純銀NEM 限定25個 注文受付開始(+ 純銀XRP 限定5個)

純銀NEMの「透け七宝」を見直して再開発していた純銀NEM(ver2)の磨きが完了し第1号が完成しました。

前回の記事→ 『純銀NEMの『透け七宝』を見直してver2を開発 』

3つの和柄、矢絣、麻の葉、青海波が七宝の中に透けて見えます。

七宝を入れるための彫りの深さと地模様の浅さを注意深く計算しながら金型を完成させます。七宝は何種類もの貴重な七宝の釉薬で試して七宝焼きを試しました。

 

4月17日(土)の12:00から限定25個で純銀NEM ver2の注文受付を開始します。

※ 上記の時間まではBASEの在庫は0になっていますが時間がきたら在庫数をかえて注文を受付します。

※ 純銀NEM、純銀XRPは記念品のコイン となりますので仮想通貨としての機能はありません。

 

純銀NEM ver2 仕様

材質 純銀 (SILVER 99.9%)
直径 30mm
厚み 約1.8mm
仕上げ 両面サンドブラスト・両面凸磨き・表3色 透け七宝・ロジウム仕上げ
価格 18,000円
ネットストア(URL) https://store.medals.tokyo/items/42841532
納期 約3週間(初回分は5/12発送予定)
備考 こちらのコインは造幣局の刻印は入りません。
ケース 紺色ビロードケース

 

純銀NEMの製作風景をYouTubeにまとめました(^ ^)

 

純銀XRPも限定5個で注文受付開始

また同時に、純銀XRPもようやく完成し、初回分が少ないのですが4/17 から販売を開始いたします。

 

純銀XRP仕様

材質 純銀 (SILVER 99.9%)
直径 30mm
厚み 約1.8mm
仕上げ 両面サンドブラスト・両面凸磨き・ロジウム仕上げ
価格 10,200円
ネットストア(URL) https://store.medals.tokyo/items/42840516
納期 約1週間(初回分は5/12発送予定)
備考 こちらのコインは造幣局の刻印は入りません。
ケース 紺色ビロードケース

どうぞよろしくお願いいたします。

 

過去の記事一覧

 


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」

純銀NEMの『透け七宝』を見直してver2を開発

2018年から製造を続けていた純銀NEMの製造を終了しました。

純銀NEMは、ネムのロゴを日本の職人技である「七宝焼き」で表現することにこだわった記念コイン です。

このたび 七宝の部分の透かしをこだわり、和柄がより美しく浮かび上がる様に製造工程を見直しました。

仕上げは勲章のように手間をかけて、墨研ぎし、七宝2盛り・3盛りまでしてから研ぎ、研磨、仕上げを行います。

「純銀NEM ver2」として今月末からBASEで注文を受付開始する予定です。

七宝焼きがおわったところです。

さきほど なんと公式からリツイート!

 

また磨きの試験をおこないました。

 

またTwitterで進捗をご報告いたします。

 

純銀NEM ver2 仕様

材質 純銀 (SILVER 99.9%)
直径 30mm
厚み 約1.8mm
仕上げ 両面サンドブラスト・両面凸磨き・表3色 透け七宝・ロジウム仕上げ
価格 未定
ネットストア(URL) BASEに4月末掲載
納期 約1週間
備考 こちらのコインは造幣局の刻印は入りません。
ケース 紺色ビロードケース

 

過去の記事一覧

 


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」

居酒屋 オリジナルメダルを製作

中野坂上にある居酒屋 平田屋さんのオリジナルメダルを製作させていただきました!

 

 

真鍮製のコインでメッキはつけていないので、材質本来の雰囲気がでてかっこいいです。

だんだん味わいもでてくるとおもいます。

居酒屋さんや飲食店、カフェやバーなど、クーポンや会員専用などにオリジナルのメダルをつかうのはCOOLですね😎

オリジナルコインの製造を希望のかたはお気軽にお問い合わせください!

 


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」

コインをかっこよくする4つのオリジナルコインケース

製作したオリジナルコインはケースにおさめてやっと完成ですのでケース選びも重要です。ケースの蓋部分に金の箔押しをするとまた一段とかっこ良くなります。

ケースの種類はたくさんありますのでこちらのページを参考にしてどのようなケースにするかご検討ください。またコイン製作のページも合わせてご確認ください。

オリジナルコイン製作のページはこちら

 

コインケースの種類

プラケース

プラスチックケースはコスト的に最も安価におさえることができます。

コインのサイズは25−30ミリの直径のものが多いのでそれに合うように50x50ミリサイズを選ぶことが多いです。メダルの場合は直径が60ミリを越える場合やリボンが付く場合がありますので縦長の大きなケースで立つスタンドタイプのものが一般的です。

プラケースのもう一つの利点はフタをした状態でも中が見えることです。そのためデスクなどにそのまま飾ることができます。ケースの中はウレタン生地でコイン部分がくり抜かれています。

30ミリコイン+プラケース

 

 

