FURENAI、FURENAIライト、FURENAIブラックの違い

1/28にめざましテレビで弊社のドアオープナー FURENAIが紹介されました。

→ [めざましテレビ] ドアオープナー FURENAIが紹介されました

放送が朝5時と7時台の2回あったんですが、やはりテレビの影響は大きくて!

そのタイミングでAmazonのネットストアにたくさん注文がはいって、在庫分もだしたんですが、、一気に在庫切れに。。

そもそも急な取材でしたので、想定してなく、、現在しこしこ追加分を製造中でございます。

現在、FURENAIシリーズで3種類(このほかに実は純銀もだしましたが現在は製造中止)をだしていますが、それぞれの違いについてあまり説明してこなかったのでここで紹介します。

テレビで紹介していただいたのは3種類あります。

  1. FURENAI(フレナイ )
  2. FURENAI Lite (フレナイ ライト)
  3. FURENAI Black (フレナイ ブラック)

3種類は形状はまったく同じです、素材は99.9%銅(純銅)で製造しており、同じ型をつかっています。この3つは仕上げ方法がちがいます。

SAKAMOTOで最初に開発・製造した記念すべきFURENAIは写真の左側のものです。

こちらはサテーナ仕上げやヘアライン磨きと呼ばれる仕上げで、全体を磨いた後、縦に美しい線が入る処理を施しています。

2番目のFURENAIライトは、1番とにていますが、違いは1番のFURENAIが光沢ありの仕上げに対して、FURENAI Liteは全体にサンドブラスト処理を施したマットな仕上げになっています。FURENAIに対して手間がかからないため量産に適しているため少しお安くなっています。

3番目のFURENAI BLACKは、1番のようなサテーナの仕上げを施したFURENAIの上にネオブラックというメッキ処理を施して、なんともいえないマットなブラックカラーになっています。BLACKが一番ファッション性が高いのではないでしょうか。

 

1番目のFURENAIが追加製造しておりますが、FURENAIライトのほうはまだ在庫に余裕がございますので、よろしければライトさんのほうも見てみてください。

実は裏で超軽量(?)のアルミ製FURENAIも試作も進めています。

こちらも完成したらもうすこしでお披露目しますのでブログみてみてね!

 

関連記事

 


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」

 

[めざましテレビ] ドアオープナー FURENAIが紹介されました

1/28のめざましテレビでSAKAMOTOで開発・製造している純銅 ドアオープナー  FURENAIが紹介されました(^O^)/

SAKAMOTOで開発してドアオープナー 。左からFURENAI、FURENAIライト、FURENAIブラック

 

都内は緊急事態宣言のまっただなか、コロナ対策・非接触対策のひとつとして抗菌作用のある純銅のドアオープナー が再び注目されています。

純銅製ドアオープナー FURENAIを開発した株式会社SAKAMOTOの坂本光雄

再びドアオープナー の需要が高く、製造が追いついていないというお話をしました。

コロナ対策として注目! 「銅」の驚きの殺菌作用

 

洗面台の水道の蛇口をドアオープナー で開ける FURENAI

洗面所の水道の蛇口でもドアオープナー をつかって触れずに水をだすことができます

またドアの鍵をドアオープナー 開けて、そのままドアの開閉、鍵を閉めるところまで

ドアの鍵をドアオープナー FURENAIをつかって開ける

 

自動販売機の缶をとりだすときにこのようにドアオープナー で開けてとりだす。ドアオープナー で自動販売機の取り出し口から飲みものをとりだす FURENAI

お年寄りのかたが階段をのぼるときなどは手すりにドアオープナー をひっかける。

純銅製ドアオープナー FURENAIを開発した株式会社SAKAMOTOの坂本光雄 お年寄りも階段を上るときにひっかけて使えるドアオープナー FURENAI

 

このようなかんじで、ドアを開けるだけではなく

  • 水道の蛇口をまわす
  • 窓の鍵をあけたりしめたり
  • 自動販売機のとりだし

などドアオープナー をつかうことでさまざまな用途で直接ものにふれることを防ぐことができます。

 

という内容でした!

