「純銀NEMコイン・七宝入り」製作開始・進捗状況

純銀・七宝ネムコイン製作開始

(更新)9月中旬「純銀NEMコイン七宝入り」限定受注開始

 

サカモト彫刻は純金ビットコイン純金モナコインにつづいて、「純銀製・七宝入りNEM」のリアルコインの製作を開始しました。

純銀(SILVER1000)の材質でネムのロゴを日本の伝統工芸でもある透けの七宝焼きで表現することをテーマとしています。

七宝焼き(しっぽうやき、英語: enamel)とは、金属工芸の一種で伝統工芸技法のひとつ。金属を素地にした焼物ともいえる。青銅などの金属素地に、釉薬(ゆうやく)を摂氏800度前後の高温で焼成することによって、融けた釉薬によるガラス様あるいはエナメル様の美しい彩色を施す。日本語の七宝焼の名称の由来には、宝石を材料にして作られるためという説と、桃山時代前後に法華経の七宝ほどに美しい焼き物であるとしてつけられたという説がある。(Wikipedia)
Shippoyaki (cloisonne) has been part of the world of Japanese art for hundreds of years. The earliest example is in the Asuka Period in the latter part of the 6th century.

七宝焼は、何百年にもわたって、日本の美術の一角を占めてきました。最初に作られた七宝焼きは、6世紀後半の飛鳥時代にさかのぼります。(引用元

サカモト彫刻は、30年以上の製作のなかで、国・造幣の素晴らしい七宝の勲章を近くで見たり記念品の製作にたずさわり、七宝焼きの美しさに心を惹かれています。

しかしだんだんと、「七宝」で社章やメダル・記念品の色を入れる需要がなくなり、かわりにラッカーやエポによる塗装、印刷にかわりました。そのため最近は町ではあまり七宝入りの品物を見なくなりましたし、若い人も知らないかたが多いです。

ネムの色をいれる上で、是非「七宝」の美しさで表現したいと、七宝の製作所にご協力をお願いして製作を開始いたしました。

 

ネムコインの金型から色入れ

日本は明治から欧州の影響を受けて大判・小判から正円の貨幣を製造し始めました。貨幣博物館にいくと日本の貨幣の歴史の変遷を知ることができてとても興味深いです。

明治金貨のようにコインのまわりに「ミール」という小さなドーム型の地模様を二重に鏨(たがね)でいれております。

金型を製作したあとは粘土や鉛の板にプレスして彫りの具合を確認します。

純銀ネムコインは「透け」とよばれる透明がかかった七宝を入れたときになかに浅く彫り込まれれた3種類の日本の和柄を浮かび上がらせるために」、七宝を入れるための彫りの深さと地模様の浅さを注意深く計算しながら金型を完成させます。

金型が完成したら「火」を入れて金型をかためます。それでもう元には戻れません。

 

サンプルをつくるために金型で純銀の板にプレスしてコインを造ります。このままでも十分に美しい純銀コインです!

 

 

七宝は何種類もの七宝の釉薬で試して七宝焼きを試しました。最後は持った七宝と銀を丁寧にマイスターの職人が磨き初回・第1号の純銀ネムコイン・七宝入りの完成です。

七宝の美しさは頭の中のイメージをこえるほど美しくできれば直接見てもらいたいなあ、というくらい!

 

 

このあとは裏型を造りあらためてサンプルを再作成します。純金モナコインと同様に造幣局で純銀証明の刻印を入れる予定です。製造番号をいれるかは未定です。製作完了後はサカモト彫刻のネットストアで個数限定で販売予定です。

またTwitterやウェブサイトで進捗をご報告いたします。

 

製作ギャラリー

純銀ネムコイン粘土打ち
純銀ネムコイン・プレス打ち
純銀ネムコイン・七宝入り完成

(更新)9月中旬「純銀NEMコイン七宝入り」限定受注開始

よろしければクリックお願いします!👇👇👇


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」

 

[レポート]純金モナコイン贈呈式@モナバーTOKYO プレオープンパーティ

[レポート]モナバーTOKYOさんのプレオープンパーティーに参加(・∀・)

7/27 金曜日、仕事のあと東京・高円寺にあるモナバーTOKYOさんのプレオープニングパーティーにご招待いただき参加してきました(・∀・)

