コインをかっこよくする4つのオリジナルコインケース

製作したオリジナルコインはケースにおさめてやっと完成ですのでケース選びも重要です。ケースの蓋部分に金の箔押しをするとまた一段とかっこ良くなります。

ケースの種類はたくさんありますのでこちらのページを参考にしてどのようなケースにするかご検討ください。またコイン製作のページも合わせてご確認ください。

オリジナルコイン製作のページはこちら

 

コインケースの種類

プラケース

プラスチックケースはコスト的に最も安価におさえることができます。

コインのサイズは25−30ミリの直径のものが多いのでそれに合うように50x50ミリサイズを選ぶことが多いです。メダルの場合は直径が60ミリを越える場合やリボンが付く場合がありますので縦長の大きなケースで立つスタンドタイプのものが一般的です。

プラケースのもう一つの利点はフタをした状態でも中が見えることです。そのためデスクなどにそのまま飾ることができます。ケースの中はウレタン生地でコイン部分がくり抜かれています。

30ミリコイン+プラケース

 

 

ビロードケース

表彰記念品などでメダルやコインを贈呈する場合や、純金や純銀の高級材質のコインはビロードケースにすることが一般的です。プラケースだと少し物足りないですね。

ビロードケースは毛足の長い糸で織り込まれているケースです。ベルベットとも呼びます。基本は紺色ですがそれ以外にもブラックやワインレッド、モスグリーンなどの色がありますので「このような色はあるか?」などの質問はお気軽にお訪ねください。

コイン以外にも社章やタイピン・カフスはビロードケースに入れることが多いです。またプロポーズするときの指輪は化粧箱に入っていますがビロードケースも多いですね。ネックレスなどのジュエリーでもつかわれます。

純金コイン+高級ビロードケース

 

 

桐箱

桐箱も高級ケースとして古くから利用されています。骨董品・数珠・文鎮・茶道具なども品よく桐箱に入っていますね。なぜ桐箱が選ばれるのでしょうか?実は桐箱にはたくさんの効能があります。

  • 軽くて持ち運びやすい
  • 変形しにくいため長期保存可能。
  • 柔らかく、衝撃を吸収する
  • 湿気を通しにくいので、カビが生えにくい
  • 虫がつきにくい

桐箱には「和」な製品との相性が良いため小判などは桐箱に入れることが多いです。社章も割と桐箱が選ばれます。

桐箱は基本的には職人の手作業で作成しますので決まったサイズがあるわけではありません。品物のサイズ(縦・横・厚みなど)やバランスをお客様とお話しして決めていきます。

 

 

その他

その他にはレザーケース(革)や紙の貼り箱などが作成可能です。また詳しく追記していきます。

コインの貼り箱
コインの貼り箱

 

コインケースへの箔押し・印字・プリント

コインケースはオリジナルコインに合わせて製作します。ケースに文字やブランドロゴなどをデザインとして入れることができます。プラケースや桐箱であれば蓋の表面、ビロードケースは蓋の内側の白い部分に金で箔押しすることができます。

オリジナルコインと同じように箔押ししたいデザインをイラストレータで作成します。もしaiのデータがなくてもロゴのデザインがあれば送っていただければこちらである程度調整することができます。

 

ケースはオリジナルコインと合わせてお見積もり・ご提案させていただきます。「こんなケースに入れることができるかな?」などお気軽にお問い合わせください ^^

お問い合わせはこちら↓

 


製造業 ブログランキングへ

SAKAMOTO公式LINEアカウントです!
友だち追加

2020年だからオリジナル金メダルをつくろう!

2020年が始まりました。今年も1年どうぞよろしくお願いいたします。

今年は何と言っても「東京オリンピック」!

オリンピックといえば「金メダル」!

金メダルがほしい!

ということで弊社で製作している金メダルについてご紹介したいと思います。

 

金メダルはどうやって作られるの?

そもそも金メダルはどうやって作られるのでしょうか?