ビロードケース

表彰記念品などでメダルやコインを贈呈する場合や、純金や純銀の高級材質のコインはビロードケースにすることが一般的です。プラケースだと少し物足りないですね。

ビロードケースは毛足の長い糸で織り込まれているケースです。ベルベットとも呼びます。基本は紺色ですがそれ以外にもブラックやワインレッド、モスグリーンなどの色がありますので「このような色はあるか?」などの質問はお気軽にお訪ねください。

コイン以外にも社章やタイピン・カフスはビロードケースに入れることが多いです。またプロポーズするときの指輪は化粧箱に入っていますがビロードケースも多いですね。ネックレスなどのジュエリーでもつかわれます。

純金コイン+高級ビロードケース

 

 

桐箱

桐箱も高級ケースとして古くから利用されています。骨董品・数珠・文鎮・茶道具なども品よく桐箱に入っていますね。なぜ桐箱が選ばれるのでしょうか?実は桐箱にはたくさんの効能があります。

  • 軽くて持ち運びやすい
  • 変形しにくいため長期保存可能。
  • 柔らかく、衝撃を吸収する
  • 湿気を通しにくいので、カビが生えにくい
  • 虫がつきにくい

桐箱には「和」な製品との相性が良いため小判などは桐箱に入れることが多いです。社章も割と桐箱が選ばれます。

桐箱は基本的には職人の手作業で作成しますので決まったサイズがあるわけではありません。品物のサイズ(縦・横・厚みなど)やバランスをお客様とお話しして決めていきます。

 

 

その他

その他にはレザーケース(革)や紙の貼り箱などが作成可能です。また詳しく追記していきます。

コインの貼り箱
コインの貼り箱

 

コインケースへの箔押し・印字・プリント

コインケースはオリジナルコインに合わせて製作します。ケースに文字やブランドロゴなどをデザインとして入れることができます。プラケースや桐箱であれば蓋の表面、ビロードケースは蓋の内側の白い部分に金で箔押しすることができます。

オリジナルコインと同じように箔押ししたいデザインをイラストレータで作成します。もしaiのデータがなくてもロゴのデザインがあれば送っていただければこちらである程度調整することができます。

 

ケースはオリジナルコインと合わせてお見積もり・ご提案させていただきます。「こんなケースに入れることができるかな?」などお気軽にお問い合わせください ^^

お問い合わせはこちら↓

 


製造業 ブログランキングへ

SAKAMOTO公式LINEアカウントです!
友だち追加

2020年だからオリジナル金メダルをつくろう!

2020年が始まりました。今年も1年どうぞよろしくお願いいたします。

今年は何と言っても「東京オリンピック」!

オリンピックといえば「金メダル」!

金メダルがほしい!

ということで弊社で製作している金メダルについてご紹介したいと思います。

 

金メダルはどうやって作られるの?

そもそも金メダルはどうやって作られるのでしょうか?

金メダルの完成品はみなさん見たことがあるでしょうがなかなかその工程は知らない人が多いですね。

1.デザイン

もちろん製作するまえにはデザインをつくる必要がありますが必ずしもデザイナーが必要というわけではありません。メダルに入れる企業ロゴや装飾(月桂樹等)のデータがあればそれらを組み合わせてデザインを完成させます。

2.金型作成

鏨や彫刻機をもちいて鋼材にデザインを彫刻します。彫り方の種類はおおきく平彫りと肉彫りに別れるます。表と裏の金型が完成したら実際にメダルを製造していきます。


3.製造(プレス加工・抜き加工)

プレス機で製作した金型に真鍮や銅などの材料をセットして上からプレスして模様をだします。なかには100tをこえる大きなプレス機で強力な力でプレスして作るメダルもあるんですよ。

プレスするのはメダルの模様をだすためで、そのあとに抜き型というものをセットしてまた上から強い力でプレスして周りを切り落とします。例えば四角いプレートだったら抜き型は四角い形になります。プレスで模様だし、抜きで形がきまる、と覚えてください。


4.研磨とメッキ加工(+色入れ等)

プレスしてできたメダルをバフで研磨していきます。良い品物とそうでない品物は磨きで決まるといっても過言ではありません。

メダルの研磨は表面、裏面、側面(コバ)の3箇所に分かれます。バフの番手を荒→中→細と使い分けてキズをとりながら光沢をだしながら仕上げていきます。研磨後に品物を洗い、最後にメッキ加工します。金メダルはもちろん金でメッキコーティングします。

オリジナル金メダルの完成!

既成品のメダルはカタログから選ぶことができますが選択肢がかぎられますので合うものが見つかるかわからない。

また他社さんとかぶってしまうかもしれない、オリジナル性に欠ける、

といった理由でオリジナルの金メダルをつくろうという企業やお客様も増えています。

オリンピックイヤーの2020年あたらしいオリジナル金メダルを作成しませんか?

 

オリジナルメダルの製作風景(YouTube)

 

関連記事

 

東京スポーツGOLDコインAmazonで販売開始

 

オリジナルメダル作成のお問い合わせはこちら

オリジナルメダル・コイン製作についてこちらにより詳しくまとめていますのでご確認ください。

オリジナルメダルの製作ページ

オリジナルコイン一覧 ・記念メダル一覧 金貨 銀貨 通貨発行所

 


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」