製
仕上げ (1) ホーニング金メッキ仕上げ(光沢をおさえたマットな仕上げです)
(2) 金古美仕上げ(真鍮ブロンズ仕上げとも呼びます)

 

オリジナルのメダル・キーホルダーの製造はこちらへ

オリジナル製造はこちらからお問い合わせください。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

状態: 「4/1の新元号待ち」

えっ?新元号はうぐいすだになの?

こんにちは。

気づいたら前回のブログから1ヶ月経っていました。。

最近はキャンペーンの純金メダルや記念品のお仕事の話をいただきますが、

いま多いのは「新元号」の記念品。

メダルのおもて面は、肉彫りの凝ったデザインになり、メダルのうら面はロゴやコピーライトなど文字中心になることが多いです。

裏面には プレート部分を空白でつくっておいて、新元号が決まってから彫刻します。

そう、「新元号待ち」

新元号は「鶯谷」?

新元号の発表は4月1日ですので、複数のプロジェクトでそれ以外の製造を進めていき

4/1以降に新元号を金型、もしくは製品に彫刻します。
4/1に新元号発表されるとすぐ月末にGWきてしまうので、早くとりかからないといけないのでちょっと大変。。

でもGWは今年10連休😍だから、がんばります!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