金メダルの完成品はみなさん見たことがあるでしょうがなかなかその工程は知らない人が多いですね。

1.デザイン

もちろん製作するまえにはデザインをつくる必要がありますが必ずしもデザイナーが必要というわけではありません。メダルに入れる企業ロゴや装飾(月桂樹等)のデータがあればそれらを組み合わせてデザインを完成させます。

2.金型作成

鏨や彫刻機をもちいて鋼材にデザインを彫刻します。彫り方の種類はおおきく平彫りと肉彫りに別れるます。表と裏の金型が完成したら実際にメダルを製造していきます。


3.製造(プレス加工・抜き加工)

プレス機で製作した金型に真鍮や銅などの材料をセットして上からプレスして模様をだします。なかには100tをこえる大きなプレス機で強力な力でプレスして作るメダルもあるんですよ。

プレスするのはメダルの模様をだすためで、そのあとに抜き型というものをセットしてまた上から強い力でプレスして周りを切り落とします。例えば四角いプレートだったら抜き型は四角い形になります。プレスで模様だし、抜きで形がきまる、と覚えてください。


4.研磨とメッキ加工(+色入れ等)

プレスしてできたメダルをバフで研磨していきます。良い品物とそうでない品物は磨きで決まるといっても過言ではありません。

メダルの研磨は表面、裏面、側面(コバ)の3箇所に分かれます。バフの番手を荒→中→細と使い分けてキズをとりながら光沢をだしながら仕上げていきます。研磨後に品物を洗い、最後にメッキ加工します。金メダルはもちろん金でメッキコーティングします。

オリジナル金メダルの完成!

既成品のメダルはカタログから選ぶことができますが選択肢がかぎられますので合うものが見つかるかわからない。

また他社さんとかぶってしまうかもしれない、オリジナル性に欠ける、

といった理由でオリジナルの金メダルをつくろうという企業やお客様も増えています。

オリンピックイヤーの2020年あたらしいオリジナル金メダルを作成しませんか?

 

オリジナルメダルの製作風景(YouTube)

 

関連記事

 

東京スポーツGOLDコインAmazonで販売開始

 

オリジナルメダル作成のお問い合わせはこちら

オリジナルメダル・コイン製作についてこちらにより詳しくまとめていますのでご確認ください。

オリジナルメダルの製作ページ

オリジナルコイン一覧 ・記念メダル一覧 金貨 銀貨 通貨発行所

 


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」

1枚100円以下でオリジナルコインを作りたい?

先日の問い合わせでこんな質問を受けました。

オリジナルコインを1枚100円以下でつくれますか?

例えばレストランやカフェでショップのオリジナルコインで買い物ができるようにしたり、会員さまはスペシャルコインで待遇を受けられるようになるサービス向けコインです。

また商店街の地域通貨的な役割として使いたいなど、様々な用途でオリジナルコインが求められます。個人的にも紙のカードよりも金属製のコイン・メダルはかっこいいですしね!

イベントに参加したお客さまに配布するノベルティコインも同様です。

販売するコインではないので、コイン自体はできるだけ低コストでつくりたい、でもショップのブランディング面を考えても手にとってかっこいいコインにしたい、という悩み。

オリジナルコインを1枚100円以下でつくれますか?

えー、おほんっ、結論として、、できますがいくつか条件があります。

  • ロットが1000枚以上(500枚以下は要相談)
  • メッキを安価なものに or メッキなしにする
  • コインサイズを小さめに(たとえば五百円玉かそれ以下)

ロットが1000枚以上になってくればコインの製造単価は大きくさがっていきます。

またオリジナルコインは基本的に五円玉や十円玉のように真鍮や銅で製造しますが、通常はメッキ加工を施します。

例えば真鍮製にニッケルメッキをかけて銀色のコインに仕上げます。

コスト優先であればメッキをかけないで軽めに研磨だけして終わりにするコインです。「ナチュラルコイン」とでも呼びましょうか。

メッキ工程を省くのでそのぶん加工賃が下がります。ただしメッキをかけていないので時間が経つとだんだん暗めに変色していきます。

それもコインの味だととらえればナチュラルコインを上手に活用することもできるとおもいます。

上記はコインを製造するための金型代は含んでおりません。最低表面の型代はかかりますのでいくらくらいになるかはご相談ください。

侍コイン(メッキなし)・ミラノ・ドゥオモの前で…

お問い合わせはこちら!

製作のご相談・お見積もりはこちらからお気軽にお問合せくださいませ!