 

ドアオープナー  FURENAIの購入についてはこちらの記事にまとめております。チェックしてみてください。

コロナ対策・非接触・純銅製ドアオープナー  FURENAIのページ

Amazon 販売サイトはこちら

 

関連記事

 


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」

今日は東京317人、第三波にそなえて非接触対策を。

11月に入ってから北海道で感染者が200人をこえるなど第三波の兆しが見えていましたが、東京も本日感染者317人と増加しています。

国外はフランスやアメリカで1日1万人の感染者をこえるなど猛威をふるっていますね。日本もまだまだ最中というか、これからというか。。

課題は感染対策とどうじに経済の停滞をふせぐこと、回復、なのでしょうが、そんな簡単なはなしではないですね。

弊社で製造をつづけているドアオープナーも少し落ち着いてましたが、今月からまた注文が増えています。

通勤・通学で非接触に気をつけているかたや、企業さまにすこしでもお役に立てれば幸いです。

Amazonストア→ FURENAI (フレナイ) ドアオープナー 純銅 日本製 銅 99.9% 高級ヘアライン仕上げ プレス製造 非接触 抗菌 コロナ対策 アシストフック

 

弊社の純銅製のドアオープナー FURENAI は、おかげさまで法人さまからのご注文もおおいのですが、個数を100個〜5000個以上など、まとめて必要な場合は、例えば企業ロゴを刻印してまとめて製造すれば単価をおさえることが可能です。

まとまった注文をお考えの場合は、問い合わせフォーマットからご連絡くださいませ!

それでは今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

[法人向け]コロナ対策ドアオープナー のカタログはこちら

 

ブログランキング

 

ドアオープナー FURENAI の製造工程を初公開

純銅のドアオープナー  FURENAI の製造工程をご紹介する動画を作成しました。

YouTubeにUPしましたのでご覧ください!

(プレス機のスコーン!という音がでるのでオフィスにいるかたは音量を小さくして聞いてください..w)

よろしければYouTubeチャンネル登録お願いします (^^)

 

簡単に補足しますと、FURENAI の製造工程は 金型製造 →プレス製造→研磨 と移っていきます。

ドアオープナーのデザインは、金型に彫り込まれています。金型に銅をセットして150tのプレス機でプレスします。(裏型があれば裏型もセットするよ)

この状態では、ドアオープナーの模様が銅に移っていますが、形状は四角のままです。

これを抜き型という型をセットしてスコーンと抜きます。この状態で形状がドアオープナー になります。

次に研磨の工程に移ります。

ドアオープナー は持ち手の部分は痛くならないように、弊社ではリューターで丸く磨いています。(これが一手間なんだ(汗)

表面はボンドという硬い円盤でピカピカに磨いていきます。このボンドはなかなか使いこなせる職人が少なく、バフは研磨はよくやるのですが、ボンドで仕上げられる職人は少ないです。

最後に、ヘアラインの模様が入るようにサテーナ加工を加えて完成です。

 

純銅製 ドアオープナー FURENAI  の詳細についてはこちらをご確認ください。

→ 純銅製ドアオープナー 「FURENAI (フレナイ)」完成・販売開始

 


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」

 

純銅製ドアオープナー FURENAIシリーズ のご紹介

SAKAMOTOで製造しているドアオープナー はAmazonストアやロフトで販売中です!

 

純銅製 ドアオープナー  BUSINESS 5個入り-01-01

FURENAI 5個セット(割引)

 

純銅製ドアオープナー

FURENAI 1個入り

 

純銀製ドアオープナー  FURENAI PREMIUM

 

関連記事

企業コラボ? Wネーム? 「刻む」ドアオープナー「FURENAI x ??」

先月、弊社で製造している純銅製のドアオープナー 「FURENAI」を買ってくれたかたから依頼されて文字の刻印を入れました。

ドアオープナーに文字を刻印 企業コラボ?Wネーム?
ドアオープナーに文字を刻印

まだ磨く前だから表面は荒いけど、素敵ですよね?

とても喜んでくれたのでこのような形でオリジナルを作るのもよいとおもいます。

企業のブランドロゴ、会社名やクリニックの名前など、、

 

まずはあまびえちゃんとドアオープナーをWネーム(?)で1個つくりはじめています。完成したらお見せしますね!

 

FURENAI x AMABIE Wネーム ドアオープナー コラボレーション
FURENAI x AMABIE Wネーム ドアオープナー コラボレーション

 

刻印を入れてオリジナルのドアオープナーにしませんか?

三個から対応いたしますので、ご希望のかたはご連絡くださいませ😊

500-1000個など個数が増えても製造の対応は可能ですので、お問い合わせいただければおみつもりいたします。

お問い合わせはこちら

 

関連記事

 


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」