トランプ大統領誕生。30万円の純金iPhoneも登場

トランプ大統領誕生

2016年11月8日はアメリカ大統領選挙。

世界中が注目する中、まさかのまさかでドナルド・トランプ氏が勝利しました

今年は6月に英国の国民投票でまさかまさかのEU離脱という結果となり、そういうまさかがまた起こるかもとは思ってましたがまた起きました。(前回:英国がEUを離脱で金が上昇

トランプ氏に勢いがありましたが、直前にFBIがヒラリー氏のメール問題は問題ないという結論をだしていたので、ヒラリーがすこし有利になったのかな?と思いましたが分からないものです。

2016年はまさかが起きやすい年ですね。

ということでトランプ大統領が誕生します。

ドナルド・トランプ勝利演説

 

 

トランプ市場で金は上昇?

ヒラリー勝利を予想していた投資家は、今回は落ち着いたかんじになると安心していたらトランプ氏勝利でまた大嵐になってひーひーいってそうです。株価は急降下したあと急上昇しました。

トランプ勝利で株価が急降下したときに、これから4年間はダメ大統領のもと経済は低迷するからと予想して「売り」だろと注文したら、急上昇してお手上げになっていたでしょう。

嵐のときは手をださないで見守るほうがよさそうですね。

株価や通貨が不安定になると逃避先として金が買われ金価格が上昇することが多いです。

われわれはメダル、社章、カフスなどの製造のため、地金として金・銀などの貴金属を仕入れます。そのため金相場の動きには敏感になります。

11月8日の選挙後にたしかに上がりましたが昨日からまた金が急落しています。。まだまだ不安定です。荒れています。

 

トランプ氏の純金iPhoneが30万円

海外の記事でトランプ氏の顔が彫られた人物像の純金iPhone7が登場したそうです。

いやあ、なんだろ。ぜんぜん違和感ないですね。

トランプとゴールド、相性抜群ですよ。

Business Insider: You can now buy a gold-plated Donald Trump iPhone for about $3,000

トランプ大統領純金iPhone
トランプ時期大統領の純金iPhone

製造はプーチンの純金iPhoneもてがけたCAVIAR社です。

記事によるとCAVIARはこの純金iPhoneをトランプ氏に渡すためにできることは何でもするそうです。

上にはトランプ氏の男前(すこしイケメン度もってる?)な肖像の彫刻とまわりに「DONALD JOHN TRUP」の文字。

真ん中には米国エンブレムが手彫りされています。

下には星とTRUMPの文字と彼の選挙スローガンが彫刻されています。

Make America Great Again

全体的に地面に美しい波のようなカーブの模様(地模様)がはいっています。

これはぜひ生で見てみたいですね!

注文を受けてから製造するのか量産して在庫をもっているのかも気になります。

いやあ、お金あるトランプの支持者は買うんでしょうね。

 

ちなみにCaviar社のサイトでオンライン注文できるようです。

 

 

関連記事

金・銀の重さを計算するツールをつくりました

2016年10月17日
PRESS RELEASE

「地金重さ計算ツール」をリリース

地金の重さを計算するツール「地金くん」
地金の重さを計算するツール「地金くん」

 

10月18日 SAKAMOTOは、金・銀など貴金属のサイズから重さを計算できる「地金重さ計算ツール」をリリースしました。コイン・メダルなどの金属製品の地金の費用を計算するときに、地金の重さを知る必要があります。このツールは地金のサイズから重さを計算する完全無料のオンラインツールです。

 

プレスリリース(PDF)こちらからダウンロード

地金重さ計算ツール「地金じがねくん」

 

地金の重さがわかれば、金・銀などの貴金属は1gあたりの金額が相場で公開されていますので地金代の材料代の概算を出すことができます。(地金代は材料代の他に加工工賃がかかりますのでお店にご確認ください。) こちらのツールは、コインのような丸板タイプ角板タイプの2種類の地金の重さを計算することができます。

現在 対応している地金・材質はこちらの6種類です。

  • K24 GOLD (24金、純金)
  • K18 GOLD (18金)
  • K14 GOLD (14金)
  • K10 GOLD (10金)
  • SILVER1000 (純銀)
  • SILVER950
  • SILVER925
  • 真鍮

 