Twitterでしか知らなかった伝説的な(?)モナコイナーのみなさんとも会ってお話しすることができ、わたしにとっては刺激的で濃いいパーティでした。

モナバーのビールはちょっとスパイシー(?)なビールでした。やみつきになりそうでそればっか飲んでました。

パーティのなかでモナバーのオープンを記念した授与式が行われまして、サカモト彫刻で製造した「純金モナコイン」と「純銀モナコイン」を贈呈させていただきました。

常日頃、表彰記念品を製造に関わっておりますが贈呈する役割はいままでなかったので緊張しました。。

 

情報を発信しつづける

サカモト彫刻は、昨年に「純金ビットコイン」をリリースしたあと、「プラチナイーサリアム」とつづいて、そして第三弾で2018/5から「純金モナコイン」を製造していました。

たまたまモナバーTOKYOさんのオープンと時期がかさなってご縁がありパーティに参加させていただきました(・∀・)

こちらのリリース時期が半年前や後だったりずれてればみなさんとお会いしてなかったかもしれないと思うと、偶然なのか必然なのか。。

情報発信しつづけることで人と人がつながる時代ですので八百屋さんだって金工職人もネットやSNSは重要ですね!

 

次はK18モナネックレス

大手ジュエリー製造工場と提携し「モナジュエリー」の製作を進めています。第一弾は「K18モナネックレス」でちょうど最初のサンプルがあがりモナバーTOKYOさんにもっていきました。

漫画家で「毎日かそ〜つ〜か〜」を連載しているたまきちひろさんにつけてもらいました。とても似合うのでびっくりしました!

 

 

「純金モナコイン」と「純銀モナコイン」は7月22日から販売(受付)開始しております。

純金モナコインの初回限定10個のほうは完売してしまいましたが、純銀モナコインのほうは残っております。→ https://store.medals.tokyo/items/12095582

 

よろしければクリックお願いします!👇👇👇


ブログ「東京のメダルとコインの製作所」

師走。弟子がやらかして師匠が走る?

12月は表彰・記念品関係でバタバタ

12月になりました。あともう少しで冬休み!

なのですが僕たちはなにかとー…というかおかげさまでとっても忙しい状況です。

冬に駆け込みお仕事の話もやってきて、ひとつひとつ対応していますがなかなか落ち着きません。

新メンバーの活躍もあってがんばって前に進んでいます。

 

年末や年明けに企業の表彰関係もあり、われわれですと記念メダルやコインなどの記念品の製作がたてこんでいます。

職人の工房・製作所と企業のオフィスの間をいそいで移動することもあります。

工房とオフィスじゃ雰囲気がぜんぜん違いますからギャップがあって、ときどき不思議な気持ちになります。

 

師走ですのでみんなどたばたしてます。

この時期は車の事故もおこりやすくなります。仕事で移動中に事故になったという話も聞きました。みなさま、お気をつけください。一息ついて、気持ちゆっくりめに。

「師走」はなぜ師走(しわす)というのでしょうか?

少しネットで調べてみたらいろいろな説があるようです。

師走の意味とは?

ぼくらの仕事で解釈すると「弟子が忙しい時期なのに仕事でやらかしてしまって師匠まで走ってその対応しないといけない季節」ということにしますか。


はなしはかわって地下鉄にサカモト彫刻の広告を出すことにしました!

現在、デザインなど調整中ですが予定通りいけば今月のクリスマス頃には掲載されるそうです。

提出するデザインの形式や規定などいろいろ細かいことがあり勉強しながらやってます。

また次のブログで報告します。

↓はイメージでこのような広告にはなりません。いや、でも、しません。

 

それではくれぐれも事故にはお気をつけください。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

東京は「お土産屋さん」が足りないかも

 

休日は弾丸で台湾に旅行にいってきました。

3回目の台湾だったのですが、何回いっても台湾は楽しいです!

