勝てるものはたまたま生き残った?

LINEで送る
reddit にシェア
email this
Pocket

東京はコロナウイルスの感染者数がわりと安定してきました。

弊社への製作のお問い合わせも、9月は4−8月に比べたらすこしずつ回復してきたなーと思いつつも、どれも納期があまりないのでスケジューリング気をつけて同時並行(マルチタスク)で進めています。

今年春頃には始まるはずだった案件がキャンセルや延期になったものが、今月から話が再開しています。

こういった案件はコロナが安定している今だからこそ、可能なかぎりスピーディに進めて製作を開始したいものです。

まだまわりの同業者のお話をきくと回復はゆるいようで、はい!去年のいまごろに元どおり!とはいかないですね。

いまブログをかきながらYouTubeを聞いてて、、たまたまコロナが大流行したときにデリバリーを中心にしていた飲食はとんでも伸びていて、そうでない飲食は落ちてしまったと。コンビニ・スーパーも大きく勝っていますね。

それはウイルスの繁栄のように結果論でたまたまそうなったと。

たしかにデリバリーに力を入れていた飲食は、コロナ大流行を予想していた経営者なんていないのだからたまたまだ。。たまたまた結果をだして勝ったもの(ウイルス)は繁栄していく。

しかし、、ウーバーイーツなど、コンビニ以外にも利便性が高い飲食の革新的なスタイルがでてきた背景での、コロナ大流行なのだから、たまたまだけど、そこに準備(投資)できていたかどうかが大きいのかな。

そういう意味で今年はいろいろな業種がふるいをかけられているのかなー。

弊社もここ2−3年、いろいろなアイデアを試してきたことの中には、一部はそのように結果がでているものもあると思います。

まだまだ暗いニュース・話題も多い昨今ですが、成長のある年にしたいですね!

LINEで送る
reddit にシェア
email this
Pocket

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください