オリジナルコイン・記念メダルの製造

LINEで送る
reddit にシェア
email this
Pocket

株式会社SAKAMOTO は、東京神楽坂でオリジナルメダルやオリジナルコインを製造している製作所です。

表彰式で配る記念メダル、販売用の純金製・純銀製コイン、イベントで配るノベルティコインなど、お客さまの用途にあわせて様々なタイプのコインやメダルを製作いたします。

SAKAMOTOは金型の彫刻技術、特に肉彫りの技術の高さが評価され2011年に東京マイスターに認定されました。

また知識がなくてよく分からないという場合でも、お気軽にお問い合わせください (^^)

 

メダルやコインはどのようにつくられるの?

オリジナルコインの作り方をご存知ですか?

メダル・コインのつくりかたは大きく分けると、金属の板を型にあわせて強い力でプレスして模様を出す「プレス・鍛造」(たんぞう)と金属を溶かして型に流し込んでから固める「キャスト・鋳造」(ちゅうぞう)と、とに分かれます。

メダルやコインの製造にはプレス(鍛造)が適しているおり、一般的にはプレス加工(鍛造)でメダルを製造します。ただしデザインやコストや製作枚数によっては鋳造(ラバーキャストなど)の製法で作る場合もございます。どちらの製法も対応が可能です。

 

どんなコインを作りますか?

どのようなコインやメダルの製作をお考えですか?こちらは一例です。小判と純金コインは専門のページがありますのでこちらへどうぞ。

オリジナルメダル・コインの製造方法

コイン・メダルを製作・お見積もりする上で、つぎの4つを決める必要がございます。

  1. コインの材質(金・銀・真鍮など)
  2.  コインの大きさ(直径・厚み)
  3. コインのデザインと彫り
  4. コインの仕上げ(磨き・メッキ・色入れ)

 

1. コインの材質

コインやメダルの製作は金型から始まります。一度金型作ってしまえばその金型を利用して、真鍮や銀、金などさまざまな材質でコインをつくることができます。

それぞれの材質の特徴について。

材質 説明
真鍮・銅 Brass/Copper 一般的にはメダル は真鍮もしくは銅で製造してメッキ加工することが一般的です。比較的安価でプレス鍛造に適している材質。 通常は24金・ロジウム等でコーティングします。古美・いぶし仕上げのアンティーク加工も可能。
金 Gold 最も高級な材質。貴金属。含まれる金の割合に合わせてK24(純金100%), K18(約75%が金), K14(約58%が金)と用途、色味、予算等におうじて使い分けられます。金・銀など貴金属は重さ指定があればこちらで直径、厚みを計算します。
銀 Silver 高級な材質。貴金属。純銀は柔らかく傷つきやすいためスターリング シルバー(Silver925)をつかう場合もあります。銀地金。銀貨。
スズ合金 比較的安価な材質。ラバーキャスト(鋳造)で製造するときに利用される。製造方法についてもご相談ください。
洋白・洋銀 五百円玉と同じ材質。真鍮よりさらに硬い。
金張り ゴールドフィルド。銀や銅の表面に厚く金が張られている地金。金張りはメッキではなく実際に金板が張られています。

2.コインのサイズ(直径と厚み)

作りたいコインのサイズを確認しましょう。こちらは日本の硬貨のサイズ表で一例としてご参考にしてください。サイズはある程度自由に決められます。コインの直径に合わせて抜き型というものが必要となりますが、こちらで揃えているものは抜き型代はかかりません。気になる方は一度お問い合わせください。

日本の硬貨の大きさと材質

硬貨 直径 厚み 材質
1円玉 20.0 mm 1.5 mm アルミニウム
5円玉 22.0mm 1.5 mm 黄銅(真鍮。銅と亜鉛の合金)
10円玉 23.5 mm 1.5 mm 青銅(銅と錫(スズ)の合金。
50円玉 21.0mm 1.7 mm 白銅(銅とニッケルの合金)
100円玉 22.6mm 1.7 mm 白銅(銅とニッケルの合金)
500円玉 26.5 mm 1.8 mm ニッケル黄銅(洋白。銅、亜鉛及びニッケルの合金)
メイプルリーフ
金貨(1オンス)
30mm 2.8mm 純金(24金。金の重さ1オンスは31.1035g)