 

オリジナルコインの世界は奥が深いです。より詳しくしりたいかたはこちらもご確認ください。

オリジナルコイン・記念メダル製作のページ

オリジナルコイン一覧 ・記念メダル一覧 金貨 銀貨 通貨発行所

 


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」

江戸時代の大判は94万円貨幣だった?

やっと涼しくなってきました(^^)

金銀真鍮などの色々な製品を日々製造しながら「そういえば最近小判多いなー。」と思いつつ

ん?あれそういえばずっと小判つくってない?

元号がかわって令和になったからなのか、令和元年の今年はいやー、なにかと小判の製作のお問い合わせが多いです。

小判は真鍮でも銀でも同じ金型で製作できるのですが、(観光地で売ってるのは安いですしね) やっぱり人気は「純金小判」!とくに造幣局の検定入りの純金小判をつくりたいというお話をいただきます。

小判は江戸時代を中心に実際に金貨として使用されていました。小判の「一両」は現代の価値に直すといくらくらいかな?

千両箱に入っている小判は、時代によって重さや価値が違ってくる。徳川家康が慶長6年(1601)に造らせた慶長小判なら、一両4.76匁(もんめ)、すなわち17.85g。千両なら17.85㎏。千両箱そのものの重さが、5~6㎏といったところだから、千両箱1箱は約25㎏といったところである。そんなものを担いで走ったら、なんだかすぐに息切れしそうである。

小判の話

これを参考にすれば純金小判が18gとして、本日の金相場が1g5678円で計算すると約10万円です。小判一枚が10万円札みたいなものか。

実際に純度100%の金ではなかったかもしれないのでこれより10万円よりは安かったかもしれません。しかし江戸に暮らしていた庶民はあまり目にしなかったかもしれないですね。

「猫に小判」っていうけど、わたしが猫ならとりあえず小判に飛びつきますね!
「真珠より念仏より小判、うらぁ」ってことわざはないか。。

猫に純金小判千両!!

ちなみに慶長大判は約165gですので、単純計算すると約94万円!!!よっ!お代官さま、お・金・持・ち!

明治以降は日本も急速に近代化して通貨は正円のコイン型になり小判は貨幣ではなくなりました。現在製造される小判は貨幣ではなく記念品的な位置付けになります。

もちろん純金小判は100%金で製造されていますので重量分の金の価値があります。宝石などと比べても売るときに価値が落ちないのは金の大きな魅力でしょう。

また金はいままた価値が上がっていますからね。また金そのものが持つ色の魅力。ゴールドなんですから。

また小判のかたちは米俵を表しているそうです。とても縁起が良いですし、デザインや装飾の美しさもあわせて現代も小判が人を魅了するのでしょう。あと日本独自の文化ですから外国人観光客も小判はお土産にプレゼントすると喜びますよ!

SAKAMOTOでは小判の受注製造のあいまにオリジナルの純金小判も製造を始めています。何十グラムだと値段もはりなかなか手を出せないというかたもいるとおもいますので、10g以下になるように少し小さな可愛い、でも伝説の生き物を肉彫りで彫る本格的な純金小判になりますので楽しみにしてください!

 

オリジナル小判・純金小判の製作はこちらへ

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

SAKAMOTO公式LINEアカウントです!
友だち追加

状態: 「4/1の新元号待ち」

えっ?新元号はうぐいすだになの?

こんにちは。

気づいたら前回のブログから1ヶ月経っていました。。

最近はキャンペーンの純金メダルや記念品のお仕事の話をいただきますが、

いま多いのは「新元号」の記念品。

メダルのおもて面は、肉彫りの凝ったデザインになり、メダルのうら面はロゴやコピーライトなど文字中心になることが多いです。

裏面には プレート部分を空白でつくっておいて、新元号が決まってから彫刻します。

そう、「新元号待ち」

新元号は「鶯谷」?

新元号の発表は4月1日ですので、複数のプロジェクトでそれ以外の製造を進めていき

4/1以降に新元号を金型、もしくは製品に彫刻します。
4/1に新元号発表されるとすぐ月末にGWきてしまうので、早くとりかからないといけないのでちょっと大変。。

でもGWは今年10連休😍だから、がんばります!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