ツールの使い方

丸板は、直径と厚みをミリ単位で入力します。角板は、縦と横、厚みを入力します。地金の種類を選んで「計算」ボタンをクリックすると、下に地金の重さが表示されます。

地金重さツール使い方

 

ツールの機能

 

SAKAMOTO

記念メダル、コイン、社章などの金属製品をオリジナル製作する創業32年・東京神楽坂の製作所です。小ロットから5000個以上の製品製造を承ります。金・銀・真鍮等の地金にご対応します。

 

対応製品 / 実績
  • オリジナルコイン、レプリカ
  • 小判、古銭
  • 記念メダル、人物メダル
  • 社章、認定バッジ
  • ホテルキーホルダー、金属キーホルダー、根付ストラップ
  • タイピン、カフス、ネックレス、バックル等のファッション金具
  • その他、記念品、ノベルティ等

 

ご連絡

ツールに関するお問い合わせ、改善要望、プレスリリースは SAKAMOTO (sakamoto@an.wakwak.com)までご連絡ください。

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

金の種類 – K24とK18の違い

通貨不安で金の価格が上昇?

先日、英国の国民投票がおこなわれ英国がEUを離脱することが決定しました。

欧州に対する政治・経済不安からかポンドもユーロも落ちています。各国の株価ももちろんその影響は日本まで。

金の価格は上昇しています。通貨・株が不安定になって資産運用の矛先が金になるのは自然な流れです。

貴金属価格情報(田中貴金属工業)

40年間の金のチャートをみてみると、金はドル建てで価格が10倍以上になっています。BREXIT (英国離脱)をきっかけにまた上昇を強めるかもしれません。

SAKAMOTOは金属加工の工房ですので金・銀などの貴金属を扱います。

金の魅力が高まり、純金コイン、K18製キーホルダー、純金製小判などの純金グッズ・金製品の需要も増えてきます。(オリジナルコイン製作のページ

しかしそのぶん材料コストも上がります。また金は日によって価格が変動しますので調達に注意が必要です。

 

K18、K24の違い

金の24分率
金の24分率

金に興味があるかたはK18やK 24のといった表記をご存知と思いますが、最初のKの文字の意味は知っていますか?

これはカラット(karat、記号: K、Kt)のKで、金製品の金の純度を24分率で示す単位です。日本では後ろに「金」という略称を付けて24金や18金と呼ぶこともできます。

24分率は、金属を24個に分割して金がいくつ分を含んでいるか分量を示します。

K24というのは24分の24で24個すべて金であることです。つまりK24というのは純金のことです。

K18というのは24分の18が金であることです。18÷24= 75%で金の分量は75%です。残りの25%には銀と銅が含まれています。

K14というのは 14÷24で約58%が金です。K10というのは約42%が金であり実は金は半分以下しか含んでいないのですね。

ちなみにダイヤモンドなど宝石で使われる単位はキャラット(carat、記号: ct、car)です。1カラット=200ミリグラム(=0.2グラムと規定されており全く別ものです。(キャラットとカラット)。

ちなみに銀は純度を1000分率で示します。例えばシルバー925 (Silver 925)は銀の含有率が92.5%であることを意味します。材質によってばらばらでこの統一感のなさ!

小学校や中学校の数学の問題でこれらを応用したらいい問題が作れるのではないでしょうか?実践的ですし。。

 

あのキャラクターの純金製小判が話題に?

zenbu-seisaku-11

 

なぜK18にするのか?

K18など金の純度を落とすのには少なくとも三つの理由があります。

一つは加工のしやすさです。あまり一般的ではありませんが金という材質は金属としてけっこう柔らかいため加工(の難しさがあります。そのため金以外の材質(銀や銅など)と混ぜて合金にして硬くします。

二つ目は頑丈な製品を作るためです。上記の通り合金にして硬くすることでより頑丈な製品になります。

3つ目はカラーバリエーションです。より黄色を強くする、白に近くする、ピンクゴールドにする、これらは金と混ぜる銀、銅など割合で可能になります。

もうひとつあるのはコストですね。金製品にしたいけどコストはおさえたい。金の割合を減らせば可能ですね。K10ですと金の割合は50%を下回るので金製品といえないかもしれません。

 

K24、K18の重さを計算する

K24、K18、SILVER925など金属のサイズから重さを計算するツールをリリースしました。

無料でつかえるオンラインツールですのでご利用ください。

地金重さ計算ツール「Gold-Clac」

地金重さツール使い方

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