メダルは、コインよりも大きなサイズのものが多く、直径40〜70ミリのものが一般的です。表彰で首にかけるものは、メダル部分にリボンをつけるワカン(わっか)という金具がついています。

→  金・銀・真鍮などの地金の重さを計算できるツール「地金くん」はこちら

 

3. コイン・メダルのデザインと彫り方

メダルやコインのデザインは基本的に自由に決めることができます。

金型はイラストレータのデータ(.ai)を元に製作しますので、お客様からそのデータをいただければ最も簡単です。もし画像や手描きのデザインしかないという場合でも送っていただければこちらで調整いたします。

デザインが完成したら次は金型製作・彫刻に移ります。

金型には大きく「平彫り」と「肉彫り」の2種類があります。

凹凸の段差で立体感を表現するものが平彫りですまた山なりのカーブをつけて立体感を表現するものが肉彫りですコインに下敷きをあててピタッとくっつくのが平彫り、グラグラするのが肉彫りというと分かりやすいでしょうか?

SAKAMOTOは肉彫りの技術の高さが評価されており2011年に東京マイスターに認定されました。

金型代がやや高くなるのは肉彫りですが、そのぶん品物のグレードもぐんっと上がります。

製造代にはあまり影響しませんので、金型を肉彫りにして製品のレベルを上げるのも手です。

 

4. コインの磨きとメッキ

コインやメダルの良し悪しを決めるのは一つはもちろん金型。そしてもう一つは「磨き」と言っても過言ではありません。貴金属やジュエリーのレベルになれば磨き工程は手の込んだものになりますがコインや金貨についても同じことが言えます。

ノベルティいわゆる配る系のコインであればそのような磨き工程は必要ないため、コストをおさえてできるだけ綺麗にする仕上げを選択します。どのような磨き・仕上げにするかはお客さまとコミュニケーションをとり求めているレベル・予算に合わせてご提案いたします。

ときどき勘違いされている方がいますが磨きはメッキの前に行います。鏡面に磨いた品物はメッキをしても鏡面になります。もしメッキをしてから磨くとメッキが削られてとれてしまいますね。

次のような仕上げ方法があります。お問い合わせのときにご指定ください。

  • 金メッキ(光沢ありと光沢おさえの2種類)
  • ロジウムメッキ(高級銀色、光沢ありと光沢おさえの2種類)
  • ニッケルメッキ(銀色で安価なメッキ)
  • 真鍮ブロンズ加工(金古美)
  • 銅ブロンズ加工(銅古美)
  • 銀いぶし(銀古美)
  •  ガンメタリック(ブラック)

 

コインの色入れ

オリジナルコイン に色を入れる場合はメッキの後に行います。基本的には色は凹凸の凹部分に入レますのでそれを意識してデザインする必要があります。コインやメダルに色を入れる場合は次の方法があります。

  • ラッカー塗装(やや安価)
  • トギエポ仕上げ(高級)
  • 七宝焼き
  • 印刷・プリント・シール

 

有名なのはラッカー塗装とトギエポ仕上げの2つです。

ラッカー塗装は比較的安価で見た目も綺麗なためよく利用される色入れの仕上げです。ラッカーは液体系ですので表面張力の効果でまわりに若干のヒケができます。それをカバーするために色入れした後に全体に透明エポキシ樹脂を盛るのが一般です。

トギエポは名前から想像できるかもしれませんが、色のついたエポキシ樹脂を盛ってから職人技術で平に研ぎます。そのためヒケができません。綺麗に色入れができる仕上げです。タイピンやカフスなどの装身具ではとぎエポを利用することが多いです。

昔から伝統的に社章などの色入れに利用されていた七宝焼きは実はそんな高価な仕上げではありませんので伝統的な趣を求める場合は選択肢としてありではないでしょうか。

印刷やシールは製作数が多くなればコストが低くなりますが、平面になってしまうのでせっかくメダルにするのであれば避けたほうがよいかもしれません。

 

メダル・コインケース

オリジナルコインやメダルに合わせてケースもご用意させていただきます。比較的安価なプラケース、もしくは高級感を演出するビロードケースやレザーケースや桐箱などをご用意することができます。

