家紋をデザインするなら知るべきこの3つ

オリジナル家紋メダル・コインの製作はこちら

日本代表の3つの家紋

サンプルとして残っている家紋がはいった社章メダルなんかを見ていると、「家紋」がデザインの一部に使われていることに気づきます。

なぜこの学校はこの家紋を使うのだろう? その理由や歴史的背景がわかってくるとなかなか興味深いです。

現在も家紋のデザイン・作成で五三の桐紋や八重桜、16枚ではない菊紋を描くことがありますのでこれらの家紋の種類について少し調べてみました。

今回は日本を代表する家紋として特に有名な桐紋葵紋菊紋の3種類についてご紹介します。

 

 

桐紋 – 豊臣秀吉と天皇家 –

まずは桐紋です。意識していないとあまり気づきませんが、おそらく誰もが一度は見ているはずです。

桐紋は天下統一を果たした豊臣秀吉家紋にしていたことで有名です。桐紋はのちほどご紹介する菊紋とともに天皇家の家紋ですが、桐紋は後陽成天皇から豊臣秀吉に与えられています。

「桐」というのは、中国の神話に出てくる鳥・鳳凰が止まる木とされていました。そのため昔から神聖なものとして扱われていたそうです。こうした風習が日本にも伝わり、皇室のみが利用できる格式ある紋章として使われていたそうです。

桐紋にもいろいろな種類がありますが、有名なものは図の五三の桐(ごさんのきり)と五七の桐(ごしちのきり)です。

五三と五七。この数字の意味は家紋のなかにある花の数を示しています。

五三桐は花の数が 3、5、3と並んでいます。また五七桐は花の数が5、7、5と並んでいます。

日本政府の家紋もこの桐紋で、政府の紋章は五七の桐、法務省や皇宮警察の紋章は「五三の桐」です。

五百円玉をみてください。そうです、ここにも桐が入っています。しかしリアルすぎて五七なのか五三なのか分からない。。

桐紋が天皇家の副紋であること、豊臣秀吉が朝廷から桐紋をさずかったように政権の家紋という意味合いもあります。

五三桐紋(豊臣家内閣府)
五三桐(ごさんのきり)
五七桐(ごしちのきり)

 

葵紋 – この紋所が目に入らぬか –

水戸黄門の格さんと助さんが登場、悪者をたおして大喝!

この紋所が目に入らぬか

小さい頃よく水戸黄門をみていたせいか、この家紋をみるとちょっとびくっとします。ドラマの設定が正しければ江戸時代、悪者たちはこの家紋を見ただけで怖気づいてしまったでしょう。

こちらの家紋は三つ葉葵(みつばあおい)と言い、葵の葉を3つ描いた徳川家の家紋でした。

葉っぱの家紋なのですが、この葉はフタバアオイといって通常の葉の数は2枚で3枚葉のものは存在しないそうです。つまり三つ葉葵は三つの葉をもつ架空のフタバアオイです。

天皇は豊臣のあと政権をにぎった徳川にも桐紋を与えようとしました。しかし徳川はこれを固辞したため葵紋の格が上がったとのことです。

徳川の葵の紋

徳川の葵の紋(三ッ葉葵)

 

菊紋 – 花びらを数える癖

さいごは菊花紋章(菊紋)です。警視庁の徽章や国会議員の議員バッジ、また競馬レース菊花賞にもこの菊紋が使用されています。菊の花言葉は「高貴」と「高潔」と「高尚」です。

花弁が陽光に似ていることもあり、古くから天皇家のシンボルとなっています。ちなみに菊は英語でchrysanthemum (クリサンセマム)といい、黄金の花という意味を持っているそうです。

じつはこの菊紋は花びらの数とデザインがとても繊細かつ重要で気をつけないといけません。

菊紋のうち、八重菊を図案化した菊紋である十六八重表菊は日本の天皇および皇室をあらわす紋章です。もともとは天皇家の紋章は日月紋(じつげつもん、横長に丸が2つ描いた紋)であり、法令化された菊紋との関係は調査中です。

 

「十六八重表菊」が公式に皇室の紋とされたのは、1869年(明治2年)8月25日の太政官布告第802号による。親王家の菊花紋として十六葉の使用を禁止し、十四葉・十五葉以下あるいは裏菊などに替えることとした。また、1871年(明治4年)6月17日の太政官布告第285号で、皇族以外の菊花紋の使用が禁止され、同第286号で、皇族家紋の雛形として十四一重裏菊が定められた。その後、1926年(大正15年)に制定された皇室儀制令(大正15年皇室令第7号)第12条[4]、第13条[5] によって正式に定められている。(Wikipedia