ご存知のように親日国ですから旅先であまり危険を感じることはありません。また日本人にとってよいのは食事が合うことではないでしょうか? 中国や香港の料理よりあうとおもいます。

旅行して楽しいなとおもうことは、食堂・屋台文化です。

朝早くから町にたくさんの屋台・小食堂が開いていて、肉饅頭や台湾風おにぎりやお餅系があって列ができています。朝ホテル近辺を散歩して戻ってくる間にたくさん買ってしまって・また食べ歩きしてしまいました。

台湾の物価は最近はたかくて、日本とあまり変わらないお店も多いです。でも庶民的なお店はまだまだ安いです。肉饅頭は15元だったから50円くらいかな。

夜は「夜市」というのがあって、たくさんの屋台が集まって一つの小さな町みたいになっています。台北市内にも大小たくさんの夜市があって、ものすごい人の数です。深夜過ぎても人はすくなくなりません。毎日、お祭りみたいなかんじです。

東京にもどってきて、たまたまテレビを見ていたら東京観光の課題についてとりあげられていました。

その中で気になったこと。

ひとつは、夜遊ぶ場所があまりない。

たしかに。夜市みたいなのは東京にはないし。お祭りでもなければ。夜市にいけばたくさんの出店があり、キーホルダーやおもちゃのお店がいくつもあって熱気があります。ぼくも買ってしまいました。

もうひとつは、お土産が少なすぎる。

外国人は形に残るお土産、例えばTシャツやピンバッジやキーホルダーなど、日本人からしたら「そんなのいるの?」みたいなものでもお土産として外国人に求められてるのだけど、ほとんど見つからないという状況なのだそうです。

わりと低予算で東京観光にくる観光客もたくさんいるとおもいますが、その人の目線でかんがえたら、東京で買ってかえるものあまりないなって思うかも。。

外国人が日本に失望したランキングトップ10

キャラクターグッズ製作の3変化?

 

小判や穴あきコイン(古銭)などお土産・記念品の製作はこちら

___

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

 

THE 仕事人の「こだわり」と「情熱」

仕事人の「こだわり」と「情熱」

前回のゴールドフェスタの展示会の出展がおわって、ふ~一段落、、、

かとおもいきや、またお客様に「こっちにおいで~♪」 とよばれて、なにかと忙しく仕事しております。「感謝」です。

今年はサカモト発のオリジナル金貨を開発するなど、新しいことにも挑戦しています。

ひとつは、イベント直前に、完成した純金コインをスタジオでプロのカメラマンに撮影してもらいました。

 

最初、コインは小さいからすぐ撮り終わるのかなとおもって、、

とんでもない!

位置決めや照明の準備に朝から何時間もかけて、後ろで見ていて汗かきました。(わたしはなにもやっていませんが)

わたしは最高のコインの写真をとってもらいたいと情熱をもってスタジオにいったのですが、ぎゃくにプロの仕事にあっとうされました。

 

もうひとつは、わたしたちのモノづくりの現場を動画で伝えられたらとかんがえ、YouTubeで「坂ちゃんねる」というのをつくりました。

職人の手の動きや、機械のつかいかた、熟練の技、金属製品のコアな魅力、などあまり表にでることがなかったものをご紹介したいとおもってます。

サカモト彫刻をはじめ、いくつかの製作所に やりたいことを伝え、同意してもらって少しずつビデオをとっています。

それなら「うちの製作所もとってくれ!」との声がありましたら、いきたいなとおもっていますのでご連絡ください 🙂

 

メダル製作や徽章の現場を伝える動画チャンネル「坂ちゃんねる」

 

あたらしいことにトライすると、いろんな方面でスゴイ人との出会いがあります。また新しいをしることもあります。

学ぶことたくさんあります。

 

さくねん、海外のお客さまと仕事したときに、難しい技術を要求されて正直、むずかしいとおこたえしたら

日本の製作所は技術に挑戦することをわすれたのですか?

と指摘されました。

最初はむむむっておもったのですが、はっとしました。

ぐさっ とささりました。

やっぱり仕事していると、どこか保守的になっていることもありました。

そんなこんなで「サカモト彫刻」のまわりには人3倍、 こだわり情熱 をもったひとたちがたくさんいます。

すばらしいことだとおもいます。そして、いっしょに仕事ができる時間を大切にしたいとおもいます。

 

___

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

 

オリジナルコイン・メダルの製造はこちら

オリジナルコイン・記念メダル・レプリカの製作を承ります。

東京オリンピック1964メダルレプリカ表 / 真鍮・金メッキ・ホーニング仕上げ