ビロードケースは蓋の内側に、桐箱は蓋の表面などに金などで箔押しすることでブランドロゴや周年記念などの図柄や文字を入れることができます。

コインケースの詳細ページはこちらへ

 

 コイン・メダル価格

オリジナルコイン・メダルをつくるのにかかる費用はどのくらいでしょうか?製作代の内訳はこのようになります。つまり金型代(場合によって+抜き型代)とコインの製造代がかかります。

製作代合計 = 型代合計 +  コイン製造代単価 ×   枚数
  • 金型代(おもて型と裏型)
  • コイン製造代(材料代・サイズ・枚数・仕上げに依存)

 

別途オプションとなりますがサンプル代やケース代がかかります。金型代は初期費用として、コイン製作に必要な型となります。一度製作した後は2回目以降は金型代はかかりません。

メダル・コイン価格の詳細はこちらから

 

コイン・メダル製作のスケジュール

コイン・メダルのオリジナル製作のスケジュール・納期です。

コイン製作は最短3週間(〜1000枚製作、平彫り・色入れなしの場合で対応可能です。製品の仕様によって各工程にかかる時間も変わってきます。また製作所のビジー状態も影響しますので、お問い合わせの時に納期についてもご相談させてください。

オリジナルコインの製作スケジュール・納期

SAKAMOTOは、国内の職人の熟練の技で、オリジナル製品の金型、製造、仕上げをおこないます。お客様のご予算や決まっている単価にあわせて、材質や製造方法や仕上げをご提案させていただきます。

オリジナルコイン・記念メダルの製造はこちらからお問い合わせください。

deluxewareコインキーホルダー裏面

TANG PRIZE (FINALS)メダル (唐奨、SAMUEL YIN)

東京都メダル(銀いぶし仕上げ)/ 真鍮・銀いぶし仕上げ
東京都メダル(銀いぶし仕上げ)/ 真鍮・銀いぶし仕上げ

→ 製作ギャラリー

メダル製作風景(YouTube)

SAKAMOTOのオリジナルコイン専門サイト「TOKYO COiN」はこちら

 

表彰記念メダルの製作

企業表彰で配られるメダルの製作について次のページにまとめましたのでご覧ください。

退職記念・最優秀営業表彰・優秀技能賞(マイスター)、ブラック企業認定メダル、結婚式メダル・誕生日メダルなどはこちら

『職人の匠の技で完成させる』

伝統的に金型・鍛造・磨き・鍍金・色入れなど各工程は製作所が分かれており協力して1つの製品を完成させます。

各工程、腕利きの職人で仕上げることによって高いグレードの品物をつくりあげます。

オリジナル製作の流れ

お見積もり、製作、納品、お支払いについて

人物像コイン・オリジナルメダルの製作

石膏・肉彫りによる美しい彫刻製品

社長、創業者、偉人などの人物像コイン・オリジナルメダルの製作は主に肉彫りで製作いたします。

肉彫りにも2種類あり、直接金型に彫っていく方法と、一度石膏をつくってから金型を製作する方法です。

特に人物像のシワ、髪の毛、皮膚、瞳、表情を正確に表現するためには、写真をもとに粘土・石膏で原版を製作してから金型をつくっていきます。

コインの場合は、周りのヘリよりも真ん中のモチーフが低くなるように薄肉(薄い肉感)で彫っていきます。

またメダルの場合は、ヘリよりもモチーフが高くなるくらい肉感の厚みをつけて彫っていきます。コイン方式かメダル方式かご希望の肉感を製作のさいに確認いたします。

人物像のコイン・メダルの製作プロセス
人物像のコイン・メダルの製作プロセス

製作実例

  • アンティークコイン・金貨・記念硬貨・メダルのレプリカ
  • 東京世界選手権(柔道)会の金・銀・銅メダル (人物像メダル)
  • マラソン大会 記念メダル
  • 海賊をモチーフにした髑髏のコイン
  • 東京オリンピック 記念メダルのレプリカ
  • 海外向け勲章・記念メダル
  • 省庁・宮内庁 記念品
  • 純金・純銀小判(金型製作)、家紋のコイン・メダル
  • ご当地コイン・ゲームコイン・イベント向け純金コイン
  • アパレル向けコインキーホルダー・コイン型のオリジナルコンチョ

関連記事

LINEで送る
reddit にシェア
email this
Pocket