 

十六八重表菊は天皇家のみがお使いになられる家紋です。ですのでこれらをあるブランドのロゴや商品の一部に使用することはできません。ちなみに日本国のパスポートは簡略化された十六弁一重表菊紋となっています。

このほかにも花びらが10枚の十菊紋十六裏菊紋菊を半分水に流した菊水紋などがあります。(家紋一覧表

SAKAMOTOもお客様からデザインを送っていただいたさいに16菊紋が入っている場合は、お客様にその理由をお聞きして、場合によっては一部デザインを変更していただくか、製作をお断りさせていただいております。

そのため私たちは菊紋をみたときに花びらの数を数える癖があります。

 

十六弁八重表菊紋

十六八重表菊紋

十六菊紋

十六弁一重表菊紋

硬貨にも菊紋

明治硬貨にも十六菊

 

今回は桐紋、葵紋、菊紋の3種類をご紹介しましたがいかがでしたか?

この他にも日本には広くつかわれている5つの家紋、五大紋があります。

五大紋(ごだいもん)は、日本の家紋のうち、一般的に特に多く分布する藤、桐、鷹の羽、木瓜、片喰の5つの紋のことを指す。
またこれらに、蔦、茗荷、沢瀉、橘、柏の5つを加えて「十大紋」と呼ぶ。
(https://ja.wikipedia.org/wiki/五大紋

また自分の家紋の調べ方もあるらしいので調べてみては? (苗字から家紋を調べる方法!検索に便利サイトで家の由来・ルーツを探る

五百円玉やパスポートや議員バッジなど現代に残る家紋、次回はこの五大紋や戦国武将の家紋海外の紋章にもふれていければと思います。

 

関連記事

オリジナル家紋メダル・コインの製作はこちら
 家紋入りデザインのメダル・コインやアクセサリーを製作?

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

SAKAMOTO公式LINEアカウントです!
友だち追加

家紋メダル(八重桜)
八重桜の家紋メダル(真鍮製、肉彫り、全面磨き)

 

金メダルと3色リボンの間にあるもの?

金メダルと三色リボンと共ツボ

先日、息子に誘われて映画「金メダル男」を見てきました。内村光良さんが原作・脚本・監督・主演を務めており、2011年に上演された内村さんの1人舞台『東京オリンピック生まれの男』を映画化したものです。

小さい頃からあらゆるジャンルで金メダルを目指す男、秋田泉一がいろんなことで一番を目指します、が途中いろいろ苦労します。まあ、大人になってなかなか金メダルや一等賞をとる経験ってなかなかありません。私は社会人時代にあるプレゼンテーションのコンテストで2位をとったことだけ覚えています。。秋田泉一さんはすごいです!

この映画ではありませんが、金メダルは社内表彰などの記念品に適しているのでは?とおもっています。2020年は東京開催のオリンピックイヤーですし。過去のオリンピック大会以上に金メダルに敏感です。(「あなたのグッジョブに金メダルを!」)

これまではブログなどでメダルの用語や仕上げ方法など、金メダルのメダル部分についてご紹介してきました。今回はメダルのメダル以外の部分についてもふれていきます。

 

金メダルとリボンの間にあるもの?

さて、金メダルにはメダル部分と表彰用のリボンをつなぐワッカの部分がありますがこれをなんというかご存知ですか?

この部分はツボと呼びます。ふざけているわけれはありません。私たちはそう呼びます。メダルの側面はコバで、つなぎの部分はツボです。(「コバは磨きますか?コイン用語集」)

ツボはメダルで鎖やリボンなどをつなぎとめる部分のことで、主にツボはメダルにロウ付けされることが多いです。またメダルを彫刻する際、金型を製作する際にツボも一緒に彫ってしまうことも可能です。その場合はツボ部分を共ツボ(ともつぼ)と呼びます。

 

 金メダルと三色リボン
金メダルと表彰リボンと共ツボ

 

ツボの部分も少し繊細で、単純に丸いワッカのものもあれば大きいメダルですと翼のようなものがついた共ツボもあります。SAKAMOTOは金型をつくりますのでご希望があれば特殊なツボにすることも可能です。

通常、リボンは横幅38ミリの大サイズと25ミリの小サイズのに種類をご用意しております。カラーはたくさんご用意がありますのでご希望のものをおっしゃっていただければお探しいたします。(フランス国旗のような三色リボン(トリコロール)、赤白の紅白リボン、赤一色リボンなど。)

やはり金メダルは、メダルと表彰リボンとしっかりとしたケースがセットになって素晴らしい記念品になります。首にかけたときに変な風にみえないか、光沢があるとかえって安っぽく見えないか心配だ、などお客様の疑問に対してお答えいたします。

素晴らしい賞・金メダルを勝ち取ったかたのために、細部にこだわって最高の金メダルをご提供できるように日々準備です!

