純銀モナコインGOLD注文受付開始

株式会社SAKAMOTOは『純銀モナコインGOLD』の受注製造を開始いたしました。

今までの純銀モナコインとの変更点は、レリーフのロゴ部分を磨き光沢をだしたことと、全体を24金鍍金でコーティングした点です。

こちらの製品はつぎのストアからご注文が可能です。

Monappy https://monappy.jp/checkout/sakametal-FFEURIk

Base https://store.medals.tokyo/items/25574986

こちらのコインは受注製造となりますのでご購入いただいてから製造を開始して完了次第発送となります。

 

商品説明

純金モナコインと同じレリーフ原型金型で製造する純銀モナコインです。熟練マイスターの金型職人と磨きの職人による手仕事で仕上げるプルーフ仕上げの純銀製コインです。24金鍍金仕上げ。

こちらは仮想通貨ではなく、ビットコインのデザインを利用して製造した記念品です。仮想通貨としての機能はありません。

純銀モナコインGOLD仕様

材質  純銀(SILVER1000)
直径  30mm
厚み  1.8mm
仕上げ 表面文字ヘリ磨き・裏面凸磨き
24金鍍金仕上げ
造幣局の純銀証明の刻印入り
納期  注文後、約3−4週間
(在庫があれば約1−2週間)
ケース 紺色ビロードケース

 

お客様に「勉強して」といわれたら

もう12月、いや〜今年はほんとに1年があっという間に過ぎていった気がします。

時が流れるのが早すぎて、日に日に寒くなっていくな、おかしいなとカレンダーをみたらもう十二月。そりゃ寒くなるわけだ。

年末向け納品の仕事でまたすこしドタバタしてきていますが、移動中やホットコーヒーを飲んで休んでるときに、自分なりに今年1年をぼーっと振り返ってみると、たくさん「勉強」することがありました。

このお仕事をしていると、ときおりお客さんに「もっと勉強して」と言われることがあります。ええ、特に関西のお客様です。

昔はこの「勉強して」という言葉に抵抗がありムッとしたりしたことがありました。関東の感覚なのかな、なんで勉強しないといけないのかな?と。今おもえば面白いなとおもいます。

違うんですよ。お客さんが正しいんです。

この世の中、お勉強することがたくさんあるんですよ。

勉強といっても机の前で教科書よんでやる勉強ではありません。いえば社会のお勉強です。

何回もお見積もりをだしてもなかなか決まらないとき、他はどのように仕事をとってるのかな?どれくらいの金額なのかな?どういうクオリティの品物なのかな?

例えば、なにも知らないで他の3倍の値段でお見積もりをだしていたらそりゃ決まらないですよね。あえてそうしている場合は別として。

それは市場調査ということかもしれないですし、コストダウンの企業努力かもしれません。設備投資につながることかもしれません。業務改善していくこともあります。

どうしたらより綺麗に品物を磨けるのだろう?どうしたらもっと綺麗にろう付けできるのだろう?

お仕事だけではないですが、勉強に終わりはありません。一生つづけていくものと思います。

昨日お客さんに久しぶりに「もっと勉強して」と言われてはっとしましたw

一に勉強、二に勉強っと!

 

ブログランキング

 

SAKAMOTO x NEXCO中日本 純金小判<鳳凰>販売開始・令和元年記念ラスト

SAKAMOTO x NEXCO中日本 純金小判販売開始

 

株式会社SAKAMOTOは令和元年を記念した純金製鳳凰小判の受注販売を開始いたしました。

伝説の不死鳥<鳳凰>を金型・原型彫刻師・東京マイスターの彫刻技術でレリーフ・肉彫りして令和元年記念の純金製小判です。

磨き仕上げもバフ研磨のマイスターに認定されている職人の手によって仕上げております。

特製の令和元年の文字を箔押しした桐箱に入れて納品となります。また純金を証明する造幣局の検定印入り(ホールマーク)が入りまます。

商品はNEXCOオンラインモールにて販売しております。こちらへどうぞ。

 

※10枚以上などまとめてご注文されるかたはお手数ですがメールにてご連絡くださいませ。

※こちらの純金小判の販売をご検討の企業様もこちらへをお願いいたします。

 

