オリジナルキーホルダー・アクセサリーの製作

LINEで送る
reddit にシェア
email this
Pocket

こちらはオリジナルアクセサリーの製造ページです。SAKAMOTOではさまざまな金属アクセサリーを小ロットから5000個以上の量産製品を製造しております。

オリジナル製作例

  • 金属製キーホルダー(二重リングやチェーンなど金具付き)
  • オリジナルペンダント・ネックレス
  • 指輪・ブレスレット・ベルトのバックルなど
  • 根付ストラップ・お守り
  • その他、金属製のオリジナルグッズ、ノベルティアイテム

 

オリジナルキーホルダーの製作例

過去に製作したオリジナルキーホルダーやアクセサリーです。

 

オリジナルキーホルダーの製作方法

真鍮製のオリジナルキーホルダーのつくりかたについてご説明いたします。真鍮は銅の合金で他の金属に比べて重量感があることや安価に仕上がります。

初めてオリジナルキーホルダーを製造する場合はわからないことが多いとおもいますのでお気軽にお問い合わせください。

キーホルダーを作成するうえで次の4つを決めないといけません。

  1. キーホルダーの材質を決める
  2. キーホルダーデザインと彫りを決める
  3. キーホルダーの仕上げを決める
  4. キーホルダーの製作個数を決める

 

1. キーホルダーの材質

キーホルダーの材質はオリジナルコインや社章などと同様に真鍮や銅で製造することがおおいです。金や銀などの貴金属で製作することも可能です。

 金    ◆ 真鍮 ・銅   等

最も高級な材質。純金(K24)は柔らかく傷つきやすいためタイピン・カフスはK18(18金)が使われる。表彰・記念品向けの金製タイピン・カフス。
高級な材質。純銀は柔らかく傷つきやすいためスターリング シルバー(Silver925、銀の含有率92.5%)が使われる。真鍮より高級な銀製のタイピン・カフス。
真鍮・銅 安価で丈夫な材質。鍛造・金属プレスでキーホルダー・アクセサリーを製作するときの材質です。真鍮キーホルダーでもメッキ・色入れでゴールド、シルバー、いぶし系、ブラック系にすることが可能。(真鍮製キーホルダーのサンプルはこちら
スズ合金 安価な材質。鋳造・ラバーキャストでキーホルダー・アクセサリーを製作するときの材質です。

このほか金製や銀製のキーホルダー・アクセサリー製作の相談も承ります。

 

2. キーホルダーのデザインと金型

キーホルダーのデザインはイラストレーター(.aiデータ)でいただければ少し調整して金型から製造開始することができます。もしaiのデータがなくても手描きのものや写真があれば、それを調整してデザインを完成させていきます。

金属製のキーホルダーは印刷やシールと違い立体感が重要です。どの部分を凸にして凹にするか、を決めないといけません。(凹凸もイラストレーターで表現します)

キーホルダーのデザイン・彫刻

3. キーホルダーの磨き・メッキ

次のような仕上げ方法があります。お問い合わせのときにご指定ください。

  •  金メッキ
  •  金メッキ(つや消し加工)
  •  ニッケルメッキ
  •  ロジウムメッキ(高級な銀色)
  •  真鍮ブロンズ加工
  •  銅ブロンズ加工
  • 銀いぶし加工
  •  ブラック系

お客様のご要望をもとに製作所と相談して仕上げ方法を決めていきます。

 

4. キーホルダーの製作個数と製作代

製作するキーホルダーの製作個数を教えてください。

製作代はこのように決まります。

製作代 = 金型代 + (製作単価 × 個数)

SAKAMOTOは国内の職人の熟練の技で、オリジナル製品の金型、製造、仕上げをおこないます。

お客様のご予算や決まっている単価にあわせて、材質や製造方法や仕上げをご提案させていただきます。

製作の流れ(見積もり、製作、お支払等)の詳細

 

スケジュール納期

キーホルダーのオリジナル製作のスケジュール・納期です。

キーホルダー製作は最短3週間(〜1000枚製作、平彫り・色入れなしの場合で対応可能です。

オリジナルコインの製作スケジュール・納期

 

お問い合わせはこちら!

 

オリジナル製作一覧

オリジナルコイン・メダル | キーホルダー | 社章・ピンバッジ | タイピン・カフス | ノベルティ・グッズ | その他アクセサリー

 


製作実績

過去に製作させていただきましたアクセサリーを一部ご紹介。

 

 

その他の製作実績についてこちらからご確認ください。

 

東京職人ネットワーク

アクセサリー製作の流れ

お見積もり、製作、納品、お支払い等

 

キーホルダーの金具

二重リング、カニカン、バチカンなどキーホルダー金具には色々な種類があります。

製作する金属製品・プレートに合わせて相性のよいパーツ金具をご提案いたします。またご指定の金具をこちらで用意して取り付けて納品いたします。

全体の高級感をだすためにオリジナルのパーツ金具を製作するという選択肢もあります。

 

キーリング(二重リング)
二重リング

キーリング(ナスカン)
カニカン

キーリング(Gタイプ)
Gタイプ

 

オリジナルキーホルダー製作の流れ

オリジナルキーホルダー・コインなどの金属製品の製作工程をご紹介します。

主に次の流れで金属製品を製作していきます。

1.デザイン(イラストレーターで完成させます)
2. 金型(製品の原型)
3. プレス・鋳造
4. 磨き・メッキ・仕上げ

 

キーホルダーにもたくさんの種類があります。お土産・物産関係のキーホルダー、ブランドロゴが入ったもの、キャラクターものなど。SAKAMOTOは、主に金属製のキーホルダー製作が専門です。

 

こういうものが作りたいんだけど。。

アイデアがあればできるかぎりご対応したいと考えていますので一度ご相談ください。キーホルダーの形状から細かいデザイン・材質・色入れ、メッキまでお客様が求めるもの・こだわりをお聞きいたします。

 

アクセサリーの製作は一点物から5000個以上も承ります。法人向け / OEM製造にご対応いたします。

他の製作物をご覧になりたい方はこちらの製作ギャラリーへどうぞ。

 

その他の製作

LINEで送る
reddit にシェア
email this
Pocket