 

メダルとリボン

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

オリジナルコイン製作の専門店「TOKYO COiN」をオープン

コイン製作の専門店「TOKYO COiN」をオープン

東京コイン製作所「TOKYO COiN」

10月21日 SAKAMOTOはオリジナルコイン製作の専門サイト「TOKYO COiN」(東京コイン)をスタートしました。

量産向けのコインから記念品・表彰向けの小ロットの金貨・銀貨までオリジナルコイン・メダルを製作いたします。TOKYO COiN、職人が国産でつくる東京製コインです。

5000個以上の量産だけでなく小ロットでのコイン製作にもご対応します。

弊社は東京神楽坂で30年以上、徽章・社章、記念メダルの金型・製品を製造してきた実績と東京職人の技術を活かして美しく品質の高いオリジナルコインをプロデュースします。

たくさんの方が「自分だけの、世界にひとつだけのオリジナルコインを手にいたい!」を実現させることを私たちがお手伝いできればと考えています。

金古美や銀いぶしなどのアンティーク仕上げ肉彫り彫刻によるデザイン性の高いコイン、江戸時代からやってきたような穴あきコイン・小判など東京の職人ならではのオリジナルでユニークなコイン製作に対応いたします。

 

オリジナルコインの種類

オリジナルコインとして製作にご対応するコインの種類です。これ以外の材質(地金)やメッキ、仕上げ方法にも柔軟にご対応します。

  • 真鍮製シルバーコイン
  • 真鍮製ゴールドコイン
  • 真鍮製アンティークコイン(銀燻し、金古美)
  • 金製・銀製コイン(K18, K24, SILVER925, 純銀、純金etc)
  • オリジナル小判・古銭・穴あきコイン
  • コイン型アクセサリー・キーホルダー

 

肉彫りのオリジナルコイン・金貨

コインの仕上げ(光沢あり?なし?)

燻し・アンティーク調のコイン

コインのデザインは表裏あるのか、もしくは表のみなのか、磨きをかけて光沢をだすのか、光沢をおさえるのか、などをお問い合わせフォームで選んでいただくだけで簡単にお見積りができます。

またウェブサイトのオープンを記念して、製作をご依頼されたお客様に無料で銀製コインをプレゼントする期間限定キャンペーンをスタートしました。TOKYO COiN – キャンペーンページ

 

 

SAKAMOTO

弊社は創業32年、東京神楽坂で記念メダル・コイン・ピンバッジ・キーホルダーなどの金属製品の金型および製品を製造する工房・製作所です。金型の原型彫刻技術を強みとし、その高い技術が評価され、2011年に東京マイスターに認定されました。

小ロットから5000個以上と幅広い個数の製作が可能です。

製品のサンプルは作成中のため製作ギャラリーを参考にしてください。

 

コインの製作ギャラリー

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

金・銀の重さを計算するツールをつくりました

2016年10月17日
PRESS RELEASE

「地金重さ計算ツール」をリリース

地金の重さを計算するツール「地金くん」
地金の重さを計算するツール「地金くん」

 

10月18日 SAKAMOTOは、金・銀など貴金属のサイズから重さを計算できる「地金重さ計算ツール」をリリースしました。コイン・メダルなどの金属製品の地金の費用を計算するときに、地金の重さを知る必要があります。このツールは地金のサイズから重さを計算する完全無料のオンラインツールです。

 

プレスリリース(PDF)こちらからダウンロード

地金重さ計算ツール「地金じがねくん」

 

地金の重さがわかれば、金・銀などの貴金属は1gあたりの金額が相場で公開されていますので地金代の材料代の概算を出すことができます。(地金代は材料代の他に加工工賃がかかりますのでお店にご確認ください。) こちらのツールは、コインのような丸板タイプ角板タイプの2種類の地金の重さを計算することができます。

現在 対応している地金・材質はこちらの6種類です。

  • K24 GOLD (24金、純金)
  • K18 GOLD (18金)
  • K14 GOLD (14金)
  • K10 GOLD (10金)
  • SILVER1000 (純銀)
  • SILVER950
  • SILVER925
  • 真鍮

 

ツールの使い方

丸板は、直径と厚みをミリ単位で入力します。角板は、縦と横、厚みを入力します。地金の種類を選んで「計算」ボタンをクリックすると、下に地金の重さが表示されます。

地金重さツール使い方

 