仕様

令和記念純金小判<鳳凰>

Pure Gold Koban Houou (Phoenix)

2019/9/16更新

材質 純金製(K24)
サイズ 縦28ミリ・横20ミリ
厚み 1.0ミリ
重量 約7g
仕上げ 両面ブラスト・表磨き仕上げ
販売サイト(NEXCOオンラインモール) https://bit.ly/2BPvrq3
納期 受注製造として、ご注文いただいてから約1ヶ月での納品となります。
備考 裏面に造幣局の純金検定入り(999・ホールマーク)
ケース 特製・令和元年桐箱

お客様からマナブこと

ふぅ、本日2人目のお客さんとの打ち合わせが終わりました。

ご注文いただいているお客様で今回は新しい製品を開発するために、どのようなものを作るか、仕様やデザイン・販売方法などについてお話しさせていただきました。

このお仕事の良いところは色々なお客さまと会えることで、お客様から勉強になることがたくさんあります。

表彰品をつくるときはお客様は企業ですが、目的は従業員が何かを達成して表彰されたときに喜ばれるもの、また次もがんばろうと思えるもの。

販売用の品物をつくるときもお客様は企業が多いですが、もちろん売れるものをつくらないといけない。そのためには品質はもちろんですが、お客さんがこの値段だったら買いたいなと思える金額でないといけません。

つくるものはメダルやタイピンで同じでも目的によって、目指すところが微妙にかわってきます。目的をはっきり理解してないと、素晴らしい品物・リピートがつづく品物になりにくいです。

それもあって作るまえにお客様と考えを合わせることが重要です。

私たちはつくる側にいるので、いい職人にやらせればいいものが作れるに決まっていると考えがちですが、もちろんそれは重要なことですが、やっぱり手を込めてつくったものがきちんと売れていいものです。

職人は少しあたまでっかちな部分もあり、これはこういうふうに仕上げるものと長年の修行の経験から決めているところはあります。

お客さんはつくるのは素人でも、アイデアやこだわりがハンパないと、想定のそうじゃないところから答えを見出します。それが新しい技術やイノベーションを生み出すことがあります。

時より、お客様と作り手が高いレベルでのこだわりが、よりすばらしいものを作るときもあるなと考えさせられる一日でした。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
よろしければ下記をクリックして応援してください (^_^)


製造業 ブログランキングへ

 

令和記念純金小判<鳳凰>発売のお知らせ

SAKAMOTO『令和元年記念純金小判』
SAKAMOTO『令和元年記念純金小判』

株式会社SAKAMOTOは2019年10月からオリジナルの令和記念純金小判を製造販売いたします。

伝説の不死鳥・鳳凰を金型・原型彫刻師・東京マイスターの彫刻技術でレリーフ・肉彫りして令和元年記念の純金製小判です。磨き仕上げもバフ研磨のマイスターに認定されている職人の手によって仕上げております。

特製の令和元年の文字を箔押しした桐箱に入れて納品となります。また純金を証明する造幣局の検定印入り(ホールマーク)が入ります。

重量は調整中ですが10g以下になるように設計しております。おそらく約7−8gの間で決まると考えております。

詳細な販売時期・仕様については当WebサイトまたはTwitterで更新していきます。

 

また10枚以上などまとめてご注文されるかたはお手数ですがメールにてご連絡くださいませ。

こちらの純金小判の販売をご検討の企業様もこちらへメールをお願いいたします。

 

仕様

令和記念純金小判<鳳凰>

Pure Gold Koban Houou (Phoenix)

2019/9/16更新

材質 純金製(K24)
サイズ 縦28ミリ・横20ミリ
厚み 1.0ミリ
重量 約7−8g(製造・調整中)
仕上げ 両面ホーニング・文字磨き
価格 ¥80,000(税抜き)(仮)
ネットストア(URL) 調整中
納期 在庫がある場合はすぐ納品できます。在庫がない場合、まとめてご購入の場合は納期約2−3週間かかります。
備考 裏面に造幣局の純金検定入り(999・ホールマーク)
ケース 特製・令和元年桐箱