ツールの機能

 

SAKAMOTO

記念メダル、コイン、社章などの金属製品をオリジナル製作する創業32年・東京神楽坂の製作所です。小ロットから5000個以上の製品製造を承ります。金・銀・真鍮等の地金にご対応します。

 

対応製品 / 実績
  • オリジナルコイン、レプリカ
  • 小判、古銭
  • 記念メダル、人物メダル
  • 社章、認定バッジ
  • ホテルキーホルダー、金属キーホルダー、根付ストラップ
  • タイピン、カフス、ネックレス、バックル等のファッション金具
  • その他、記念品、ノベルティ等

 

ご連絡

ツールに関するお問い合わせ、改善要望、プレスリリースは SAKAMOTO (sakamoto@an.wakwak.com)までご連絡ください。

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

コイン製造に金型が必要な3つの理由

株式会社SAKAMOTOはオリジナルコインやメダル・社章などの金型を作成・彫刻している製作所です。

金型製作の詳細ページはこちらをご確認ください。→「金型製作のページ | SAKAMOTO

 

なぜ金型が必要なのか?

金型というのはものづくりに必ずついてまわるものです。

型があれば同じものを正確に高速で量産が可能となります。たこ焼きでもそうです。生地を型(たこ焼き機)に流し込んでまとめて10個、20個つくります。もし型がなければ一個一個おにぎりのように手で作らないといけません。手間(コスト)がかかります。

そもそもたこ焼きは熱すぎておにぎりのように手でこねこねできないので、さて、どうやって作ろうか。。

オリジナルのTシャツを作るのにも版代がかかってきます。

コイン、社章、キーホルダーの金属製品の場合は、はじめに金型・原型をつくります。

これらの金属製品を製造するために鍛造・金属プレス、鋳造タイプのラバーキャスト、ダイカスト、ロストワックスなど様々な製法がありますがどれも原型がなければつくれません。オリジナル製品をつくるのには型の製造が必要です。

金型を製造する理由には次の3つが挙げられます。

1. 製造のスピードを上げる(短納期)
2. 製造のコストを下げる(低コスト)
3. 製品の品質を安定させる(高品質)

 

金型があれば次の製造工程でたこ焼きのようにホイホイと量産することができます。また、それにより一個製作のコストが下がります。もうひとつは製品の品質です。コインの製作をもし一個ずつ製作したらどんなに凄腕の職人でも全く同じものを何百個も作れません。特にコインなどは直径や厚み、重さの指定があるものです。金型のみならず抜き型枠打ち型絞り型などを使うことによって製品の品質を安定して高めることができるのです。

金型代と製造単価は別

基本的に金型代と製造単価は別です。

製造業者によっては金型代が記載されてないものがありますが、その場合は単価に上乗せしています。金型は鋼や鉄の土台に製品と同じ形のものが彫られています。最初の一個をつくるような作業であり、土台の材料代や金属彫刻のコストなどがかかります。

コインやメダルを製造する場合は、地金代(材料代)のほかに製造・磨き・メッキ・仕上げの工賃を合わせて、一個の製造単価となります。これらは一個あたりにかかってくる作業ですので単価計算します。

それに対して、金型は1個だけつくりますので単価とは別の費用です。金型代を個数でわって上乗せしたものを製造単価とするか、金型代と製造単価は別とするかは分け方の違いです。金型はつくってしまえば、こわれるまで使えるので2回目以降の製作では費用がかかりません。その意味では金型代と製造単価は分けておいたほうがよいでしょう。

 

 

金型代と製造単価の関係

 

単価をおさえるためには?

例えばある記念コインの製造について、金型代が2万円、製造単価が300円かかるとします。

小ロットで50枚のみ製造する場合は、金型代を枚数でわって400円が単価に乗って一枚あたり700円かかります。同じコインを1000枚製造する場合は、20円がのって一枚あたり320円かかります。さらに製造単価も製造枚数がふえればコストが下がるため300円よりもさがります。どうしでも小ロットの製作は単価があがりますので、下げるためにはある程度まとめて作ることなります。

お客様の予算の範囲でできるデザイン仕様について仕上げイメージをつくってご提案いたします。

コストをあまり下げていくと片面のみになったり、安価な仕上げになるなどいろいろ制約がでてきます。いいモノというのはそれだけお金がかかるってことですね。

 

株式会社SAKAMOTOはオリジナルコインやメダル・社章などの金型を作成・彫刻している製作所です。

金型製作の詳細ページはこちらをご確認ください。→「金型製作のページ | SAKAMOTO

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